フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スマスマ便り
       今日のスマスマ、いつ撮ったのか?
       髪の毛がある、お綺麗な中居さん。
      
       ☆ビストロゲスト ジェーン・バーキン(今日も、あの人じゃなかったね。)
        バッグのバーキンは、この人の為に作られたのか。
        わたしゃ知らなんだ。
        いや、この女性もあまり知らなかったな。
        
        それにしても、フランスの人って、こんなにオオラカだったっけ?
        ジェーンが出すわだすわ、バッグの中身。
        しかも“グチャグチャ”。
        だけど、そんなの関係ね~。 もう、これ古い? 
        
        オードリー・ヘップ・バーンもそうだったけど、
        外国の女優さんは、世界に貢献するよな。
        ジェーンの言葉で印象に残った、
         「世界中の人の生活や子供たちを見ることで、
          人生はもっと豊かになる。

          わたしも、ちょっとは豊かになりたいぞ。
          ジェーンの映画観てみようかな?

          話しは戻りますが、
          むこうの人は、よく食べるね。
          しかも、納豆好きのフラン人を初めてみたよ。

          勝利者の木村くんと剛くんに、
          バーキンから
          バーキンをプレゼント。
          木村くんが男性も持っていいかって訊いたもんだから、
          あらあら、バーキンさんが、
          
          バ、バーキンさん
          バーキンさん、バッグ踏み潰したよ。
          蹴ったよ、たたいたよ。
          これぞ、女の潔さ。(違っ
     
          中居は日本人の特性をしってるから、ジェーンをホロウしてたな。
          お疲れさん。

          大きな声ではいえませんが、
          通訳さん、マチャミさんに似てたな。そう思ったのは自分だけ?

        ☆歌ゲスト 奥田民生さん
         7年ぶり?時が経つのは早いね。おばさんか?あ、その通りだったよ
         スマップくんたちに褒められて、まんざらでもない民生さん。
        
         歌の印象で変わるね、スマップくんたちも男らしくて、ス・テ・キ

         それにしても、中居は喉弱いな。
         歌に合ってたから、ハスキーでよかったけども。
         民生さんの歌って、結構キー高いのな。

         ところで、民生さん、今でもバス釣りしてますか?

        ☆ごろちゃんのドラマ、・・・・・スッゴイ争いがあるんじゃなかった?
         それよりも、ごろちゃんのCM、頭から離れないよ。

         「チョコチョコポテト・・・・・甘ずっぱ~い」
         わたしには、こう聞こえる
         「ドンドン肥れ~、ドンドン肥えろ~、やみくもに~、
              甘い 食べたい 責任な~し」完全に被害妄想だにゃ

         そうそう、「薔薇のない花屋」さん
         英治(慎吾くん)みたいな人が、わたしの町にいてくれたらいいね。

         キーワード
         1 あんな卑劣な男?
         2 名もなき戦士?
         3 あの目は、愛を知らない野獣?わたしが教えてやろう、ムフフフ
         4 予告の方が気になる。「まんざら、他人じゃあない。」
         5 「雪のタイトルバック」の流れは何か関係あるらしい。(木村くんサンキュー)
         6 わたくしごとですが、「あと少しで、あなたを見つけてたんです。」
         キャー、ウオー言われてみたいぞ、中居に。エッそっちかい。

          来週も、コウご期待・・・・つづく。

       
スポンサーサイト
英語が苦手
        わたしは、英語が苦手です。
        どのくらい苦手かと申しますと、
        日本の浦賀に、初めて黒船が来航したときの、 おいおい、違うだろ
        「外国人は生肉を食べるんだとさ~、ヒエ~。」ぐらいの
        江戸の人たちと、さして変わらない感覚なわけです。

        昔むか~し、勤めていた頃、
        外国人の教授が赴任してきまして、
        わたしたちの処へ挨拶に来られた。
        早速、わたしたちに
           「〇#Х~、May have your name?・・・ホニャララ・・。」

           言葉の前後はマッタク解らなかったけれど、取りあえず
           「マイ ネーム イズ きゅうぞう。」と、名乗ったさ。

         ところが、この外人先生は、
         流暢な日本語で、説教を始めた。
           「そんなに、ボソボソ喋って、自己主張をしなさい。
            これだから日本人はいけない。・・・・とかとか。」

         あまりに巻くし立てるので、わたしは、
           「え~い、しゃらくせい。ここは、日本だ。
            ボソボソじゃなく、奥ゆかしいと言え~。
            わたし一人の為に、日本人が悪く思われたらたまらない。
            でるとこ出ようじゃないの~。」と、心の中で罵詈雑言叫び、

         実際のわたしは、
         情けない事にニコニコと右から左へと受け流していたのですよ。
         それから、奮起すればいいものを、
         ますます英語と、その教授が嫌になり、
         近づこうものなら、用事を思い出したといい、逃げ出す日々でしたな。
         
         まあ、なんとか生きてこれたわけですが、
         最近では特に、英語が世の中に氾濫している。
         どうしても、理解不能なことが多くなってしまったんですな。
         それで、苦手な英語を克服せんがため
         やっと、英語を勉強しようと思った次第です。

         それも、中1英語から・・・・・今、え~っと思った方、
                         キャハハと笑ったあなた。
         それぐらい苦手なのですよ、わたし。
         ホントは、ABC・・・から始めようかと思っていたぐらいですよ。オホホホホ

         ここに宣言すれば、怠け者のわたしも勉強すると、
         いや、せざるを得ないという寸法ですよ、おくさん。

         なんとか頑張りますので、暖かい応援よろしくお願いします~。   
        
大切な人へ・・・
      わたしは、「もしかして乳がんかも。」と、思っていたとき、
      ある方のブログに出逢いました。
      そして、その方に(勝手なのですが・・・)力をいただきました。
      
      ブログを始めて、その方とお話しする事が出来るようになりました。
      大変感激し、嬉しかった事を、今でも憶えています。
      そして、たびたび、励ましていただいています。

      その方が、今、再発の不安を抱え、苦しみの渦中にいます。
      わたしは、お会いする事もできず、
      励ますこともできない。
      何の力もない、無力の自分が腹立たしい。
      
      そこで、少しでも、心が元気になっていただきたく思い、
      わたしの好きな「金子みすゞ」さんの、詩を捧げたいと思います。

              明るいほうへ

          明るい方へ
          明るい方へ。

          一つの葉でも
            
          陽の洩るとこへ。

          やぶかげの草は。

          明るい方へ
          明るい方へ。

          はねはこげよと
          
          灯のあるとこへ。

          夜とぶ虫は。

          明るい方へ
          明るい方へ。

          一分もひろく
          日のさすところへ。
          
          まち
          都会に住む子らは。

                          *題名 金子みすゞ童謡集
                               明るいほうへ
                           著者 金子みすゞ
                           選者 矢崎節夫
                           出版社 JULA出版局(作品の無断転載禁じる)

      何も出来ないわたしです。
      どうか、どうか「明るいほうへ」心が向いてくださる事を願っています。
      そして、無事を心から祈っています。

      ここへ訪れて下さった方々も、
      この詩を目にして、何かを感じ、力や励みにしていただければ、
      そして、「明るいほう」へと向かっていただけたら幸いです。

      そして、金子みすゞ著作権保存会の方々に、転載の許可を頂いたこと、
      深く感謝しております。
      
      
うっ、さむ
      今日の寒さは尋常でなく、
      こういう日こそ、ホットフラッシュの出番だ。・・・

      と、思ってましたが、一向に熱くなる気配なし。

      ちょっと、踊ってみましたよ。

      ホッ、ホッ、ホット~

     まったく効果ナシ。アホですな~。

     それで、家の中で貼るカイロをべたべた貼って
     ノロノロ動いていましたら・・・・、
     今、旦那さまから電話がありまして・・・
        「仕事もひと段落したから、今からかえる~。」って、

     ゲ、ゲゲェ~、まずい。

     何も用意してないし、洗濯も掃除もしてないよ~。

     では、今から猛スピードで家事します~。

     はたして間に合うのか?

             カミング・スーンこればっかだ・・・・あっ、急がねば

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(違っ

スマスマ便り
        わたしの勘違いか?
        ビストロゲスト変わってない?
        わたしも齢だにゃ・・・・

        中居の髪型・・・・精一杯の「おしゃれ」だな。
        いつもと違うよな、
        中居ファンをフルイにかけるのとはチト違うと思う。
 
        改めて、ビストロゲスト
        中井貴一さん(男性最多ゲスト)だそうな。
        これまた、あまり記憶にないよ。・・・・ヤバイぞ、自分(汗汗・・

        そして、久しぶりの段田安則さん
        中居と競演してた頃、巨人阪神を熱く語ってたよな。

        しかし剛さん、噂には聞いてたけど
        ごろちゃんの舞台観にいって、
        舞台の中打ち(公演期間の中程で行う打ち上げの事)まで参加したんだよね。
        こういう話を聞くたび思うけど、
        メンバーの中で一番ズブトイんでないかい?

        慎吾くんも舞台観にいったけど、
        打ち上げ誘われたけど、「それはできません。」って断ったんだよね。
        大人になったね~、慎吾くんって、ただの人見知りか?

        今日は、ごろちゃんの日だったね。
        ごろちゃんと、段田さんの「モデルガン」、
        「モーゼル」って?
        「コルト・ガバメント」って????わかんね~。
        でも、好きなことを語る男たちは可愛いね~。
            (よく中居も野球の話しするからね。)ご愛嬌ってことで。

        「なげ~な、この話し。」と木村シェフ・・・・
        先週の、お前さんも長いよ、と突っ込んだのはいうまでもない。

        食通、中井さん、ビストロがいたくお気に入り。
        「今度、誰つれてくるかな?」って・・・
        今からわたし、中井さんと友達になるわ、なってみせるわ。(違っ・・

        しかし、オーナー中居の若かりし頃の写真、
            「うい、可愛いの~。ちこう寄れ。」・・・きっと、ぶん殴られるな。アハハハ

        ところで、慎剛勝利。
        やっぱ、最初に食べた方がインパクトあるよな。

        佐藤二朗さん、遠藤憲一さんこんなところで、お会いできるとは、
        愛すべき脇役のひと達ざんす。
        それにしても、わたしはイタブラレル慎吾と中居が好きだ。
                         
        いつもいってますが、わたしは変態です、・・・いやいや変態ではありません。

        寅さん化している趣ですが、
        「あの日に帰りたい」、
        永作博美さんとは、伝説の教師いらいですね、わ、わかい。

        リーゼント姿の横顔がステキ。
        水も滴るいい男、中居正広。髪の毛カットシーンは映画までのお楽しみさ。

        そしてそして、この際、「YOUいろんな髪型しちゃいな。
                       楽しんじゃいな。」
             とか、とか、とか、・・・全部、女の子だわ。

        またまた長くなりましたが、長くなったついでについでかよ
        「佐々木夫妻の仁義なき戦い」ホームコメディーだ。
        法倫(ごろちゃん)のような旦那はいやだよ。
        しっかし、この夫婦極端だな。
        案外、ごろちゃんのコメディーは好きなのさ。
        安心して観れるのさ。

        スマップの新曲「そのまま」、MONKEYさんが曲提供してくれたんだ。
        また、スマップに試練が与えられたよ。
        生歌番組に出演したとき、そのまま止まらんでくれよ。

        「薔薇のない花屋」さん
        院長(三浦さん)は、人の弱みに付け込んでまで、
        探偵(松田くん)を雇ってまで、
        英治(慎吾くん)を破滅させたいのか?
        どんな恨みがあるのか?

        もしかして、英治は極悪非道な男だったのか?
        謎が謎を呼ぶ展開に目がはなせない・・・・。

          カミング・スーン・・・・。

        
過ぎてしまったけれど・・・・
       わたしが若かりし頃、
       もっともっと若かりし頃、
       いや、もっともっともっと・・・・・・・・・・・・・・・・しつこいぞ、自分。

       武田鉄也さんが好きだった。
       好きというより尊敬していた。
       なかには説教くさいと思われる方もいらっしゃるだろう。
       
       そのお蔭で、わたしは2人の素晴らしい男性に出逢うことができた。
       ひとりは、ブログで名前を目にしていると思いますが、

       坂本 竜馬(あえてこちらを使います)
       鉄也さんの口から、この方の名前がでる度、
       どんな人だっただろう思い、教科書を開いてみた。
       しかし、彼の名前しか載っていない。
       そこで、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んでみることにした。
       そして、鉄也さん同様、彼に魅せられていった。

       そして、もうひとりはジョン・レノン
       わたしは、この人を知らなかった。
       この頃、洋楽などには興味はなく、
       ましてや英語が苦手だった。(今でもですが・・・汗)
       
       しかし、後にわかった事だけれど、
       ビートルズはよく耳にしていた。

       ジョンとは衝撃的な出逢いだった。
     
       いつも通り、お風呂にラジオを持ち込み、
       鉄也さんの番組を聴いていた。
       湯船に浸かった瞬間、鉄也さんの声がくぐもった。
       そして、悲痛な声で、
          「ジョン・レノンが今、銃弾に倒れました。」と、言っていた。
   
          「みなさん、ジョンのために、1分間の黙祷を捧げましょう。」
          鉄也さんの声に押されて、
          誰かも解らないまま、わたしは黙祷をした。

       その日は、1980年12月8日
       そして、その日からジョン・レノンを知っていくことになった。

       寂しい幼少時代をおくり、
       大事な友人、スチュアート・サトクリフを失い、
       そののち、ザ・ビートルズを完全なものにした。

       解散後、ニューヨークに移り住んだ。
       そこからが、彼とアメリカとの闘いが始まった。
       愛と平和を訴え、
       「暴力で社会をかえるのでなく、
        歌や愛によって社会は変えられる。」
        そう信じて活動を続けていた。

       ジョンは、たくさんの歌を残し、愛すべき道を私たちに標した。

       好きな歌は数え切れないのですが、
       アルバム「レノン・レジェンド」から、
       短いがシンプルな愛のうた、彼の優しい声が響きます。
       「Love」を、
       
       そして、オリジナルではないけれど、映画とともに愛する歌
       「スタンド・バイ・ミー」を。

       最後に愛と平和を祈り、
       「パワー・トゥ・ザ・ピープル」を
       
       みなさんの心の声で、耳でお聴きください。

                       DSCN0614.jpg


               彼の眼には何が映っているのだろう?
               戦争や貧困、差別が続いているこの世の中を
               どう感じるだろう?

               ジョンや竜馬が残したものは、あまりにも大きい。
               一人ひとりが繋げていかなければ
               世界が平和になりますように・・・・。

                    *東芝EMI
                       ジョン・レノン 「レノン・レジェンド」
       
自然薯(ジネンジョ)
      今日は、旦那さまの実家から、山芋をいただきましたよ。
      ちょっと変わった形ですが・・・。

     DSCN0609.jpg
      いやいや、ちょっとどころではないですよね。
      
      スッゴク、いびつな形ですね。

   これが、下ごしらえが大変で大変で・・・・・って、
  
            旦那さまがしてくれたんですけどね、オホホホ~

      だって、メンドクセ~・・・・いえいえ、めんどくさいざます。

      そして、このジネンジョを使いまして・・・

       

    お好み焼きを作ってみましたよ。
    中身はって?

    松坂牛でしょ、ホタテに、ウニに、車エビに、
    宮崎牛でしょ、キャビアに・・・・あれこれ入れましたの。





              


                  すいません
                  妄想です

    この美しいわたしに免じて、お許しを~。


          って、またまた嘘をついてしまいました~!!この口が、この口がウギャ~

         中身は普通のキャベツに、安売りの豚肉、たまごにジネンジョ

     こんな、安~い材料でも美味しかった~ ・・・・ゲプッ

        また食べ過ぎた、いつになったら痩せれるのか・・・・・・

                      
                       ま、いっか~ 明日はあしたの風がふく


        
スマスマ生放送SP
      スマップくんたち、「薔薇のない花屋」さん(笑)を
      いたくお気に入りでしたな。
      慎吾くんたち、大変だったね。
      「一話、放送できてよかった~。
           今日の朝、できあがった!!」って、ありえないよ~。

      野島しゃん、野島しゃん、
            またまた謎だらけだって?楽しみにしてるよ~

      そしてそして、スマスマオープニングとうとう、この日がやってきましたね。
      中居、いきなりかつらで登場。いよいよ、映画始動ですな。
      おっさんの本気を見たぜ。
      でもね、でもね、チョッピリ中居奏かと思ったのは、わたしだけでしょうか?
      昔むかし、さんまさんが言ってたよね。
      「おれと一緒で、坊主にしたらすずめの・・ほにゃららだって。」
      全貌が明らかになるのは、まだ先の話し。中居ファンはつらいぜ、ベイビー(古っ

      ビストロゲストは、竹内結子ちゃんと、松田翔太さん来店

      オーダーは、結子ちゃんが「牡蠣」
      やっぱり出た、グリンピース話し。中居も嫌いだけど、
      結子ちゃんは、取りあえず食べるんだよね。お母さんは偉いぞ。

      松田くんは、「ジブリにでてくるようなパン」
      わたしも、すっっごく小さい頃、
      「アルプスの少女ハイジ」を観て、
      とろ~りとろけたチーズをパンの上にのせて食べてるハイジが羨ましかった。
      大人になってから、やってみたよ。
      そして気づいた、わたしゃチーズが嫌いだったさ。早く気づけよ自分

      そして、メンバーとのトーク・・・の筈ですよね、木村くん。
      ローズデイを語る、熱く語る木村くん・・・呪文のように・・・
      長くなる~ながくなる~、眠くなる~、ねむくなる~
      ゲストはいずこに・・・・。
      あとの3人は簡潔だったな。スバラシイ~

      それとは別に、さすがリーダー、
      ごろちゃんのドラマも忘れてないね。ちゃんと観るからね。

      勝ったのは慎剛チーム。
      でもでも、ジャンケンで決めたのね~!!
      結子ちゃんのキスをもらえたから良しとしよう

      お仕事ロケをかけて真剣生バトル
      このグループ、けっこうおっさんですよ。
      誰が考えたんだか、・・・・まだ身体張るのかい?ブツブツブツブツ・・・・

      スーパーケンケン  中居の足が心配だよ。
                  ごろちゃん、才能開花?すごかってね~。

      逆さマラソン  剛くん、おもしろ過ぎ
               中居の走り方きれいだね~、ほれぼれ~

      歌はやっと、馴染んできたな。中居も身体かるそうだったし。
      もう直ぐ、新曲でるんだよね?
      どんなかな?楽しみだわい。

      オッと、結果発表!!
      慎吾くん、剛くん、北京いくんだね、おめでとう・・(違っ

      案外、最後の3人4脚が嬉しかったりするぞ~。
      最初、中居は「肩をくむ」ですごく反応してたのに
      仲よさげでよかったよ~

      話しは変わりますが、木村くんが作ったソース作ろうと思います。
      マヨネーズ、タバスコ、ケチャップ混ぜるだけ、
      わたしでもできるわ~。

      慎吾くんのバラいちごジャムも美味しそう。これはムリっす

      それと、「薔薇のない花屋」さんに、ちらっと映ってたんですが、
      息子からもらったピンクの豆腐、娘さんの
      部屋においてあったよ。結構、メジャーなのかな?

      木村くんの事いえないね。わたしも長文だよ。
      ここまで読んでくれた方、今度から短くするので、また、遊びに来てくださいね。

      
息子の成人式
       タイトルに成人式と書きましたが、
       息子は他県に行っており、直接、お祝いができませんでした。

       昨年の12月に20歳になり、
       これで旦那さまとお酒が飲めると
                   楽しみにしていましたが・・・、
       
       クリスマスの日、
       グビグビお酒を飲んでる息子に開いた口がふさがらず、

       お正月にも、誰よりもお酒の強い息子に仰天し、
       そして、赤ん坊のころの息子を思い出し、
                    「予兆はあったな。」と思わず納得したわたしです。

       昭和62年、もう直ぐ昭和という時代が幕を下ろそうとしていた頃、
       わたしはオコタに入り、その当時、大好きだった
       「カトちゃんケンちゃん」という番組を観てた。
       ゲラゲラ笑って、「胎教にもいいなあ。」と、思っていた瞬間、
       プチッと音がした。
              (すいません、松田聖子さま、この表現は大げさだと思っておりました。)
       生温か~い、ヌルヌルしたものが津波の如く出てきた。
       いや~、あれほどビックリした事はなかったな。
      
       となりで寝ていた旦那さまを起こし、
       何とか車に乗り込んだものの、旦那は病院に行く道を  
       ものの見事に間違えてくれた
       その最中にも、羊水がでるわ、でるわの大騒ぎさ。

       病院に着くと、旦那さまはヒッシに辿りついにたにも関わらず、
       看護婦さんに、「何もすることがないのでかえりなさい。」と言われ、
       ソソクサと帰る羽目になり、
       旦那は生まれる瞬間をみることなく、息子はこの世に誕生した。

       2618g、48.0cm・・・あまり大きくなかった。
       しかも、体温調節ができず、保育器の中に入れられた。
       
       心配の日々が続いが、無事に退院の日がやって来たよ。
       そして、・・・・、
       息子は順調に育ち、グビグビとミルクを異常に飲みおいおい違うだろ

       DSCN0606.jpg 
     こんなに可愛く、スクスクと育ち、
     今では、見る影もございませんが・・・ 

     いろいろな事がありました。
     これからも、大変な事が待ち受けているでしょう。
     わたしたちは、ずっと応援してるよ。
         わたしたちは、ずっとずっと、あなたの味方です。
     
            自分の信じた道を進んで下さい。
            人生、一生勉強です、わたしも負けずに頑張るぞ!!

          おめでとう~おめでとう~
          息子の好きな、おねえちゃんたちを並べてみましたよ。
       ・・・・お、怒るな息子よ。
              遠く離れている息子への、せめてもの愛じゃ~!!祝いじゃ~!!
ピンクリボン
       「今日、これが届いたよ。」と旦那さまが手渡した。

       「何、これ?」と、わたし。

       開けてみると、マグネット式のピンクリボンがはいってた。

       以前から、自動車を運転している時に   
       「最近、レッドリボンとか、オレンジリボンとかを貼った車を
        よく見かけるんだけど、あれは何?」と聞いてきた。

       「レッドはエイズの予防啓発を呼びかけてるってきいたよ。
        オレンジは、白血病だったかな?」と、わたし。

       そんな会話をしたことも忘れてた。
       今までだと、わたしが寄付や署名をしているのを、
       「がんばってね。少しでも役に立つといいね。」と、
       遠くから見守ってる感じだった。
       もともと非常に優しいひとだ。

       これくらいの事で大げさだと、思われてるかもしれない。
       でも、わたしの病気をご近所さんは、誰一人しってる人はいない。
       近所に住んでいる旦那の親友にすら言っていないの。
       他の友人にも・・・。
       わたしの友人ですら、わずかな人数しか言っていない。

       病気になった事が恥ずかしいとかではない。
       人の眼がコワイとも違う。

       ただ、今まで通り接してほしい。
       みんな優しい人ばかりだから、
       自分の事のように心配してくれるに違いない。
       気を使ってほしくなかった。

       でも、今回の旦那さまの行動で、自分が間違っていた事に気づいた。
       ピンクリボンの意味を忘れてた。

    DSCN0602.jpg
       乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さを
       伝えるシンボルマークだった。
       
       少しでも、多くの方々に、先ず検診にいってもらいたい。
       この、ピンクリボンを見かけた方々が、
       考えるきっかけとなってほしい。
       大事なひとに大切さを伝えてほしい。

       それこそ、わたしの身近にいる大切な友人に伝えなければいけなかったんだ。

       そして、検診にいく事があたり前の世の中になってほしいな。

       みなさんは、ピンクリボンだけでなく
       いろんな病気にかんするリボンキャンペーンをしってますか?

       偉そうなことを言い募ってきましたが、
       傍にいてくれる人の笑顔が永遠に続いてほしいと願っています。

       いつも読んでくださって感謝しています。

       さあ、車の目立つところに貼りつけるぞ~

                        

                

     
ノルバデックスって奴は・・・
       ウキ~ッ・・・・・けっしてサルではありません。

      ときどき、叫びたくなるんですよ~。

      わたしは今現在、ホルモン療法をしてます。
      100人いれば、百通りの治療法がありまして、
      選択もいろいろできます。

      わたしの場合、ホルモンレセプターが陽性だそうで、
      主治医もホルモン療法を勧めてくれた。
      
      「でも、希望するなら、抗がん剤による化学療法をしてもいいですよ。」と
      こともなげにおっしゃった。

      ずいぶん悩んだよ。
      いろいろ調べ、抗がん剤の恐ろしさを知った。
      もともと丈夫な身体ではないので、
      この身体は耐えられないだろうと思い、ホルモン療法を選択した。
      この選択がよかったのか、どうなのか、まだ判りませんが・・・。

      わたしの場合、ゾラデックスという注射を
      4週に1回、お腹にブチッと打つんですが、これが痛いのなんのって。
      それと、ノルバデックスを服用。(ゾラはあと1年、ノルバは後、4年)

      しか~し、しかしですよ、
      この、ホルモン療法ってやつは、真綿で首を絞められるっていいますか、
      ジワ~リ、ジワ~リと副作用がおそってくるわけですよ。

      最初に主治医はおっしゃった、
      「更年期の症状がでるだけですよ。」って、って・・・・ウギャ~嘘つき~

      あくまでもわたしの場合ですが、
      最初に襲ってきたものは、
      骨痛、あらゆる身体の部位が痛み、長時間うごく事ができなかった。

      次が、足や手の指たちを、
      束ねた針が襲ってくる感じですか・・・
      これも、涙がでるほど痛かった。

      これが、どうにもこうにも克服できない症状ですが、
      ホットフラッシュ・・・・かっこよさげな名前だわい・・・アホなわたし
      真夏も汗がダラダラ、
      真冬は・・・・旦那さまが「今日は寒いね~。」と言ってる横で下着1枚だったり、
             またまた旦那さまが、「今日は暖かいね~。」なんて言ってる横で
             ガタガタ震えてたりするわけです。

     まだまだあります、副作用のデパート?
     「お客さま、どんな品物もご用意できますことよ。オホホホホ」ってか。

     直ぐに喉がはれる、頭が重い、不眠、イライラする。
     から咳がでる、動悸、足がむくむ。などなどなどなど・・・・・・
     打ったおぼえがないのに、青あざのオンパレード

       DSCN0601.jpg


     こういうアザは、しょっちゅうですの。・・・ブットイ足だわい。・・・むくれてるってことに。
     あっ、今わらったでしょう?そこのあなた・・・。ブットイって・・・

     そして、主治医に注意をうけてました。
     「今まで通りに食事を摂ると体重が増えるので、気をつけてね。」って、

     今までよりも、たくさんたくさん食べてま~す。


     今までよりも、どんどん増量中で~す。
     ちゃんと自己流ですがヨガをやったり、
     掃除でエクササ~イズやってるんですけどね。

     こんな私も、落ち込むことが多々あるわけで、
     朝、寒気がひどくて昼まで身動きできなかったり、
     みなさん、一生懸命はたらいてるのに、わたしは何してるんだろうとか、
     身体が少しでもおかしいと、再発?転移?とか思っちゃう。

     でも、みなさんを励みに頑張ります。

     わたしの愚痴を、ここまで聴いてくださって感謝してます。
     明日から、また頑張るぞ~

    

      ウキキキ~ッ・・・・・・・・これは歓喜の雄たけびだよ~。

     みなさんはどうですか?
     副作用はありますか?

               
スーパードラマフェスタ
      ボウリング星雲?
      このアニメはなんだ?
      中居がかぶってる、あのヘルメット・・・消防士?
                            弱そうな殿さま?

      だけどもだけど、カワエ~衣装きてるぞ
      
      おっさんなのに・・・おっさんなのに可愛いぞ。

      中居よ、ドラマのくだりが長すぎる・・・チャンネル変えられるぞ~

      この番組、ここまで続くとはおもわなんだ。
      ただ、ピンを倒すだけなのに・・・
      フ○テレビさんの心意気にカンパ~イ

      そして、高島アナと、いいコンビでござんす。
      できる女は違いますな~。

      でも、この番組の好きなところは、大物俳優だけでなく、
      脇をかためてる俳優さんたちもスポットライトを浴びれるとこ・・・。
      中居の腕の見せどころだぜ。

      今回はジャニーズも多い。
      白い影チーム(上川さんは除く)もでてる。
      朝ドラ出身の女優さんもでてる。(結子ちゃん含む)
      玉木くんもでてる。
      おもしろそうなドラマもならんでる。
      しかもスタッフさん、みんなが軽くかいた願い事、
      チョイスするの上手い。
      中居と仲良しのキム兄もでて、いいつっ込みしてくれてたし、
      中居の帽子とってくれたし、フフフフ~

      慎吾くんと中居のからみは、スッゴイ好き。すきだな~。
      後輩くんたちみたいに、アメちゃんをなめずに
      木村くんや剛くんの力をかりるんだね。・・・あっ、ごろちゃんも。
      でも中居が言ってるように、木村くんは観てると思う。
      ホントに念じてると思うぞ。

      後輩くんたち、ありがとう~。
      中居をたててくれて、サンキュウ~。
      斗真くんも、小山くんもボーリングうまいよね。
      中居とアメちゃんで遊んでくれてありがとう~。
      この、おっさん、きっとドラマに差し入れするからさ。

      泉谷さん暴走してるけど、いつも番組盛り上げてくれるよね~。
      竹内結子ちゃんに抱きつこうとしてたけど・・・
      「セクハラだ~。」といいながら、気持ちわかるさ。

      わたしも中居に抱きつきたいぞ~。
      どさくさに紛れて、慎吾くんにも、玉木くんにも、佐々木さんにも
      あんがい、キム兄にも・・・エエ~イ、ついでに泉谷さんにも

      へ、ヘ・ン・タ・イでは、あり~ませ~ん。なぜに片言なんだよ。

      だけど、個人的見解ですが、中居と結子ちゃんは似てる。
      年下だけど、姉と弟にしかみえない。

      決戦で、中居は失敗しただろ?
      2投目、ホントはガーターにするつもりだったんだよな。
      ついついスターの顔がでちまったね。

      これからは、わたしのツボをダラダラとかきます。

      ☆小日向さん、とうとう主役になったね。おめでとう。

      ☆玉木くん、投げ方が男らしいね。
       今度、大河ドラマで竜馬さん演じるんだよね、楽しみじゃ~。

      ☆多部ちゃん可愛いね。

      ☆今回の女優人はへんだ~。かわってるよ~。

      ☆みんなボーリングうまいな。

      ☆中居は何個アメちゃんを隠し持ってたんだ。わたしにも、おくれ~。

      ☆佐々木蔵之介さんが、中居のMCを
       「うまいな~。」と言ってくれてるところ。

      ☆慎吾は、また黒うさぎが出没してるな。

      ☆斗真くん小日向さんは凄かったね。

    ながながと、ダラダラと書いてしまいました。
    読んでくれてありがとう。


      
金子 みすゞ
     わたしの中で、好きな詩人といえば谷川俊太郎である。
     童話作家でもある彼の本を、こどもが小さいころ
     よく、読み聞かせをしていた。

     数年前、ふらっと入った書店で一冊の詩集に眼がとまった。
     パラパラっとめくって、その優しい文章に
     躊躇することなく購入した。

     彼女の童謡集は、とてもやさしい。
                生きてるものすべてに愛がある。
                そして、子を愛する母親がそこにいた。
     それが金子みすゞとの出逢いだった。

     読みすすんでいくうち、
     どこか物悲しく、どこか切なく涙が止まらなかった。

     そして最後に、26歳の若さで自らの命を絶ったと書いてあった。

     そのうち、テレビドラマで松たか子演じる、みすゞさんに出会った。
     時代とはいへ、彼女の壮絶な人生を垣間見て、
     しかも、子供のために自らの命をたった事をしって、
     あの童謡集の想いを、あらためて感じた。

     ここが、わたしの浅はかなところなんだけど、
     その詩集を読むことができなくなり、
     書棚の奥にしまい込んでしまった。

     そして今年の4日、T○Sの
            「さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢かなえたろかスペシャル」で
            小学生の男の子が、「詩が書きたい。」といっていた。
            好きな詩人は?の質問に
            「金子みすゞ」とこたえていた。

     小学生の男の子は、彼女の人生なぞ知ってかしらずか
     素直にキラキラしたマナコで答えていた。

     その心のきれいさに、わたしは教えられてしまった。

     何年ぶりだろう?
     奥にしまっていた詩集をひっぱりだし、開いてみた。
     そこには、なにも変わらず、みすゞさんが微笑んでいた。

     やはり、こころが温かくなった。
          こころがまあるくなった。
          生きてるものすべてに愛があった。
          子への愛情にあふれていた。

     そして、涙がとめどなくあふれた。
     素直に読めばよかったんだ。
     素直に感じればよかったんだ。
     いまの、わたしの心情にポ~ンとはいってきた。

     彼女の童謡集は、みな好きだけど
     この詩をのせてみました。

     雨のあと

        日かげの葉っぱは
        なきむしだ、
        ほろりほろりと
        ないている。

        日向の葉っぱは
        わらい出す、
        なみだのあとが
        もうかわく。

        日かげの葉っぱの
        なきむしに、
        たれか、ハンカチ
        かしてやれ。
                   *著者 金子みすゞ 「明るいほうへ」
                    選者 矢崎節夫
                    発行者 大村祐子
                    発行所 JULA出版社

     
          みなさんは、好きな詩人はいますか?

     
プレゼント
     
                 

   これは、息子がプレゼントしてくれたもの。
   
   昨年の春ごろ、ポ~ンと手渡してくれた。
   どうやら、豆腐の携帯ストラップだそうな。
   

   左がわは普通のとうふらしい、右がわは、ごま豆腐らしい。
    (ピンクは紫蘇豆腐でした。教えてくださった方ありがとう。)

   誕生日でもないのに、特別な日でもないのに買ってきてくれた。

                    この頃、わたしは携帯電話を持っていなかった。

                    いつも、テレビの傍においてあった。

                    そのうち、病気をしてから、携帯電話を持つようになった。

                    そして、気づいた・・・デカイ、でかすぎるぞ息子よ。

                    
   そして今度は、今月の3日に、
   この大きな携帯電話置きなるものを買ってきた。

   そして息子は、「母さん、とうふ好きだっていってたから。」
息子よ、わたしは一度も、そんな事いってないぞ。

                         どおりで豆腐ばかり買ってくると思った。

                  
  これには、シリーズがあるらしく、
  どんどん殖えるような気がする。
  はんなり豆腐というらしい。
  どこで買ってくるのか、わたしはお目にかかった事がない。

           みなさんは、見かけた事がありますか?

     DSCN0595.jpg              
    ちなみに、三社参りで、旦那が買ってきましたよ。
    
    もう、無理ですわよ・・・・オホホホ 
                
                かんぜんに、見間違えてる・・・老眼だな                
新年 2008
      みなみなさま、
          明けましておめでとうございます。

          今年も訪問していただけたら幸せです。

          お正月は、どんなふうに過ごされてましたか?

      
        「さ、寒いよ~。し、死ぬ~。」という会話からはじまった元旦。
        わたしの実家の母は、恐ろしいほど寒さに強い。
        
        わたしたち家族が訪れると、
        一応は、部屋を暖めてくれている・・・・・が、
        一通り部屋が暖まると、いっせいに窓を開け放つ。

        やっと暖まって、「ホッ。」としていたのに・・・・。
        なんでなんで~!!・・・
                        母は隣で「暑い、あつい。」と連呼し、
                        さらに、それにもあきたらず、オコタのスイッチを切る。

        ガ~ン・・・めまいが・・・・もう、来てやんね~

        そう思っているのも束の間、
        「おせちを、お食べ~。」
        「おさしみも、あるよ~。」と、母。
        あれやこれやと、テーブルにご馳走が並ぶ。

        そうくれば、おこる気も失せ、

        ビュ~、ヒュウ~、と風さんたちは部屋を自由自在にとびまわり
        わたしたちの頬をぶちのめしていくのでありました。

        兄たち家族が訪れたときに、
        母は兄に怒られ、やっと暖かく過ごすことができました。

        それでも、「そんなに寒くないじゃない。」とブツブツ言っており
        
        母の小さな抵抗・・・風呂場の窓をほんの少し開けたこと。

        これも親孝行、あれも親孝行、・・・・今年も耐える日々が続く。

    まあ、そんな、お正月を過ごし、どこにいってもタラフク食べて
    力いっぱい増量したのは、いうまでもない。なんで、ピースやねん

         こんな、わたしですが、よろしくお願いいたします。

        
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。