フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語が苦手・・・その後②
        もう関東地方では、桜が咲いたようですな。

        こちらは、暖かい地方なのに、桜の開花はまだのようですよ。

        そんな春の足音を聞きながら、

        苦手な英語をマスターすると云うのは、修行としか思えませんな。

        そんな時、旦那さまが、「これ、使えば?」と、手渡してくれたよ。

               DSCN0921.jpg

            おぉ~、これは、わたしへのプレゼント?・・・・(≧∀≦)
            
            そう思ってたら、まるで見当違いだったな。(=_=;)

            旦那さまが以前、買っていたもので、
            最近、勉強する気が失せたようで、こちらに回ってきたよ。

            まだ使ってみてないけれど、なかなかオモシロそうだな。

            でも、わたしは純日本人ですな。
            まったく、英語を勉強していても手ごたえを感じない。
            単語もスルリと、脳からこぼれ落ちていくのだな。

            いやはや困ったものだ副作用は。 また薬のせいにしてるぞ、自分。

            まぁ、これからもボチボチやっていきますよ。ボチボチ?

            いやいや、一生懸命がんばります!!

            そんな話ばかりも、なんですから、この絵本を紹介しますよ。

            ホントは、この作者の、「おおきな木」が好きなんですが、

            直し込んでしまって、分からなくなってしまったよ。

            でも、この絵本も好きなのですな。

            DSCN0928.jpg

           動物好きの方なら、喜ばれる一冊ですな。

           この本の中には、14種類の動物が登場しますよ。

           作者の遊び心が、この中に「おまけ」として、表れています。

           これを探し当てた「あなた」や、「子どもたち」は、
           きっと、宝物を探し当てた探検家のような、気持ちになるでしょう。

           この作者の絵は、一本の線から紡ぎだされていますよ。
           可愛くて、心がホッコリしますな。

           いちど手にすると、たちどころに魔法をかけられたように好きになりますよ。

                               「ゆかいな いっぴき はん」

                               作 シェル・シルヴァスタイン

                               訳 大島省子

                               出版社 篠崎書林


             あなたは、好きな絵本がありますか?

スポンサーサイト
アイスが・・・・
        今日も、“そよそよ”と爽やかな風が吹いていましたよ。

        この良いお天気に、絵本の整理をしょうと思い立ち、

        ガサゴソと、絵本たちの大移動。

        そして、はたと手がとまったしまったよ。

        わたしは、今、少しずつ英語の勉強をしているが、

        やはり何処かで、憧れていたに違いないな。

        こんな絵本が出てきたよ。

        DSCN0863.jpg

           これは、あの有名な「ティッチ」の絵本作家だ。

           「THE WIND BLEW」は、こんなお話しだよ。

           そよ風や、海風、そして追い風と風にもいろいろあるけれど、
           これは、いたずら好きの風が登場する。
           この風にさらわれたものは、・・・・
           みんなはどこへ?そして風自信は?・・・・
           最後にどうなるか、楽しみですね。
                               著者・絵 パット・ハッチス


          そして、もう一冊は・・・・

          DSCN0865.jpg

           「まいごになったセレスティーヌ」

           この絵本のシリーズ、ご存知ですか?

           このお話は、
           美術館で働けないかと、面接に訪れたアーネストとセレスティーヌ。
           でも、断られてしまったよ。
           断られた2人は、世界の名画の複製を見て回る。
           でも、セレスティーヌは美術館を鑑賞するには、まだ子供。
           そのうちセレスティーヌが迷子に・・・・。

           父親代わりのクマのアーネストおじさんと、
           捨て子だったセレスティーヌの愉快な素敵なお話しですよ。

                                 著者・絵 ガブリエル・バンサン

          この二冊は、読んだ形跡があるのだな。
          でも、この一冊は、まったく覚えてもいなかったよ。

          DSCN0868.jpg

           試みたけど、文章の多さに無理だと悟り、調べてみたよ。
           でも、そこにも英語の文章。
           解説も英語。・・・・・・マイッタ!!(^^;)
           これも、勉強になるな。
           いつの日になるか分かりませんが、訳してみようと思います。

                                      絵 ティム・ラグリン

          でも、忘れていた絵本たちがたくさんあったよ。
          大事に、大切にしないと、
          夜中に絵本の主人公たちが現れて、
          わたしは絵本の世界へと連れていかれてしまうな。それも楽しいかな。

         そして、そうこうしていると、食べたくなったよ。

                        DSCN0873.jpg

                     いつもの、大好きなアイスクリーム

                     いつもは、こんな感じですな。

          DSCN0876.jpg

           今日のアイスは違ったよ。

          DSCN0856.jpg

           顔だよ。・・・・・

           誰かに似てるね?

           そして・・・・

          DSCN0860.jpg

           食べても減っても、顔かおカオ・・・だよ。お前は、金太郎飴か!!

           こんな経験ありますか?

           もっとオモシロい出来事があった方、教えて下さいね。

           生きてると、こんな些細な事が面白いな。楽しいな。ヾ(^▽^)/
苦手な英語・・・その後
        きょうはホントに寒いですな。こちらは雨です
        関東地方は雪だそうですよ。関東の方たちは困りますね~。

        てな訳で寝てましょう。・・・・・・・・    オ~イ、違うだろ、自分。

        そうそう、英語の勉強でしたな。
        パラパラ~
        ピラ、ピラ~。アッ、もう閉じちゃった~。
        いやいや、応援してくださる方もいらっしゃる、頑張りますぞ。

        そして始めた英語。わからない方は以前の記事へGO!!
        参考書の1ページ目がアルファベッド
        こんなわたしでも、アルファベッドは書けるだろうと、
        スラ~スラ~と書きだした・・・・・・ふぇ、何かが違う。
        ブロック体のTの書き方、筆記体のfとtの綴り。
        ん十年、疑いもせず書いていたものが違ってる・・・・もうツマズイタ。
        人間、思い込みはいけませんな~。・・・・って、わたしだけだな。ハハハハ
        我が事ながら、よく学校卒業できたな。(遠い目)

        そんなこんなで、身近な単語と発音
        オッ、結構かけましたよ、おくさん。
        次に発音、家の中には誰もいない。
        口をひん曲げたり、突き出したり、 誰にもみせられないよ。

        ん、ん~、脳が脳が、め、めまいが~。どんだけ怠けてたんだ、私。 

        無理は禁物。ちょっと休憩、今はまってるアイスクリームを食べるとするか。

      DSCN0623.jpg

             これが美味しいんですよ。
             しかも、おくさん、70円ですよ。
             量も女性には丁度いい。
             あまりアイスクリームを食べなかったわたしが
             嵌っちゃったよ~。
             もっと、美味しいアイスクリームがあるよ。と言う方、
                                吉報お待ちしてますわ。

      さあ、もうひと踏ん張り、
       ジョニー・デップにレターを送れるよう頑張るぞ。相変わらず不純な動機だな、自分。       

         いや、本当は別な事をしたいのですよ、
         これが英語必須なんです、いつになる事やら。

         こんな私ですが、引き続き応援よろしくお願いします。m(_ _)m

        
英語が苦手
        わたしは、英語が苦手です。
        どのくらい苦手かと申しますと、
        日本の浦賀に、初めて黒船が来航したときの、 おいおい、違うだろ
        「外国人は生肉を食べるんだとさ~、ヒエ~。」ぐらいの
        江戸の人たちと、さして変わらない感覚なわけです。

        昔むか~し、勤めていた頃、
        外国人の教授が赴任してきまして、
        わたしたちの処へ挨拶に来られた。
        早速、わたしたちに
           「〇#Х~、May have your name?・・・ホニャララ・・。」

           言葉の前後はマッタク解らなかったけれど、取りあえず
           「マイ ネーム イズ きゅうぞう。」と、名乗ったさ。

         ところが、この外人先生は、
         流暢な日本語で、説教を始めた。
           「そんなに、ボソボソ喋って、自己主張をしなさい。
            これだから日本人はいけない。・・・・とかとか。」

         あまりに巻くし立てるので、わたしは、
           「え~い、しゃらくせい。ここは、日本だ。
            ボソボソじゃなく、奥ゆかしいと言え~。
            わたし一人の為に、日本人が悪く思われたらたまらない。
            でるとこ出ようじゃないの~。」と、心の中で罵詈雑言叫び、

         実際のわたしは、
         情けない事にニコニコと右から左へと受け流していたのですよ。
         それから、奮起すればいいものを、
         ますます英語と、その教授が嫌になり、
         近づこうものなら、用事を思い出したといい、逃げ出す日々でしたな。
         
         まあ、なんとか生きてこれたわけですが、
         最近では特に、英語が世の中に氾濫している。
         どうしても、理解不能なことが多くなってしまったんですな。
         それで、苦手な英語を克服せんがため
         やっと、英語を勉強しようと思った次第です。

         それも、中1英語から・・・・・今、え~っと思った方、
                         キャハハと笑ったあなた。
         それぐらい苦手なのですよ、わたし。
         ホントは、ABC・・・から始めようかと思っていたぐらいですよ。オホホホホ

         ここに宣言すれば、怠け者のわたしも勉強すると、
         いや、せざるを得ないという寸法ですよ、おくさん。

         なんとか頑張りますので、暖かい応援よろしくお願いします~。   
        
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。