FC2ブログ
フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
父の思い出
        「きゅうぞうちゃんのお父さんには、大変お世話になった。」

        父が亡くなった今でも、度々、言われる。

        でも、わたし自身、そう言われても

        「父は凄い」とか、「父は立派な人物」とは、到底思えないのだ。

        以前、お話ししましたが、

        家の中では、大暴れ。

        食事中でも、何か気に障ると、膳(テーブル)をひっくり返す。

        そういう父だった。

        それでも週の大半は、お客さまが絶えない家だった。

        これも、以前お話ししましたが、我が家はが付くぐらい貧乏であった。

        小さいボロヤに住み、食事は質素であった。

        にも関わらず、お客さまが見えると、食卓にはご馳走が並ぶ。

        しかも、小さいわたしは必ず、客の相手をさせられていた。

        子供心に、「なんで、こんなに晩くまで相手をしなければならないのか?」

        「今日も、こんなご馳走、
              夕飯には出てこなかった。」と、思っていた。∑( ̄▽ ̄;)ガーン

        それでも私は、親の言う事を聞き、ニコ二コと笑って相手をしていた。

        そして、お客さまが帰るだんになると、

        父はタクシーを呼び、お金まで払うという熱の入れようだ。

        こういう光景を目にする度、

        「小遣いあげろ~
           小遣い、もっとくれ~。」と、心の中で悪態をついていた。

        決して、お偉いさんの接待などではない。

        ご近所さんにも、同じように振舞う。

        わたしは、うちの親は見栄を張る、どうしようもない人間だと思っていた。

        でも、今思えば、わたしは沢山の親の恩恵に与っていたようである。

        貧乏で、買えるはずもないリカちゃん人形と沢山の着せ替え齢がバレバレ
        
        そして、リカちゃんハウス(みなさんは、当然買うことが出来たと思います)

        カウンター付のお寿司屋さん

        父の友人が、「なんでも好きなのを食べなさい。」と、連れて行ってくれた。

        しかも、帰りはお土産まで持たせてくれた。

        お正月には、たくさんの方からお年玉を頂き、

        集計すると、両手にも入りきらない金額を頂いていた。

        今でいえば、福沢諭吉の顔、顔、顔である。い、今欲しいよ~(>_<)

        こんな事は、日常茶飯事だった。

        田舎から送ってきたと言っては、近所のおばさんたちが

        野菜やお菓子や、いろいろな物を持ってきてくれていた。

        そして、わたしは非常に可愛がられ、

        昔の写真を見てみると、どこから見てもお金持ちのお嬢さんと

        同じ洋服を着ている、・・・・悲しいかな、うちでは買えない。

        母がいつも言っていたな。

        「人に親切にすれば、人に優しくすれば、

         必ず、その優しさが、自分や家族に返ってくるからね。」と。

        きっと、父はそういう人だったんだろうと思う。

        でも、未だに根に持っていることがある。やな奴だな、自分。

        ある日、我が家に北欧調の高級机がやってきた。

        わたしの机は古く、汚い。それで父が私に買って来てくれたと喜んだ。

        しかし、その机は、近所の娘さんの中学の入学祝いだった。

        「お父さん、なぜ、あなたは直接送らなかったのですか?」

        ずっと、ず~っと不可解な父だ。

        「お父さんには、命を助けていただいた。」・・・???

        理由を訊いても、どうしても同一人物とは思えない。

        謎は解明されぬまま、今に至っている。

        もう訊くことができない、

        みなさんは、ご家族と、納得いくまで話されてますか?

        今日は、親御さんとジックリお話ししてみませんか?

        いなくなってからでは、私のように後悔しますよ。

        

        長いながい文章を、ここまで読んでくださって感謝します。(^ー^)V

        
スポンサーサイト



Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.