フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨさんの玉手箱
    
           先日、わたしの親友が送ってくれた詩集です。


             優しい言葉たち


           柴田トヨさんの(処女)詩集・・・。
           御年99歳(出版された時は98歳でした)
           今も、ひとり暮らしをされておられる笑顔が素敵なトヨさん。

           親友からこの詩集を受け取った時、
           ページをめくるのを正直、ためらった。

           トヨさんの生きてこられた足跡を
           パラパラッと、いともた易く辿っていいものなのかな・・と。

           本にされているのだから、いいのは当たり前。
           わたしには、こんな癖が往々にあり
           自分自身、戸惑ってしまう。

           しかし、こんなわたしも
           ドキドキしながらその玉手箱を開けてみると・・モクモクと・・
           あるわけもなく(笑)
           
           トヨさんが、たおやかな笑顔をこちらに向けられ
           「いらっしゃい、遠慮はいりませんよ。」と、迎え入れて下さいました。

           そして、疲れている刺々しい心は、
           紡ぎだされる言葉のカケラたちにより、
           もみほぐされてゆくのです。

           決して、難しい言葉など使われていない。
           老若男女、誰にでも分かる言葉のひとつひとつ。
           これは案外、至難の業なのですね。

           トヨさんの、閉まっておきたかたったであろう気持ちも
           トヨさんの、幸せな空間も・・・
           トヨさんの心躍るご様子も・・・
           そして、ちょっとオチャメなトヨさんも・・・
            
           わたしは今、そんな時間をホンの少し共有させていただいています。

           「思い出 I」 柴田トヨ


            子どもが
            授かったことを
            告げた時
            あなたは
            「ほんとうか 嬉しい
             俺はこれから
             真面目になって
             働くからな」
            そう 答えてくれた

            肩を並べて
            桜並木の下を
            帰ったあの日
            私の 一番
            幸福だった日

                   著者  柴田トヨ
                   発行者 土井尚道
                   発行所 株式会社 飛鳥新社

           もう直ぐ、桜の季節ですね。
           桜並木の下で、たくさんの方々の笑顔も満開になられるといいな・・。

          *ブログをお休みしている間、
           大切な友たちに、コウノトリさんが尊い命を運んでくれたようです。
           おめでとうございます♪
           幸せの連鎖は、こちらまでホッコリさせてくれますね。

           この詩集を贈ってくれた親友ちゃん、ありがとう!


           
スポンサーサイト
衝撃のコレクション
    わたしは「マジンガーZ」や「グレートマジンガー」が・・・

    ・・・・・・

    大大大好きです。

    ここで何度も「マジンガーZ超合金」が欲しいなどと、
    年甲斐も無く言っております。

    しかし、しがないうら若き主婦です。

    こんなものにお金を使うのは、やはり気が引ける・・・。

    でも、お店(ヤ〇ダ電機)に行くと
    真っ先にマジンガーZコーナーへ足を運び、
    「マジンガーZ超合金」を手にとっては、
    ヘラヘラと薄気味悪~い笑いを浮かべ、
    家族にヒンシュクを買ってます。

    でも、その姿を見た旦那さまと息子から、
    「これなら買ってやるよ!」と、気前よく言われ、

    これらを買ってもらいました♪

    但し、「真マジンガー」のフィギュアですけど・・・・、

    しかも、箱を開けるまで中身が分からないというスリル満点の
    コレクションなのですね。

    わたし・・・・・・くじ運が非常に悪い!のです。

    だから、こんなことになりました。

    まずひとつ目・・・・


           空にそびえる くろがねの城
            (写真をクリックされますと大きくなります)


            機械獣第1号(Dr.ヘルが送り込む機械獣軍団) 

            ガラダK7
            頭部に付いた巨大なジャイアント・カッターを
            意のままに操り、敵を切り裂く。(マジンガーZHPより抜粋)


    次はこれです・・・・


          スーパーロボット マジンガーZ

           ボスボロット
           ドジでエッチで大飯食らいのロボット


    最後はこれですが・・・・

          無敵の力は ぼくらのために

           えっ?さっきのと同じじゃないの?って・・・

           わたしも最初に見た時は「お、同じモノだ・・・。」と、
           落ち込んだのですけど・・・

           でも、よくよく見ますと・・・

           右手がグー(握り手)とパー(開き手)と違うのですよ。

     二体並べると・・・・・

        正義の心を パイルダー・オン

         違いが分かりましたか?

         このコレクション全10種あるそうなのですが・・・、

         いつかマジンガーZにお目にかかる日がやって来るのでしょうか・・・。

         しかしですね・・・・、
         これでも圧巻ですよね?ね?ね?  しつこいぞ!


        マジンゴー!マジンゴー!マジンガーZ

         一箱384円です。
         
         よく考えると、10種集めるとお値段が・・・

         「マジンガーZ超合金」の頭金くらいはなるのでは・・・あはっあははっ

         でも、まっいっかー!
        (わたしのお金で買うわけじゃないしね) 

         今日もわたしの趣味にお付き合いくださり、ありがとうございました♪


        *写真の中に挿入されている曲は
         スーパーロボット主題歌「マジンガーZ」
        (途中、省いてます)

         作詞 東文彦
         作曲 渡辺宙明

         では皆さま、歌いながら今日はお別れです。

         そ~らにそびえる くろがねのしろ~♪♪

あぁ~、リョウマくん無念!
    昨日、旦那さまが結婚式に出席、

    こういう引き出物をいただいて来ました。


          お、おいしそうぜよ

           「デア バウムクーヘン」です。

           ダイエット中のわたし・・・、
           でも、少し痩せたので  ホンマでっせぇ

           しかもこの暖かさ、生ものですので早くいただかないと
           相手の方に申し訳がたちません。 ぐふぇぐふふふ

           では・・・・・・・・・



          よだれが出るぜよ

           この光沢・・・・、

           仄かな甘~い香り・・・、

           美味しそうでしょ?

           ・・・・・ん?・・・・・・・・・

           ・・・・ん?あ~~~~・・・・・


          


          だれが食べたのじゃ~


           「リョウさん、またやらかしましたね・・・。」


          こまった奴じゃき

           「うまいものには目がないきに!アハハハッ~」

           「リョウさん、笑ってるばあいじゃないですよ。」


          口のまわりについてるものが多くなっちゅう
           (写真をクリックされますと多少は見やすくなります)

           「リョウさん、きゅうぞう藩を脱藩したほうがいいです、
            早く逃げてください!」

           逃げるリョウマ・・・・、
         
           しかし、すぐそこには・・・・・、



          


          DSCI0630.jpg


           リョウマ危うし!

           その後、リョウマの行方はようとして知れず・・・

           果たしてリョウマは無事なのか・・・・To be continued・・・

           ただ1つ分かったことは
           「きゅうぞうの食い意地だけは山の如しである」
           ということだけであった・・・・。 ひゅ~



         *おまけ
          我が家のリョウさんは、「龍馬伝」に出演するぞ!と、
          長旅に出たものの・・・・

          
つづきを表示
おっさんカレーを作るの巻
    「今日こそは、
     きゅうぞうちゃんに新鮮な魚を食べさせてあげるからね!」と、

    旦那さまは懲りもせず、釣りにでかけました。

    既に「きゅうぞうちゃん」と言った時点で
    今日もムリだな・・・と、わたしは確信していたのです。

    その確信はぶれることなく見事に当たり、
    今日も全くお魚を釣れなかったおっさん・・・。 ぁぁぁぁ~
    (旦那さまの名誉のため、付け加えておきますれば、
     海釣りを始めて間もないのです。
     ブラックバス(バスプロでした)なら
     簡単に釣れるものを~、と豪語しておりましたよ。) 食べれんわ!

     毎回、わたしが楽しみにしていると思い込み
    (いや、楽しみにしていますけど、大いに期待もしていますけども・・・)
     
     勝手に落ち込む旦那さまは、
     久しぶりにカレーを作るという暴挙に出たのですな。

     しかも材料も購入し、準備万端整えておりました。

     お肉は非常に安かったとご満悦。
     (価格が安いものに飛びつくクセがあり、何度も失敗しとります。


     ご、ごーや?

     お野菜を適当に、且つ、雑に切り、
     ウイスキーなどで炒めておりますが・・・・???

     ゴ、ゴ、ゴーヤですと~~???

     「へへっ、ゴーヤが安かったんだよ。」と、笑っとりますが・・・、

     一体、どんなお味になるの?こ、怖いぞ!


     おおぉぉぉ~

      トマトジュースを水代わりに入れ、
      お野菜を煮込んでいきます。
      (ある方に教わっていたのを覚えていたらしい。)

      酸味が苦手な方はお勧めいたしません。

      さて、何とか完成!

     
            おいしいの?




            暑い夏にはこの酸味は食欲増進、間違いナシです。が、

            ゴーヤは入れないほうがいい! 
            絶対、入れないほうがいい!by きゅうぞう

            しかし、苦みばしったゴーヤがお好きな方はどうぞお入れください。が、
            責任は負いかねますので自己責任でお願いします。(笑)

            さて、カレーは美味しかったのか?

            大きな声では言えませんが・・・、
            
            

            微妙です。

            ゴーヤの苦味が口に広がり、
            カレーを食していることを暫し、忘れさせてくれます。あっ。

            でも、作ってくれるだけで感謝ですね。
            例え、微妙でものエキスがたっぷり入っているのですから・・・。

            あっ、にゃれないほとをひったら舌をかんじゃ。
            (訳 慣れないことを言ったら舌を噛んだ。)

            ひっかし、ひがかったわ~~。
            (訳 しっかし、苦かったわ~~。)  オイッ!



           *追記
            谷さん、あなたもか・・・。
            国政も国民もそう甘くはないですよ。
            小沢さんの横で微笑んでるあなたが悲しかった。
            しかし、国民の為に働かれる強い意思をお持ちなら、
            〇〇ン〇〇クは諦めるべきだとわたしは思います。
            
祈り
     今年も、「わたしの桜」に逢いに行きました。
     
    (*自分が気に入った桜を「わたしの桜」とし
      久方ぶりの再会を喜び、睦め合うのです。)


           君の♪



     わたしが乳がんという病気と
     真正面から向き合わなければならなくなった頃、
     「わたしの桜」と出逢ったのです。

     この桜は、わたしの自宅から幾らも離れていない場所に
     ひっそりと佇んでいました。

     とても優雅で、冷え切ったわたしの心を
     そっと包み込み、温もりを与えてくれたのです。

     人間とは勝手なもので、
     病気をしていなければ、
     果たしてこの桜の素晴らしさに気づいただろうか・・・と、

     疑問符がつきます。

     この桜も又、彼の有名な桜たちと何ら変らないほど
     見事な桜だったのです。


           大切な人にも♪


     しかし、人々に知られることなく生きてきたのです。

     それは何故か・・・、

     公園の公衆トイレの横に位置しているから・・・。

     いつもそこに誇り高く、
     我を忘れず、
     そして人を恨むわけでもなく、
     愚痴を云うでもなく・・・・、

     そこに遥か以前より息づいていたのですね。

     そのあなたに、今年も逢う事が出来た喜びと、
     感謝を述べながら心を通わせてきました。


     風に乗って♪

     手に触れ、
     わたしは目を閉じ、祈りました。

     今年は、どうしても
     聞き届けていただければならないことがあるのです。

     わたしがこのブログを立ち上げたとき、
     ある女性が最初に声をかけてくれました。

     恥ずかしがりやのわたしは、
     飛び上がるほど嬉しかったことを今でも鮮明に覚えています。

     その彼女が、今、病気と闘っています。
     再発、転移・・・、
     覚悟をしなければならないほど病状は悪化しています。
     そして、彼女には小さなお子さんがおられます。

     祈ることしか出来ません・・・。
     わたしのようなものを生かす力があるのならば、
     どうかお子さんからママを奪わないでほしいと・・・。

     その時、一陣の風が通り過ぎていきました。
     その風により、花びらが舞い上がり
     天空へと昇っていきました。
     きっとこの願いをあのお方に送り届けてくれるのだと
     わたしは信じたい!


               きっと届いてる♪


     必要のない命などない・・・
     どの命も大切・・・頭では解っている。

     でも、人を簡単に殺害したり、
     人を、いとも簡単に騙し傷つけたり、
     そういう人間が大手を振ってまかり通っている理不尽な世の中・・・、

     なぜ彼女なの?
     何故なぜなぜ・・・・考えても答えは見つからない。
     
     どうかどうか・・・彼女に力をお与えください。

     来年は必ず、あなたと彼女の話を笑顔で語りたい!

     生きとしいけるものすべて、
     慈愛に満ちたそのお心でどうかお守りください・・・。


     ここまでの長文を読んで下さり、ありがとうございました。

     新しいデジカメを上手く操作できないと思っていましたが、
     「わたしの桜」を撮影したとき、
     はっきりと認識いたしました。
     きっと、わたしの心に乱れが生じているのでしょうね。

     つづきをクリックされますと、
     昨年の「わたしの桜」はイキイキと煌いていますよ。



           
つづきを表示
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。