フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたの「かけら」・・・・・
      我が家の本棚からは、相変わらず、見つけることができない、

      大好きな絵本の、「おおきな木」。

      なのに、また、見つけたよ、シルヴァスタインの白い表紙を・・・・・・・。

      それは、本棚から「ツルリ」と、現われた。

      随分と会っていなかった、旧友との再会のように。

      でも、この作者は、いつも、わたしに語りかけ、・・・・・・・・

      そして、そ知らぬ顔をして、難題を残していく。

      この絵本も、そう・・・・・・。

      いつも一緒で、白い表面に、黒い線と黒い活字。

      単純であるかのような顔をして、わたしに突きつけていく。

      そして、そこで、自分自身と対峙しなければならなくなる。

         おっ

      この、ぼくは、「何かが」足らなくて、・・・・・・・・・

      この、「何」かを探しに旅にでる。


          よっ

      雨の日も、・・・・・・・・・・

      かんかん照りの日も、・・・・・・・・

      雪が積もっていても、・・・・・・・

      この、ぼくは、自分に足りない「かけら」を、探し続ける。


         よいしょ

      やっと見つけても、その、「かけら」は、大きすぎたり、小さすぎたり・・・・・・

      とうとう、このピッタリ合う「かけら」を見つけても・・・・・

      何故か、しっくり来ない。

          コロコロ

      そして、やっぱり、ぼくは、足りない「かけら」を探しにいく。

      

      わたしの、足りない「かけら」は、何だろう?

      まだまだ、探し続けなければならないな、・・・・・この、「ぼく」のように。

      
      あなたの「かけら」は、見つかりましたか?



                                    「ぼくを探しに」
                                    著者 シェル・シルヴァスタイン

                                    訳者 倉橋由美子

                                    発行所 講談社


        拍手コメント下さった方へ
          はじめまして、こんにちは。
          ご訪問いただき、ありがとうございます。^^
          お返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。

          この初版本は、多分、1977年だと思います。
          随分と前ですね。
       
          歌の練習、ガンバリますね。
          ありがとうございます。
          でも、ど音痴なので、息子に、又、怒られることでしょう。(笑

          わたしも、そちらのブログにお邪魔させていただきますね。
          よろしく、お願い致します。


       
       



      

      
         
スポンサーサイト
父よ、父よ・・・・・・・
        今日は、今にも雨が降りだしそうな気配ですな。くもり pkk

        雨が好きな人、・・・・・・・・

        雨が嫌いで、憂鬱になっちゃう人、・・・・・・

        人それぞれ、感じ方が違うよね。

        わたしの父は、・・・・・・・どうなんだろう?どうだったんだろう?

        この頃、幾度となく想うよ、
        わたしは、父の事、ホントに知らないんだな、って。

        これも、わたしが結婚する時に、父から贈ってもらったよ。

             かわいい?

        わたしは、欲しいなんて一度も言っていないんだな。

        ただ、放り投げるように、「ポーン」と、差し出したよ。

        この時も、何も言わなかった父。・・・・・・・・・

        
        そして、いろいろ思い出したよ。

        父は、字が綺麗で、達筆だったな。筆

        器用な人で、何でも作ることができたよ。

        子供の頃、2メートルほどの竹馬を作ってくれた。

        今では考えられないけれど、わたしは、上手に乗り回していたよ。

        竹とんぼも、椅子も、数え切れないほど、作ってもらっていたんだな。

        そして、スプーンや、フォークも。食事

        でも、この思い出は、ほろ苦いものだったな。

        我が家に、遊びに来た友だちを夕飯に誘い、カレーを出して、もてなしたよ。

        勿論、スプーンは、父の手作り。

        次の日、学校に行くと、
        「きゅうぞうのうちは、木のスプーンで食べてるんだって。貧乏くさ~い。」と、
        噂されて、笑い者にされていたよ。はは・・・、貧乏なのは、間違ってはいないけどね。

        それからと云うもの、
        木のスプーンは、可哀想に、(スプーンには、罪はないでやんす。)

        わたしの憎しみの的になっていったよ。

        だけど、今、考えると、あれは、実に秀逸だったな。

        丸みを帯びた、あの、しなやかな形状・・・・・素晴らしいものだったんだな。

        もう、実家にも無いのだろうな。・・・・・ 今ごろ気づいたのか、この親不孝者。怒り

        何でも出来た父、案外、絵を描かせても上手かったんじゃないだろうか?

        (父よ、まだ、もっと、褒めたほうがいいでやんすか?) バカも~ん。絵文字名を入力してください

        美術館や、博物館が好きなわたし・・・・・
                    傍に、直ぐ其処に、芸術家がいたんだな。

        一家に一人、芸術家がいるかもしれないよ。

        ほら、そこにも。・・・・・・・・・ 違うだろ、自分。

        わたしは鼻だけでなく、
        結構、いろいろと似てない処があったんだな。( ̄▽ ̄;)ヘッ

        はははぁ~、まあ、いっかぁ~!!これだから、お前は成長しないんだ。

        父よ、こんな娘に育ててくれて、ありがとう。 がっくり ガッカリしている父の図


        
ちょっと真似てみたよ。・・・・・・
         こちらも、やっと晴れ間がみえてきましたよ。晴れくもり pkk

         みなさんの地域は、いかがですか?

         みなさんの励ましのお陰で、わたしの心にも
      
         雲の切れ間から、一筋の光が射してきました。

         ありがとう。

         ありがとがんす。

         おおきに。

         ありがとさん。

         ありがとな。

         みへでぃろ。

         だんだん。(この方言、ホントにあってるんだろうか?)

         その他の方言は、わかりませんでしたので、

         みなさまに、「ありがとうございました。」を、贈ります。


         そして、ある方のブログにて、

         「お茶」が、美味しいお店を紹介されてました。

         ところが、わたしの処では、

         「お茶」を楽しみ、癒される場所など、知りません。

         それならば、と思いまして、我が家で楽しむことにしましたよ。

           癒されるわぁ~

             こう云う空間も、人には大切なことですな。

             みなさんも、されてみてはいかがでしょうか?

             とても癒されますよ。

             しかも好きなBGMなど流しながら、

             お茶菓子を、いただく、これも、また、一興かと。


今日で、一週間・・・・
          彼の好きなもの。

          大切な家族、・・・・・・・

          焼酎、ホークス、そして、ラーメン。

          彼は苦しみの中で、

          大好きだったラーメンを、「食べたい、食べたい。」と言っていたらしい。

          わたしたち夫婦は、そんな事も露知らず、

          初七日の法要に、彼が好きだったラーメンをお供えしようと持っていったよ。

          そんな事を言われたら、我慢していた涙が、

          また、「はらり、はらり」と、頬をつたう。

          

          今、この時も、いろんな国や地域で、人々が亡くなっている。

          悲しいかな、・・・・・・・・・自ら、命を絶つ人もいる。

          「生きていたい。」と、願った人がいた。・・・・・

          「どんな姿でも、生きていてほしい。」と、祈った人がいた。

          「生きたい。」と、思う間もなく、命の炎が消えてしまった人がいた。

          
          「どうして?」と、悔やむ人がいる。

          「力になれなかった。」と、うなだれる人がいる。

          どうか、自分を大切にしてほしい。・・・・・

          どうか、残された者の悲しみを想像してほしい。・・・・・

          
          悲しいときは、おもいっきり泣けばいい。

          苦しいときは、大声で「助けて」と、叫べばいい。

          必ず、あなたに寄り添ってくれる人がいるから。・・・・・・


          「生きたい、生きていたい、

              生きていてよかった
。」と、思える日が来るから。・・・・・

          ある女性が、言っていたよ。

          「人は強い、希望は消えない。」と、・・・・・・・・・・


          人の命は、誰のものでもない。

          いただいた命を、全うしたいね。

          なぜなら、あなたが其処にいるだけで幸せだから。・・・・・


          今日で、彼が逝ってから一週間が経つ。

          愛する家族は、必死で悲しみを堪えて生きているよ。

          それでも、人はお腹が減るし、・・・・・喉もかわく。

          そんな時でも、可笑しい時は笑うし・・・・・

          嫌なことがあれば、怒りが込み上げてくる。

          そして、眠くもなるのだな。

          それでいいよね。

          わたしたちは、生きているんだもの。

          
          こんな混沌とした世界にも、生きていれば光がみえてくる。

          そうだよね?・・・・・・・・・

          そうだよ。・・・・・・・・

          きっとね。・・・・・・・・・・・



          支離滅裂な文章を、最後まで読んで下さって、感謝致します。


         コメントして下さった方へ。
          申し訳ありません。
          PCに慣れていないのにも関わらず、
          いろんな操作をしていたら、折角、下さっていたコメントを
          消してしまったかもしれません。
          嫌な、気持ちにさせてしまいました。
          本当に、申し訳ありませんでした。
          これに懲りず、訪問してくだされば幸いです。m(_ _;)m


         拍手コメントを下さった方へ
           わたしも、あなた様のブログで、
           学ばせていただいたり、考えさせられたりしています。
           時には、わたしの方が生きてる時間だけが長く、
           恥ずかしいな、と思うことも度々です。
           わたしも、これからも、あなた様のブログに
           お邪魔させていただきますね。


         拍手コメントを下さった方々へ
             Yさまへ
              いつも、ありがとうございます。
              >人類はみんなこんな悲しみを繰り返して
               命をつないできている・・・・・・・。

               そうですよね。
               そして、感情の欠落?・・・・・
               Yさまご自身にはわからない感情が、温かい感情が
               備わってると、わたしは確信しています。
               そうでなければ、わたしは、遊びに行きませんから。
               あっ、また、「そうじゃない。」って、否定しないで下さいね。(笑

             Kさまへ
              拍手コメントありがとうございます。
              この件につきましては、コメント欄は消していますが、
              また、通常通りに戻します。
                 (何か、ツッコミ入れてくれてることを期待 笑

              そうですよね、一日一日を大切に・・・・ね。

             ひさまへ 
              いつも温かいお言葉、ありがとうございます。
              ホントにラーメンが大好きな方だったので、
              今は、あちらの世界で、
              好きなだけ食べているのでは、と、想っております。^^              

          

          
          

          
う、うい・・・・・Wiiが~
       な、何と言うことでしょう。・・・・・・・・・・

       Wiiのスイッチが、・・・・・・・・

       動かない~・・・・・・・

       わたしを拒否してるよ。 はぁ!? な、なんで~!!

       こ、こ、こっ、こっ、コケコッコ~、・・・・  違うだろ~

       こ、こ、こっ、壊れた~???  しつこいぞ、自分。
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・

                            嘘です。

                         えっ、聞こえない?

                         


                         すいません、大嘘です。

       Wiiのスイッチを、ONにしないのは、わらひです。jumee☆shy1 笑って、ゴマカスナ~。

       トドのように動かないのは、わらしです。 どこぞで、見たような・・・

       壊れるどころか、久しぶりにWiiに乗ったら、

       「お久しぶりですね。」って、皮肉を 、いや、優しく迎えてくてたのですな。

       そのうち、「そのお腹は、もう引っ込みません、残念でしたね。」」とか、

       「その、物体は何ですか?」と、足や、おしりを指差され、

       機械?が壊れるな。・・・・・へへへへぇ~

       そして、・・・・・・・・・・

       そうこうしていると・・・・・・・・

       な、なんと、・・・・・・・・・・・

             

       

       足がツッタ。orz
             
       しかも、いつまでも、しびれて震える足は、わたしの思いのままにならず、絵文字名を入力してください

       まるで、がに股で、カニ歩きでして・・・・・・・・・・蟹うふふ

       この姿を、誰かに見られたら、いや、息子にでも見られようものなら、

       一生、笑いものですよ。号泣

       よかった~、家にいなくて・・・・・

       あうっ・・・また、つった

       ウギャッ・・・・・・

        だ、誰か、足の指引っ張って~て~て~  おいどの足じゃ

        
        運動不足もはなはだしく、最近、家の中で、つまづくよ。

        何もない、段差もないようなところで、コケル。

        わたくし、イチからやり直します。

        足が、きちんと上がるように・・・・・・・・んんっ?

        手が、つま先まで届くように・・・・・・・そ、そんなレベルか~い!!∑( ̄▽ ̄;

        兎に角、がんばりますわぁ~。jumee☆peace1

        はたして、本当に、きゅうぞうは痩せれるのか

        しなやかな身体に戻れるのか?(なったことないし)・・・・・・・カミング・スーン


                            あっ、今度は、・・・・背中がつった・・・・ううううっ
             

             
             

      すっかり忘れていましたが、この前の記事の答えです。  知りたい人いるのかい?

      その記事は、こちらですよ。

      


      答えは、「はねるのとびら」でお馴染みの、「キングコング」でした~!!
風になって・・・・・
              きれいだね

               この和菓子のように、人の心が見えたなら

               後悔せずに済むのだろうか?

               いや、そうじゃないな。・・・・・・・・・

               人の心が見えないからこそ、美しい言葉が生まれ、

               人の心のうちを知ろうとするのだな。

               心(人)を気遣う・・・・・・・

               心(人)を思いやる・・・・・・・・

               心を、その人に向ける・・・・・               

               真心・・・・・・

               わたしの心は、悲しみに打ちひしがれていたけれど、

               ここを訪れ、励ましてくださる人がいる。

               皆さまの優しさが、わたしの心に沁みて、体中を駆け巡る・・・・・・・。

               「ありがとう。」としか、言えないけれど、

               この場所があってよかった。・・・・・・・・・

               皆さまに出逢えてよかった。・・・・・・・・・

               本当に、「ありがとう」ございます。

               
               今日は、気持ちの好い天気ですよ。

               風も、緩やかに、たおやかに吹いています。

               わたしも、そろそろ「微笑んで」、

               時を刻んでいかなければ、・・・・・・・・

               生きてる意味も、価値も見出せないな。


               この和菓子のように、心が透けて見えたなら、

               きっと、人間は、この世に存在しないだろう。

               愛のある言霊は、・・・・・・・・・

               人を、わたしを強くする。

               心を込めて、何度でもいいます。

               優しさを、ありがとう

               心に掛けてくださって、ありがとう


             拍手コメントをして下さった方へ
               美味でしたぞぉ。(笑
               ありがとね。

             拍手コメント下さった皆さまへ
              こうやって声をかけてくださる、その気持ちが嬉しいです。
              いつも、皆さまを身近に感じています。
              励ましてくださり、ありがとうございます。
              皆さまのブログで、わたしも学ばせていただいり、
              力をいただいております。



              




               
会者定離(えしゃじょうり)
       会館に流れる、コブクロの「蕾」・・・・・

       「五月の美空は 青く寂しく 動かない・・・・」

       ほんの1ヶ月前まで、あなたは笑ってた・・・・・

       冗談が好きで、よく周囲を笑わせていたよね。

       家族思いで、・・・・・・・・

       娘さんの学校へのお迎えを、嬉しそうに、そして、楽しそうに話していたよね。

       あなたは、ここ何年か試練を家族と共に乗り越えてきた。

       でも、逝ってしまったね。

       まだ、46歳の若さで、・・・・・・・・

       こんなに会館が、泣き声、うめき声で埋め尽くされた葬儀を、わたしは知らない。

       もう直ぐ、火葬場へと運ばなければいけないのを・・・・・・

       棺にしがみつき、「やめて・・・やめて・・・・。」と、抗う妻や、子供たち。

       彼は、無念だったろう。・・・・・

       愛する家族を残して、・・・・・・・

       「肺炎」で入院した、と聞いた時、

       自分の事で、精一杯で、お見舞いにいけなかった。

       後悔ばかりが、頭をもたげる。

       「蕾」は、わたしを支えてくれた唄だった。

       彼にも、支えになった唄であってほしい。

       彼は、「肺癌」の末期だった・・・・・・

       病院に行ったときは、手遅れ。・・・・

       彼の、喉元は、肺からの転移で、膨れ上がっていたよ。

       細くなった顔よりも、それは、大きく醜かった。

       「癌」の恐ろしさと、命の儚さを、改めて知ったよ。

       病は、人を選ばず、疾風の如く、彼を連れていってしまった。

       わたしに出来る事、・・・・・・・

       やはり、検診にいってもらいたい。

       早期発見・早期治療なのだな。

       彼の死を無駄にしてはいけないよね。

       参列者の中で、「検診」と云う言葉がでていた。

       ちゃんと、みんなに届いたね。

       いつも、そこに居たあなたは、もういない・・・・・。

       いろんなHPがあるだろうけど、わたしは「肺癌」を、よく知らない。

       この「ここカラダ」さんのHPに、行ってみてほしい。ここです。
       「08年6月14日」

       わたしは、実の父の時も、覚悟をしていただけに、涙はあまりでなかった。

       自分の「乳がん」告知の時も、泣けなかった。

       母の事故も、驚いたけれど、そこに涙はなかった。

       自分自身の事では泣けないわたしは、ここ何日間、泣き通しなのだな。

       悲しくて・・・・・・・・

       悲しくて・・・・・・・・

       切なくて・・・・・・・・

       切なくて・・・・・・・・

       あの、耳をつんざく嗚咽が、耳から離れてくれない。

       これからは、「蕾」を聞くときは、彼を思い出すだろう。

       載せるつもりはなかったけれど、ここにも彼の生きた証を残したかった。

       いつか、また、笑顔で会おうね。

       ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

       拍手コメントの方へ
        心配してくれて、ありがとう。^^
        まだ、折に触れ、思い出す事もしばしばですが、
        泣いてばかりはいられませんよね。
        これからも、少しでも、
        こんな辛い思いをする人が減ってくれるよう、ガンバルね。
        ホントに、ありがとう。

       拍手コメントを下さった、みなさまへ
        心配、おかけしてしまいました。
        すみません。
        このご家族には、とても善くしていただいて、
        子供も、小さい頃から可愛がっていただいてました。
        それなのに、一番辛い時に、力になれなかった自分が悔しくて、
        情けなくて、・・・・・・・。
        でも、これから、何か手助けできないか、を考えてみます。
        ありがとうございます。
        暗い事が、嫌いな方だったので、
        皆で、笑えるよう努力していきたいと思います。
自分自身との闘い?
        今日の空は、日本晴れ・・・でしたか?

        こちらは、絵の具で塗ったような青い空でしたよ。晴れ

        爽やかな気分のまま、病院(耳鼻科)へ行ってきたのだな。

        午前10時30分、・・・・・・

        予約の時間に“ピッタリ”、・・・・・・・

        良い子でしょう?褒めてほめて~、なんて冗談を云うのもここまででしたよ。jumee☆Feel Depressed4

        待てど暮らせど、名前を呼ばれない。

        耳の聞こえが悪くて、聞き逃したかもしれないと、

        オババの胸は
        「ドッキンコドッキングコング」と、高鳴り。jumee☆shy1・・・・・・・ オイ、違うだろ~

        いやいや、さざなみが押し寄せてくるように、不安になりましたよ。

        なぜなら、時計の針は、12時を指していたからなのだな。

        だんだん、頭が“ボ~ッ”としてきて、・・・・・・ガーンホエ~

        


         ・・・・・・・・・・・・・・寝てしまった。・・・・・・・ゴ~ゴゴ~

         気づいたら、午後1時30分を回っていたな。

         そして、お腹も「グ~」っと、鳴ってしまったよ。謝罪~!

         ようやく、「きゅうぞうさん、どうぞ~。」と、呼ばれ・・・・・

         足がモツレナガラニ、診察室へ。転ぶ ヨタヨタ~ヘロヘロ~

         「この一週間、お薬を飲んで改善されてきましたか?」と、先生。

         わたしは、「はい、耳鳴りが軽減されてきました。」と、早口で返事をしたのだな。
         (早く帰って、何か食べたいんだも~ん。・・・・・ガーンウエッ
         
         「そうですか、それは良かったですね。」と、笑顔の先生。

         「はい、では、お薬と次の予約を入れてくださいませんか?」と、わたし。
         (ト、トイレに行きたくなったよ~。はぁ!? しぇんしぇ~)

          「では・・・・、今日も耳の聞こえの検査をしておきましょうね。

          もう少しだけ、我慢してくださいね。」と、先生。・・・・
                                      ∑( ̄▽ ̄;ヘッ、うっそ~ん!!
        (もう、2時ですよ。・・・・・・ここで、ジャ~ジャ~もら・・乙女としたことが・・オホホ

          そして、検査へと突入したのであった。  ブヒッ

          狭い個室に入れられて、また悪い癖がでてしまったのだな。

          止せばいいものを、妄想列車は走り出したよ。電車電車 ガタ~ン、ゴト~ン

          ここは刑務所、・・・
          「ここから出して~、わたしは無実よ。」と、泣きじゃくるわたし。号泣 とか、

          ここは、お城の屋根裏部屋、・・・・
          あまりの美しさに、義母に閉じ込められた姫君。 とか、

          わたしが、この検査室から忽然と消えてしまう・・・・・・
          その時、看護師さんは、・・・・・・カミング・スーン

          そんな事を考えていたら、集中力に欠けたわたしは、
          また、ボタンを、むやみやたらと押しまくり・・・・・





          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・罰があたった。・・・・・・・・・・・・・・

          左右の聞こえに、異常なほどの開きがあり、おかしいと先生。

          わたしゃ、言えなかったよ。

          妄想して、遊んでただなんて。

          そして、次も検査を入れられてしまった。

          あまりの自分のアホさ加減に、茫然自失。
          
          良い子のみんな、
          こんな事はしちゃダメよ~。
 そんな事をするのは、お前さんだけだ~。

          打ちひしがれてるオババは、恒例のこれを買っちゃった~。

     おっ


          ダーマンも喜んでるぜい。

          少し立ち直ったわたしは、旦那さまに「秘密」を洩らしたのだな。

          その夜・・・・・・・・

          大きなおおきな雷が、わたしの頭上に落ちて砕け散った。

          「神ひゃま、仏ひゃま、しぇんしぇい、旦那ひゃま、もう二度としましぇん。」と、

          堅く誓ったのであった。・・・・・・・orz


          ところで、ここで問題ですよ。

          この文章の中に、お笑い芸人さんの名前が載っています。

          さあ、誰でしょう?

          当たった方には、もれなく・・・・何にしょうかな?

          評判のいい、これか  

          もしくは、わたしの美声とか、あ~あ~あ~
          (耳が腐っても、わたしは、関知しませんので、自己責任でお願いしますね。)


ケセラセラ・・・・
        ふぇっ・・・・ふぇっ・・・・・はははははぁ~
        
        ここまで来ると、笑っちゃうな。ニヤリ キ、気持ちワル~

        へへへっ・・・・へへへぇ~・・・・・・にゃはにゃはにゃはにゃは とうとう・・・・頭が・・・

        

        我が母が、交通事故に遭いましたよ。

        ちゃんと、横断歩道を青信号で渡ってました。しんごう

        死ぬほどの怪我ではなかったけれど、

        これから先のケアが、重要だそうで。・・・・・・

        もう、結構な年ですしね。  ち、違うし~!!

        本人は、至って若い気分でおりましたが・・・・・・、

        車に、「コツン」とあたった瞬間・・・・・

       ピュ~ンと、飛んでった~。

        歯歯 入れ歯がピュ~ン」と宙を舞っちゃった。

        病院へ駆けつけたわたし・・・・
        
        「母は、母は・・ドコですか?」と、尋ねるわたしに、

        「なひ、いってひゅの?わらしは、ここひょ。」と、

        知らないお婆さんが仰っていたよ。

        ・・・・・・・・・・???

        うっ・・・・、ぷっ・・・・・・、親不孝者ですいまそん。絵文字名を入力してください  うひょひょひょ~

        看護師さんの手前、暫くは笑いを堪えるのに必死で、

        入院手続きの説明など、頭に入ってこなかったな。

        しかも、母に車をあてた加害者の方に、

        「きょふは、気にひて寝られなひんじゃなひの?

         気にひない、気にひない。」と、慰めてる母。
        (・・今日は、気にして寝られないんじゃないの?気にしない、気にしない。)

        わたしの心の声・・あ~た、人の事、気にしてるバヤイか~?
                    もう少し、自分の身体を心配しなさいよ!!ヒクヒク ヒクヒクッ 

        まあ、人間、いろいろありすぎると、強くなるものです・・・・

        試練は、乗り越えられる人間にしか与えられないのだな。

        「禍福倚伏」・・・・いい事があれば、悪いこともやってくる。

                   生きてれば、その繰り返しだな。

        わたし、とっても心は元気ですよ。

        もう、・・・「何でも来い、ドンと来い、オラオラ~」と、いった気分ですな。

        いい意味で、開き直っていますよ。jumee☆shy1
          
            
Yukiyanagi 雪柳
       わたしは、Microの「踊れ」を聴きたくて、探していたよ。

       そんな時、この曲に出逢ってしまった。

       「Yukiyanagi 雪柳~We’re watching you~」・・・・・・

       がんばらなくてもいいんだよ。・・・・・・・・

       ありのままの君でいるなら・・・・・

       冬と春つなぐユキヤナギ・・・・・・

       まわりを照らしていた・・・・・

       そして、Microが、なぜ、この曲を造り上げたのかを知ったよ。

       この、HPへ行ってみてください。

              キッズ・セーバー


       そして、一度、この曲を聴いてみてください。

       人は、いろんなものを抱えて生きている。

       でも、時には「心」は、悲鳴をあげてしまう。

       そう、・・・・・・ガンバラなくてもいいんだよ。

       ありのままの君でいるなら・・・・・

       生きてる意味なんてくだらないて決めつけてた・・・・・

       そんな僕を諦めずに励まし続けてくれた人がいた・・・・・

       

       少し、お茶でも飲んで、一息つきましょう。

       わたしも、あなたも・・・・・・。

       決して、独りじゃないよ。

       わたしも、あなたも・・・・・・。




       
こんなものが・・・・
       我が家には、こんな物が“ゴロゴロ”と、転がっているのだな。

       これは、息子の物ではないよ。

       わたしの、趣味なのだな。

       でも、名前は知らない。・・・・・・・・

       先週、スパイダーマン3の、DVDを観たよ。


             DSCN1223.jpg

        「ちょっくら、そこまで行ってきま~す。」と、

        一寸法師スパイダーマンと、リトル星野は、旅にでたよ。舌かみそうでやんす。

             DSCN1229.jpg

        お風呂に入って、

        くつろいでいる、一寸法師スパイダーマンだから、舌かむってば。

             DSCN1235.jpg

            「俺たちって、もてないよな。」と、

            慰めあうダーマンの仲間たち。ダ、ダーマンって、極端だな、自分。

                   DSCN1240.jpg

                    ちょっと休憩するダーマン。

               DSCN1242.jpg

             オルガン弾きの、ダーマン。

               DSCN1254.jpg

             怪獣と戯れる、マン。オイ・・・、なんでや。

             さて、ここで問題ですよ。

             「まっこと、あやかしいけんど、おまんさん、

              僕が、何処にいるか、あててみんさい。」・・・by坂本竜馬

                  DSCN1249.jpg

             いい年をして?って・・・・・・・・

             結構、可愛いでしょう?わたしいや、この子たち。

             たまには、「ボーッ」として、・・・・・

             「変なオババだな。」と、笑ってやっておくんなまし。(*^m^*)ぷぷぷっ


             
新たな敵がやってきた。
         DSCN1210.jpg

          わたしの心は、この空のように澄みわたっているよ。

          昨日、病院へ行ってきたのだな。

          ご心配いただいた皆みなさま、最初に結果報告をさせて戴きます。

          「ホルモン療法」は、続行できる運びとなりました。

          みなさまの、「心」が、「祈り」が、届きましたよ。

          ご心配おかけしました。・・・・・・・

          本当に、ありがとうございました。m(_ _)m

       ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

        夜中、胃の痛みで、寝ることが出来なかったな。

        検査の朝、軽い吐き気と闘いながら、病院へ足を運んだよ。

        やはり、精神的に参っているのかな?・・・・・・

        そんな事を思いながら、耳鼻科の待合室へ・・・・・。耳

        わたしは、今日の為に、自分なりに訓練をしてみたよ。

        腕時計の秒針を、耳を澄ませて聴いてみたり、・・・・・・・・

        「聴覚検査」のとき、ボタンを押すのだが、

        遅れをとってはいけないので、「パッ」と、押す練習をしたり、・・・・・

        座禅を組み、集中力を高めたり、・・・・・・

        しかし、・・・・・・「きゅうぞうさん、どうぞ。」と、呼ばれた先には、

        鼓膜の検査、

        血圧の検査(寝ているとき、サッと起き上がったとき、立っているとき)、

        これを、10分間隔でおこなったよ。

        もちろん、聴覚検査も行なったな。

        涙ぐましいまでの(自分なりですが・・・)訓練が、

        ここで発揮される・・・・・・・

                  予定だったのだが、・・・・・・甘くはなかったよ。

        「さっぱり」わからないまま、やはり姑息な手を使ってしまったな。

        いたるところで、ボタンを「プッシュ、プッシュ」したよ。

        「これで大丈夫。」などと、ほくそ笑んでいたら、(*^m^)へへへ

        「次は、レントゲンを撮って来て下さい。」と、

                     看護しさんの声が・・・・∑( ̄▽ ̄;ゲッ

        我が主治医は、「音」の検査だけだと言っていたよな???

        そして、重い足取りで、レントゲン室へ。

        耳のレントゲンって、

        あんな格好や、こんな格好をさせられるのね。全然、わからんぞ~、自分。

        ふと、時計を見あげた。・・・・

        10時過ぎに、病院に来たはずが、もう、時計の針は、2時を指していたよ。

        もう、ここまで来たら、開き直るしかないだろう。・・・・・・

        そうこうしていると、・・・・・・

        「きゅうぞうさん、どうぞ。」と、耳鼻科の医師が、呼んでいる。

        その医師の、口の動きだけが見える。 オイ、違うだろ。

        「ハッ」と、我に返ったよ。 寝てたんかい。

        その医師によると、・・・・・・

        ①幼い頃、中耳炎に罹ったことが原因で、聴覚が、落ちていること。(4回ほど)

        ②平均年齢よりも、聴覚の衰えがあり、

         グラフにすると、
         これからも下降線を辿るらしい。(エッ、むやみやたらに押したのに・・?)orz

        ③極めつけが、どうやら「メニエール病」だそうな。

        そして、医師は、こう付け加えたよ。

        「ノルバの副作用からくるものでは、ありません。」

        わたしは、喜んでいいのかな?・・・・・

        まあ、いっか~、明日は明日の風が吹く~。やっぱり、軽い、軽すぎるぞ~、自分。

        しかも、この先生、我が主治医に、わざわざ電話を入れてくださり、

        結果の報告をしてくださった。

        おまけに、「薬の中止は、がん患者に精神的苦痛を与えます。

               ノルバが、続行できて良かったですね。」と、仰った。ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

        どこぞの、主治医とは心が違うよ~。

        耳鼻科の先生から、
        こんな優しい温かい言葉をいただけるなんて思いもしなかったな。

        そして、躊躇していた「医師アタマ」を読んでみようと、

        この先生の顔を見ながら、考えていたな。

        これからは、服用する薬も増えていくけれど、

        これでいいのだ、これが、「わたし」なのだな。

        そして、これだけの検査をしたにも関わらず、「ゾラ注射」よりも安かったよ。

       DSCN1212.jpg

        恐るべし、「ゾラ注射」・・・・

        そして、思ったよりも安かったのと、中止回避のお祝いに・・・・

       DSCN1216.jpg

        また、買っちゃったよ~。jumee☆shy2 照れてる場合なのか?

        アッ思い出した、

          胃の痛み、・・・・・

             夜中に「コッソリ」ドーナツを盗み食いしたからだ~!!( ̄ ▽  ̄;ヘッ



                     たいへん遅くなりましたが、この前の答えですよ

                     その記事は、こちらです。

                     前者は、茂木健一郎氏

                     後者は、美輪明宏さんでした。

                     「人生賛歌」という本で、

                     齋藤孝氏と対談されています。

                     人生に於いて、ひとつのヒントになるかもしれません。

                     当たった方は、いらっしゃいましたか?

                     どうも、わたしの「チュ~」は、不評だったようですな。jumee☆Feel Depressed4


          わたしが、頑張れるのは、みなさんのお蔭です。

          ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

やってみませんか?
         いつも、ここへ訪れてくださり、

        まことに、ありがとうございます。m(_ _)m ぺこり

        わたしは、「乳がん検診」を訴えてきましたが、

        みなさんの中には、不安や恐怖心など、多々あるようです。

        それならば・・・・・

        歯磨きや、食事を摂るように・・・・・ハブラシ 

        乳がんの「自己検診」を、習慣にしてみませんか?

        ヒトツキに一度、自己検診をされるだけでも違います。

        やり方がわからない?

        それならば、いろんなホームページがありますが、

        先ず、ここのHPに行かれて見てください。乳がんHP

        詳しく教えてくれますし・・・・

        乳がんの詳しい情報を知ることができます。

        乳がんは、痛みがないと、ニュースなどで伝えられておりますが、

        人それぞれのようです。

        現に、わたしは酷い痛みを感じていました。

        ここへ訪れてくださった方の中に、

        1、最近、片側だけ肩こりがヒドイと感じていらっしゃる方。

        2、片側の背中が痛む方。

        3、腕が上がらない。首がまわらない。

        これらの他にも、いろいろありますが、

        こういう症状が、シップを貼っても、運動しても治らない方は、

        一度、自己検診をしてみませんか?

        ここに訪れてくださった方で、男性の方なら、

        奥さまに、恋人に、お母さまに、娘さんに、ご姉妹に勧めてみませんか?

        この一歩から、始めてみるだけでも、

        少しの安心を手に入れることができると思います。

        どうか、愛する人の命を・・・・・

        どうか、ご自分の命を・・・・・・大切にされてください。

        どうか、どうかお願いします。

     追記 稀に、男性の方も、「乳がん」に罹る方がいらっしゃいます。

         奥さまや、恋人や、お嬢さん、ご姉妹の方と一緒に、

         「自己検診」を、されてみませんか?

         身近にいらっしゃる女性の方々に、心強く思われ、

         「乳がん」というものを知ろうと、考えてくれるキッカケになるのではないかと、

         期待しています。

      もうひとつの追記

        わたしの呼びかけに、もうお一方(あかねさんと)、「検診」に行ってくださり、

        その体験を、ブログに載せてくださった方がいらっしゃいます。

        その方は、kimmysさんといわれる方です。

        とても詳しく、分かりやすく説明してくださっています。

        kimmysさんブログは、こちらです。

         この体験記を読まれて、「行ってみようかな?」と、思われませんでしたか?

         決して、マンモグラフィーは、怖いものではありません。

         むしろ、わたしのように乳房を失うことの方が、怖く悲しいことです。

         これを読んで、「検診」を、考えてみていただけたら幸いです。


      

今がチャンス?
      某新聞で、ある方のコラムが載っていたよ。新聞紙

      「創造性を発揮するためには、

       脳に、ある程度の空白を与えることが必要。」だそうな。

      ニュートンもしかり、ダーウィンもしかり、 barca 

      大発見を成し遂げたのは、この「空白」の時間だったらしい。

      どうやら、人間には「ボーッ」とする時間が必要なのだな。

      そこで、自分は?・・・・・と、考えてみたよ。jumee☆think1

      脳の活動には、「メリハリ」が大切らしいが・・・・・・

      年中無休で、「ボーッ」としている事に愕然とし・・・・・・

      本だけが増えていく、その本棚に目をやり・・・・・

      「そうだ、明日から読みあさる事にしよう。」と、決心したな。オイ、今日からにしろ。

      そして、もうお一方、専門分野も職業も違うが、

      「人は人生の中で、上手くいかない時期もある。

       そういう時に、どうして?と嘆いたり、動きを止めてしまう。orz

       でも、この静の時間を有効に使うことができる人は、

       未来を見越して、成功へと導くことができる。」と、説いているよ。jumee☆shy1

       一見、この二人が言われていることは異なるように感じるが、

       前者の方は、「脳」の科学(神経)から述べられ・・・・・

       後者は、精神論から述べられていらっしゃる。

       この2つを融合させると、自ずと見えてくるものがあるな。

       わたしにとって、今が「チャンス」なんだと。jumee☆peace1

       映画を観るのもいいだろう・・・・・・jumee☆movie1b

       近所を散歩するのもいいかもな。・・・・・

       読んだこともない本のジャンルに、挑戦するのもいいだろう。

       日向ぼっこをして、「空想」を楽しむのも、また一興。

       答えは、自分自身のなかにあるのだな。

       さて、前者は誰でしょう?

       後者は?jumee☆whyL

       あっ、当たっても何もでないですけど。 相変わらずズルイな、お前さん。

       ズルイと言われたら、女がすたる。

       いつもの、「あれ」でいきますか・・・・・・。




       こんなのがいい? それとも、こんな感じ?

       まだ不満?それじゃあ~、これは?KISS ウギャ~、誰もいらんだろう。

       さて、誰に、この熱烈なチュ~が贈られるのか、こうご期待!!(*^m^)ぷぷっ

     
日曜日のドラマを忘れていたな。
        最近、道を歩いているとき、 

        車移動しているとき、 zoomzoom001

        感じる違和感。・・・・・

        人は、いつから避けることを忘れてしまったのか?

        日本には、人に「譲る」という、美しい行為があったはずだよな。

        今では、真正面からぶつかって来ても謝るということをしない。

        この、日本の現状を知ったら、・・・・・・

        この女性は、どう感じるのだろう。

        一滴の血を流さず、これからの時代に道を譲った女性・・・・その名を、篤姫という。

        大河ドラマ「篤姫」
        
        この時代を、わたしは一等好きなのだな。

        今の、日本の土台を築いた時代。

        礼節を重んじた時代。

        そして、人の血を、最も流した時代でもある。刀

        幕末に活躍したといへば、

        坂本竜馬、西郷隆盛、桂小五郎(後の木戸孝允)などの名が挙げられるが、

        今回の大河ドラマは、篤姫(宮崎あおいちゃん)と、

        その幼馴染の肝付尚五郎(瑛太くん)を軸に描かれます。

        尚五郎は、幕末の知られざる英雄、のちの小松帯刀、その人である。

        詳しい内容は、このHPへ。

        このドラマの中で、於一(のちの篤姫)が、島津斉彬の養女になるのを

        迷うシーンがある。

        その迷いを、幼少の頃から育ててきた菊本が、

        「女の道は一本道。

         引き返すは恥にございます。」と云うセリフがある。

        この言葉を胸に、波乱万丈の人生を突き進んでいくのであるが、

        今の日本は、「何か」を失おうとしているような気がしてならない。

        宮崎あおいちゃんが、生き生きと篤姫を演じていて、

        有名な、江戸の「無血開城」に至るまでの、人生は興味深い。

        この女性がいなければ、どうなっていたのだろうか?

        しかも、瑛太くんは、「ラスト・フレンズ」とは、又、違った

        頼もしい、心の広い人物を演じているのが、清々しい。

        

        そして、日曜劇場「猟奇的な彼女」
        
        出演している俳優さんは、皆、素晴らしい方ばかり。

        申し分ない・・・・・・が、

        これは、ラブコメディーだということも承知しているのだが・・・・・・

        どうしても、高見凛子(田中麗奈ちゃん)の行動が理解できない。

        しかも、眞崎三朗(草なぎ剛くん)の、優柔不断ぶりも、

        女性としてどうなんだろう?

        例え、三朗(剛くん)が「ピーーーーーーーーーーー」でも、

        凛子(麗奈ちゃん)が、「ピーーーーーーーーーーー」だとしても、

        *ピーーーーの中に、入れる言葉はご想像にお任せいたします。

        このドラマの詳しい内容は、こちらのHPへ

        わたしの愛する中居正広が、jumee☆shy2ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

        オモシロいというからには、

        観つづけなくては、ならないでしょうな。  もしもし、そんな事で決めるのか~、自分

                                  その通りでございやす。 わっちは、愛する

                                       人の為ならば、例え火の中、水の中~

                                       
                                  あ、あち~大泣き

        もう一つの理由は、上川隆也さんがご出演ということと、

        な、なんと佐々木蔵之介さんが(絶対彼氏にもご出演)ここにも~~~。

        このドラマは、好きか嫌いか、二手にわかれそうだな。

        さあ、いよいよ今日から「CHANGE」が、始まりますが、

        待っただけのことはあるのか?・・・・・・・ジャジャジャ~ン        

        

        
わたしの秘密
       わたしを片時も離れず、見つめているものがいる。

       それは、旦那さまでもなく・・・・・・

       息子でもなく・・・・・・・・

       友人でもない。

       わたしの恥ずかしいことや・・・・・

       あんな事や・・・・・

       こんな事・・・・・・

       誰にも言えない悩みや・・・・・

       わたしの音痴な歌を、静かに聴いてくれている唯一のもの。

       それは・・・・・

       そこの・・・・・





                   DSCN1146.jpg

                     クリックすると大きくなります。

              彼らに、喋れる口があったなら・・・・・・

              わたしは、彼らの言いなりだな。

              彼らとは、もう15年以上の付き合いだ。

              テレビに向かって、「中居く~ん」などと、猫なで声で囁き・・・・

              Wiiで、バランス年齢が7歳から9歳に加算されてしまった後の、

              わたしのオゾマシイ叫び声とか・・・・

              ときどき、ひとりで変な踊りを踊っては・・・・・・

              ケラケラ笑ってしまう姿とか・・・・・

              挙げれば、きりがない。

              ある日、旦那さまが「昼間はひとりで何してんの?」と、聞いてきた。

              わたしが、彼らを「チラッ」と盗み見たのはいうまでもない。

              あなたも、そこの彼らに見られてるかもしれない。・・・・ギャ~

                                       

                                 ウキッ 
                                      相変わらずアホですな、自分。
                                  


       
ありがとう~。
      わたしの、久々の落ち込みに、

      優しい、愛あるコメントをくださった方々、・・・・・・

      「そっと」、見守ってくださった方々、・・・・・・・

      本当に、ありがとうございました。m(_ _)m フカブカ

      わたしは、もう大丈夫です。

      わたしは、独りではない・・・・・

      わたしは、いろいろな方に支えられ生きているのだと、

      改めて感じることができました。

      これからの一週間、前向きに考えていこうと思っています。

      そして、早速、考えましたよ。

      聴覚検査のときに、聞こえなくても

      取りあえず、ボタンを「ブチブチ」押してやろうかと、姑息な事を考えておりますよ。

      この軽さが(ホントは実に重いのですが・・・)わたしなのですな。jumee☆pig1 ブヒブヒ

      そして、わたしは「早期発見・早期治療」、

      検診の大切さを、訴えてまいりましたが・・・・・・、

      少しずつではありますが、賛同してくださり、自ら「検診」を受けてくださり、

      しかも、ご自身のブログに載せてくださった方がいらっしゃいます。

      以前、嬉しいことがあったと、お話しした出来事です。

      わたしの文章は、稚拙で、なかなか人に伝わらないのではないかと、

      いつも危惧しておりました。・・・・が、

      載せてくださった方の文章は、とても素晴らしく、

      いろんな思いが伝わってきます。

      わたしのようなガン羅患者よりも、身近に感じられる言葉で伝えてくださいます。

      どうぞ、読まれて見て下さい。

      他の記事も、とても楽しく、美味しいものをたくさん紹介して下さっていますよ。

      この方は、あかねさんといわれる方です。ここが、HPですよ

      その他にも、手助けしてくださる方が、名乗りをあげてくださいました。

      「検診」に行くからねと、言ってくださった方 ・・・・・・

      改めて、この「検診」を、考えてくださった方・・・・・・、

      この支えがある限り、前を向いて歩いていかなければ、と思っています。

      本当に、みなさん、ありがとうございます。

      これからも、「しつこく」検診の大切さを訴えていこうと

      今、「オババ」は、新たな力をみなぎらせておりますよ。

      わたしのように、一生、不安を抱えて生きていってほしくありませんから・・・・・。

      みなさん、覚悟しといてね~!!

              オホホホオホホホオホホホ~にゃはにゃはキ、キモイ




      
天をあおぎ見る・・・・
       きのうは、病院の日でしたよ。

       いつもの病院の廊下・・・・・・・、

       ざわめく人々の様子・・・・・、いつもと、何ら変らない。

       検体検査(血液検査)を、無事に済ませ、主治医のもとへ。

       ほとんど待つこともなく、順番がまわって来たよ。

       そして、いつものように「ゾラ注射」を、お腹に“ブチッ”と打ち、注射Y

       主治医が、

       「体調はどうですか?」と、聞いてこられた。

       わたしは、

       「副作用のオンパレードです。」と、応え、

       よせばいいものを、

       「最近、耳の調子が悪いのです。

        耳が覆われた感じで、しかも耳鳴りもします。

        そして、聞こえが悪くなっているようなんですよ。アハハ」と、言ってしまった。

        その途端、主治医は、

        「耳鼻科に予約を入れましょう。

         嘔吐や、めまいは薬が終われば、症状も改善されます。

         しかし、眼や耳は、そうはいきません。

         取り返しのつかない事になってしまいます。

         もし、聴覚に異常を見つけることになれば、

         注射も、薬の服用も中止した方がいいと思います。」と、おっしゃった。

         軽く考えていたわたしは、

         「え、え~、中止ですか?」と、驚き、

         この1年半、副作用にも耐え、頑張ってきたことを

         切々と、主治医に訴えたのですな。

         しかし、一刀両断にわたしを、「バッサリ」と、切り捨てたよ。刀

        「注射も、ノルバ(飲み薬)を服用しても、

         再発率は、0じゃありません。

        わかってはいたけど、そんなに「ハッキリ」と、言わなくても・・・・と、わたし。orz

        身体の弱いわたしは、抗がん剤はやめにし、

        幸いにも、ホルモン療法を選択する事ができた。

        ブログを回っても、わたしほど副作用の酷い方をみたこともなく、

        「あと、もう少しだ、がんばれ自分。」と、言い聞かせてきたよ。

        でも、来週、耳鼻科の検査に異常がみられたら、

        この努力は、泡と消えていくのだな。泡

        久しぶりに、落ち込んだな。

        いつも通りに、会計を済ませ、・・・・・・

        今日も、こんなにかかってしまったよ。

           DSCN1199.jpg

            この負担も、来週で終わるかもしれないな。

            無性に、自分の身体が腹立たしく、

            不安が、波のように押し寄せては消え、また、押し寄せてくる。

            何度も繰り返す、・・・・「再発率は、0じゃない。」・・・・ブツブツ

            癌という病に、一度かかってしまったら、一生ツキマトウ不安。

            特に、乳がん患者は、「安心」を手に入れるのに、随分かかるのだな。

            そんな事を考えながら、ふっと、空を見上げた。

            いつもの、青い空は「そこ」にあったな。

            その空の向こうに、・・・・・

           DSCN1208.jpg

            「生きたい」「生きていたい」と、

            願いながらも亡くなっていった方々を、想い、感じることができたよ。

            わたしの場合、決まったわけでもなく・・・・・・

            もし、結果が悪くても、何かいい方法があるかもしれない。

            あと一週間もあるよ。

            そう、一週間もあるよね。

            わたしは、まだ、この大地に立っているんだ。

            

            と、いうことで、やけ酒ならぬ、やけ食いを・・・・・

            いやいや・・・・・自分に、叱咤激励するために、

            ド~ンと、買っちゃいました。

       DSCN1203.jpg

         残されたものが落ち込んでどうする!!

         さあ、いざゆかん。

         わたしの乗ってる船が、例え「泥船」でも、

         何か、いい考えがあるはずだ、いや、ある。

         そうですよね、みなさん。



            
うぇ~、うぃ~、フィット
        今日で、連休も終わりますね。

        お天気も、快晴のようですな。晴れ

        みなさんは、何処かに行かれましたか?

        そこの、お父さん、“グッタリ”してますよ。ガーン

        め、眼が虚ろですよ。目

        お疲れさまです。・・・・・

        我が家といへば、・・・・・・

        あることを、ず~~~~っと、やっていましたよ。

        その前に、・・・・・・

        わたしは、この1年、コソコソと、・・・・・

        いやいや・・・コツコツと、小銭を貯めてまいりまして、

        とうとう・・・・

        DSCN1184.jpg

                  DSCN1185.jpg

        DSCN1186.jpg

         4万円ほど、貯まりましたよ。

         貯金すればいいものを、以前から欲しいと思っていた、

         これを買っちゃいました~。jumee☆shy1

         



         DSCN1189.jpg

          お金も、アッと、いう間に、羽を生やして飛んでいきましたな。出費

          でも、健康のためでござんす。

          そして、先ずは身体のバランスを測定したところ、

          左側に傾いているらしい(術側、関係あるのかな?)のですな。

          しかも、「バランス年齢」は、実年齢よりも、7歳も上でしたよ。∑( ̄▽ ̄;)エヘ
          
          だけどもだけど、

          ホントは、80歳ぐらいじゃないかと危惧していたのですな。違うし~
          
          良かったよかった~。 よくないわ!!自分大泣き

          これから、スリムなボデイになるべく、地道にガンバリますです、はい。

          ところで、旦那さまといへば、・・・・・・・

          こっそり、こんな物を買ってきやがって来まして、オホホ・・・

          休み中、わたしを「ホッタラカシ」で、やってましたよ。

            DSCN1196.jpg


             なかなか釣れず、イライラしておりまして、

             「がんばって~ファイト~」と、わたしの心無い声援にも、

             「大物を釣ってみせるぜ!!まかせとけ~。」と、

             ますます燃えてしまいまして。

             こんな事なら、ホッテおけばよかったと、反省の日々でしたな。jumee☆Feel Depressed4

             主婦の身としては、本物の生きてる魚さんの方がいいんですけどね。

             こんな、オモシロくもない連休を過ごし、

             よかったことと云えば、ホークスの連勝ですかな。jumee☆peace1

             それと・・・・これは、また今度お話ししますね。

             嬉しくて感動して、「鬼の目にも涙」でしたよ。

             では、あと数時間ですが、お休みを満喫されて下さいね。


「87%」
         昨日、わたしは、女優の夏川結衣さんを、大好きだといいました。

        彼女の出演するドラマは、よく観ています。

        最近、記憶に新しいのは、「結婚できない男」ですが、

        わたしの中で、イチバン記憶に残っているのが、

        2005年の1月に放送された、「87%」と云う、ドラマですな。

        シングルマザーの彼女が、乳がんになってしまうのです。

        いろんな不安を抱えながら、前向きに生きていくというお話しです。

        詳しい内容は、こちらのHPへ

        このドラマを観る前から、多少の不安はありましたが、

        観たキッカケは、やはり夏川さんが出演していたから・・・・、

        この「87%」という数字は、

        乳がんの初期の、5年生存率を現しています。

        最近では、多少、この数字にも変化があるようです。

        このドラマで、はっきりとマンモグラフィーというものを認識し、

        医療費の負担

        術後の抗がん剤や、薬での副作用を知ることとなりましたが、

        わたしも、みなさんと一緒で、「わたしは大丈夫」と、思った一人でした。

        ドラマよりも過酷な現実

        乳がんになってしまうと、一生、再発の不安を抱え、

        生きていかなければならない、精神的苦痛。

        わたしは、幸いにもホルモン療法を受けることができました。

        でも、この薬の副作用は、想像にがたくないほどのものでしたよ。

        以前にも、書きましたが、・・・・・・・・・

        嘔吐、身体の関節や骨の痛み、

        歯ぐきの腫れや、出血。

        頭痛、乳房を失った喪失感・・・・・・・・など、まだあります。

        わたしのようになりたくない方、

        どうかどうか乳がん検診に行ってください。

        「」という文字を見て、心がしめ付けられる思いをしたくないでしょう?

        現在、初期、または0期だと、

        手術をしても、再発率は3%、しかも、殆どの人が完治する。

        どれだけの医療費がかかるか、

        身体の苦しみだけでなく、家計も圧迫してしまう現実。

        少しの勇気と、たった数時間の拘束。

        これで、あなたの命が守られるならば、たいした事ではないでしょう?

        ドラマでは表すことの出来ない、「乳がん患者」の悲痛な声を聞いてください。

        何度もいいます。

        検診へ行ってください。

        日本人は、がん患者2人に1人の時代です、

        乳がんは、最も見つけやすく、本人が意識できれば

        ご自分で「しこり」を発見できる、稀有な癌です。

        数年の歳月を費やして、私たちの身体を蝕んでいきます。

        どうか、大事な家族がいる方

        愛する、わが子や恋人、奥さまがいらっしゃる方々、

        「検診に行こう」と、散歩に誘うぐらいの気持ちで、誘ってみませんか?

        まだまだ、日本人女性は、奥ゆかしく、恥ずかしがりやが多いのです。

        欧米などの検診率は、70、80%です。

        どうか、日本女性が賢婦人であり、素晴らしい認識を持っている事を

        世界に知らしめてみませんか?

        命があってこその、人生です。

        死亡率が減らない現実を、あなたは、どう思われますか?

        「まだ、大丈夫。」なんて、ありえない。

        罹ってしまってからでは、遅いのです。

        これからも、みなさんが笑顔で、生きていってほしい。

        これが、乳がん患者の願いです。

        ここまで読んで下さった方々に感謝いたします。

        「しつこいよ」と、思われた方、

        まだまだ、わたしは「しつこいオババ」です。

        これからも、声を大にして言っていきたいと思います。

        あなたの、その笑顔を失わせたくないから・・・・・・・・・・・・・。

        わたしの術後の姿はこうです。こちらの記事へ


        こんな姿には、なりたくはないですよね?

        このような姿になってからでは、遅いのです。




土曜日のドラマ
          きょうは、実に暑い・・・・・。jumee☆sweat1Lr

          自然のあらゆるものが、崩壊してきた感がありますな。

          今日から、連休の方々もおられると思いますが、

          楽しく過ごせるといいですね。  

          「お父さん、ガンバレ。」

          「お母さんも、ガンバって。」

          「子供たちは、めえイッパイ楽しんで。」・・・・・・・(≧∀≦)

          我が家の旦那さまは、今日も仕事ですな。ハハハ・・ハァjumee☆Feel Depressed4イジイジ

          今日は、土曜日のドラマですな。

          「トップセールス」ですよ。

          これも、わたしの大好きな夏川結衣さん、ご出演。

          昭和49年・・・・・

          女性は、25歳までに結婚して、結婚退職することがあたり前の時代。

          この主人公は、

          大企業の女性社員から、自動車販売会社に転職するという異色の経歴。

          この女性が、社長までに上りつめていく「女性一代記」のお話し。

          団塊の世代には、共感できる場面が多々でてきますな。

          今まで苦労して、この社会を造り上げた方々には、

          このドラマは、どういうふうに映るのだろうか?

          詳しい内容を知りたい方は、どうぞ、こちらのHPへ。

          夏川さんは、こういう役をさせると右に出るものはいないと思う、今日この頃。

          人が苦しみながらも、必死で努力し、

          階段を、一段いちだん上っていくさまは、美しい。

          蟹江敬三さんも、いい味だしてますよ。

          そしてわたしは、体力をつける為に、歩くことから始めようと思いまして、

          こんな物を購入しましたよ。

       DSCN1179.jpg

          このジャージ、店の中では、いい感じだったのだけど、

          こうやって見ると、顔は「オババ」、頭は「オカッパ」

          そして、こんな派手ハデなジャージを来て歩くのは・・・・・・。orz

          あっ、そうだ、あの人に着てもらおう!!jumee☆peace1

          「ごくせん」の、ヤンクミだ。

          今回ヤンクミは、どんなオシャレなジャージ を着るのか?

          何度、着替えるのか?ジャジャジャジャ~ン

          乞う、ご期待!!・・・・・・・・ そっちか~い!!
          
          そして、このシリーズも、第3シリーズですな。

          このドラマから巣立っていった若者たち。

          松本潤くん、小栗旬くん、成宮寛貴くん、

          松山ケンイチくんも、出演してたんだな。

          速水もこみちくん、小池徹平くん、水嶋ヒロくん

          そうそうたるメンバーばかり。

          今や、みなさん大活躍ですな。

          おっと、今や「おバカ」キャラの、

          上地雄輔くんもでてたんだな~、気づかなかったよ。

          今回も、不良揃いの3年D組

          生徒たちを、信じて守っていく、「ヤンクミ」こと、仲間由紀恵さん。

          相変わらずの名セリフ、「こいつらの担任の先生だ~・・・・」は、健在ですな。

          そうそう、「トリック」からのお付き合い、

          いいコンビの、この2人。

          さるわたり・・・

          いや、さわたり(猿渡)五郎と、ヤンクミの絶妙な「ボケ」と、「ツッコミ」・・・(違っ

          これも、このドラマの見どころですな。

          このドラマは、こんなだよ、HPはこちらへ

          さあ、この中から、スターが出てくるのか・・・・ やっぱり、そっかい!!

          そろそろ、新ドラマの紹介や、感想も終盤に差し掛かってきましたよ。

          寂しいような・・・・・・

          えっ、まだ新ドラマがある?

          そうでしたな。

          これだけ待ったのだから、オモシロいといいですね。

          それでは、このへんで・・・・・・

          ごきげんよう。・・・・・・・・・・・


                               つづく・・・かな?
金曜のドラマ
        この連休は、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

        ところで、わたしは「オカッパ」になってしまったと、書きましたが・・・・・

        旦那さまは、お詫びにと、アンパン2個を買って来てくれましたよ。

        わたしは、アンパンは大好きですよ。

        アンパンに、恨みなど、もうとうありません。

        しかし、アンパンで誤魔化そうとしやがった・・・その根性が気にいらね~

        ケーキはどうした~~・・・・・
       
        はぁはぁ・・・・ゼエゼ~・・・・す、すいません。興奮してしまいました。

        まあ、しょうがないから、こっそり自分で買いましたよ。(≧∀≦)

        これです。

       DSCN1174.jpg

       デカ・・・・隣にいるのは、わたしです。ウフフやっぱり、脳みそがない模様ですな。

          ソトは「カリカリ」、中のクリームの美味なこと~、たまらん、たまらん。

          えっ、ドラマのはなし?

          そうじゃった、そうじゃった~。 違うし~

        では、金曜日のドラマ 「パズル

        このドラマ、脚本は蒔田光冶さんですよ。

        ご存知ですか?

        あの「トリック」を書いた脚本家ですな。

        だから、雰囲気も好きな感じで、

        事件が起きてからの、鮎川(石原さとみさん)の推理力や、ボケぶり

        イケメンパラダイスのあの学園にいた、3人の男子。

        山本裕典くん、木村了くん、永山絢斗くん(あの学園にいたよね?)

        詳しい内容は、こちらのHPへ


        でもね、「トリック」ファンとしては、

        上田次郎(阿部寛さん)のようなキャラクターが、ほしかったな。と、

        勝手に思っていますな。

        みなさんは、どう思われますか?

        そうそう、今日は武田信玄が登場ですな。・・・もとい、市川亀次郎さん、ご登場。

        どんな事件が起こるのか・・・・

        鮎川たちは、事件を解決して、金銀財宝を手に入れることができるのか・・・。

                        ドンドコドコドコ~太鼓ドコイクノ~

        
        そして、金曜ドラマ「Around 40」~注文の多いオンナたち~ 

        どこかで聞いたネーミングだな。

        そうそう、宮沢賢治の「注文の多い料理店」だよ。

        と、云うことは、さ、最後は・・・・・・ぎゃ~  オイ、話しがズレてるぞ、自分。 
        主演、天海祐希さん

        40才を目前にして、仕事、恋愛、結婚、出産などに焦りを感じ始めている女性を、
        男らしく女性らしく演じてらっしゃいます。

        このドラマの詳しい内容を知りたい方は、こちらのHPへ

        3人の女性を軸に、このドラマは進んでいきますよ。

        この、女性たちに、あなたは当てはまりますか?

        松下由樹さん演じます、専業主婦の竹内瑞恵・・・・・

        あんまり、共感できないな。

        でも、イケメンに会った時、「ドキドキ」するのは、わかるわぁ。 わかるんかい!!
        
        さあ、今日はどうなるんでしょうか?

        岡本(藤木直人さん)と、崖っぷち緒方聡子(天海さん)は、恋に落ちるのか・・・。

        では、このへんで・・・・さよなら、さよなら

        また、お会いしましょう。ホントに会いたい?

                                      つづく・・・かも


うしろ姿
      今日は、5月の爽やかな風が吹いています・・・・と、

      いいたいところですが、かなりの強風ですよ。風

      みなさんの地方は、いかがですか?

      東京方面は、どうでしょうか?

      東京といえば、今、東京国立博物館で、

      「国宝薬師寺展」が、開催されていますね。

      そのなかで、国宝・日光・月光菩薩立像を観ることができますな。

      わたしは、残念ながら観にいくことはできません。

      でも、テレビで、その凛としたお姿を拝見することはできました。昭和の14インチテレビ

      しかも、展示するにあたって、一般の参拝客が、

      決して観ることのできない、その「背中」を観ることができるそうですな。

      たおやかで、しなやかで、背中がとても美しい。

      わたしはいつの頃からか、姿勢が悪くなり、

      背中がマワルくなり、気づいた時には、その姿勢が楽になってしまっていましたよ。

      その背すじを伸ばさないことは、人生においても影響してきましたな。

      心も怠惰になり・・・・・・・「物臭道心」(ものぐさどうしん)と云う言葉があるように、

      怠け心があらわれる。

      心は下を向いてばかりになる。

      真っ直ぐものを見る、この行為がいかに難しくなるか。

      自分の足元を見ることは、決して悪いことではないけれど、

      足元ばかり見ていると、大事なことに気づかなくなるのですな。

      鈍感になってしまう。

      数年前から、就寝前に、「無事に、一日を過ごす事ができた感謝」と、

      「わたしが出逢った方々への感謝」を、姿勢を正して、述べ、祈るようになりました。

      ただ、その行為だけでも、わたしの内側に変化が訪れましたよ。

      背すじを伸ばすことは・・・・

      心も一緒に「シャン」となることなのですな。

      菩薩のような、美しい背中ではありませんが、

      少しでも変われればと、無意識ではなく、意識をして生きていこうと思っていますよ。

      みなさんの背中は、ピンと伸びていますか?

      みなさんの心は、下を向いていませんか?

      その背中に、人生があらわれる。

      その背中に、あなた自身が見えてくる。

      こんな事を書きましたが、まだ、わたしも成長過程です。

      

      
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。