フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
義母の入院
      「ベッドから落ちて胸にアザができたのよ。」と、

      義母はわたしたちにアザを見せた。

      確かに、右胸の辺りに赤黒いアザができていたのだ。

      それは、実に痛々しいものであったのだな。

      
      これはお盆に、旦那さまの実家にお邪魔した時の会話。
      この時、わたしたちは病院へ行き、精密検査を受けたほうが得策だと伝えた。
      しかし、義母は
      「打っただけだから、そのうち治るわよ。」と、言っておられた。が、

      わたしたちが心配する理由は単純なものではなかったのだ。
      なぜなら、義母は狭心症を患い、
      不整脈(母の場合、脈が遅くなる徐脈)を起こし、
      心臓から全身に送り出される毎分の血液量が低下し、
      立ちくらみ、めまい、失神などの発作を起こしていたのです。
      数年前までは、入退院を繰り返すほど病は重かった。

      最初はカテーテルを使用し、経過をみていたけれど、
      やはり、それもかんばしくなかった。

      そこで、2年ほど前に心臓にペースメーカーを埋め込む手術をしたのです。
      詳しくは、このHP「ペースメーカーナビ」をご覧下さいね。

      ニトログリセリン錠や、硝酸薬の舌下錠、皮膚に貼る貼付薬を用いてはいたけれど、
      経過は良好だったのです。

      しかも、太っていた為、膝に水が溜まったりしていた。
      心臓やこの症状を改善するべく、義母はダイエットに励み、
      とうとう痩せることに成功。

      身のこなしも楽になり、・・・・・
      以前きていた服も合わなくなったと、嬉しい悲鳴を上げていたものです。

      そして、その合わなくなった・・・・・・・が、序章だったのだ。

      みなさんは知っておられますか?
      痩せてしまった場合、ペースメーカーがどうなるか?
     
      脂肪が減って、ペースメーカー本体を植え込む為の“ポケット”が押しあがり、
      表面に「ボコッ」とペースメーカーが浮き出てきたのです。

      義母からアザを見せていただいた時、違和感があったものの、
      「まさか」ボコボコしたものが、ペースメーカーだとは露ほども疑わなかった。

      やはり義母は不安だったようで、盆が明けて直ぐに病院へ赴いた。
      そして・・・・・・

      危機一髪といいましょうか・・・・・・

      もう直ぐ、皮膚が破けるところだったらしいのです。

      つなぎ止めていたのは、薄皮一枚。

      これが破けていたらば、大変な事になっていたらしい。

      私たちも、こんなことがあるのかと驚いてはみたものの、
      かんがみれば、それは明白なことだったのだな。
      迂闊だった。

      幸いなことに、大事に至らず入院、手術と相成ったわけです。

      手術も1時間半はかかったものの、
      (その間、局所麻酔で意識があったため、義母は不安だったろうと推察されます。)
      無事に終わり、・・・・・

      通常は、一泊二日の入院でいいらしいのですが、
      新しくポケットを作り、ペースメーカーを植え込んだため、
      菌が繁殖する可能性があり、
      そうなれば、左側に植え込む作業をほどこさなければならないと、
      「つぶやきシローさん風」な喋り方の主治医がご説明をされたよ。ぷぷうぷっ

      「もうすぐね、破けるところだったのね~
       あのね~、深いところにね~、植え込んだからね、大丈夫だよ~。」
      (笑いをこらえるのに必死だったわたし・・・・・・先生、ごめんちゃい!!)

      一週間程、抗生物質を点滴されることになり、
      様子を見ることになりました。

      その日のうちに、食事も義母自身が摂り、
      よく喋り、なんとか安心することができました。

      わたしたちは付き添ったとはいうものの、
      ただ「ボーッ」と、義母の傍にいただけでしたが・・・・・・・。

      しかもその大半は、昨夜、不安で睡眠をとることができなかった
      義母のイビキの独唱を聴いているものでしたが・・・・・・。ため息

      8時間も病院にいたにも関わらず、・・・・・
      役立たずの嫁ざんす。マジですかゲッ

      そして疲れたわたしの為に、・・・・・・・
      久しぶりに食事を作ってくれた息子です。

      息子も疲れていたろうに・・・・・・、感涙。でれ 違うだろ!!


           おいしいよ

       インスタントのマーボー豆腐ですが、
       わざわざオクラを入れてくれました。

       栄養満点・・・・・・・・・。

       連日の病院通い(わたしの乳せん外科や耳鼻科)に、

       疲れていた心身も少し元気になりました。

       爽やかな秋風が、わたしの頬をうつ・・・・・。 だから違うってば。ガーンはあ
     
スポンサーサイト
さぁ~、次の主役は・・・・・

       最高だったね。

         左は、カメ夫  右はタートル小花

         カメ夫とうとう、オリンピックも終わったな。みんなカッコよかったよ。
         
         小花「ごめんなさい、観てなかったわ。」

         カメ夫えぇぇ~っ、嘘だろ?あの勇姿を観てなかったのかい?

         小花「少しは観たのよ。競泳の北島くんの、
             2種目連覇達成の涙には、思わず胸をかしてやりたかったわ、
             そして、柔道も体操もフェンシングの太田くんも努力が実を結んだわ、
             だけど、ソフトボール女子には歓喜の涙を流し、
             男子400メートルリレーでは 日本の歴史に名を残したわよね。
             そうそう、日本選手ばかりでなく、
             他国の選手たちにも感動したわぁ~。ねっ、あまり観てないでしょ?」

         カメ夫・・・・・・・・・・う、嘘だろ、それだけ観てたら充分だよな。
            ところで、もう直ぐパラリンピックが始まるよ。
            僕が注目しているのは、なんてったって車いすマラソンだよ。


         小花「あまり知らないけど、
             計重量化されたレーサーと呼ばれる車いすに乗って走るのよね。
             みなさん、鍛えてて、オリンピック同様、見ごたえあると思うわよ。」

         カメ夫さっきから聞いてると、すっごく詳しくないかい?
             どんな種目があるかも知ってるんじゃないの?


         小花「ホントに詳しくないので、ここのHPを見ればバッチシよ。」

         YAHOO!JAPAN「北京パラリンピック 日本選手団にエールを送ろう!」 

         (08、8月25日)

         小花「そういえば、きゅうぞうっていう美人で可愛いおばさんが、
             以前、パラリンピックの記事をかいてたわ、そちらも見てほしいわね。
             その記事のタイトルはね、(熱いあつ~い季節)っていうの。」

          カメ夫そろそろ僕たちも走りだそう!!

          小花「でも、全然、前に進まないわよ。・・・・・鼻血

          カメ夫よいしょっと・・・・・・・・・・・・・・・うんしょっと

          小花「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
             

          

          北京パラリンピックは9月6日開幕です。

          オリンピック同様、選手の方々は日々、努力を惜しまず、
          渾身の力をふりしぼり、身体や精神を鍛えておられます。
             
          人生のさまざまな困難を乗り越えてこられた方ばかりです。
          一度、観てください。
          あなたの心に、あなたの瞳の奥に
          何かを残すこと間違いないです。

          人生に悩んでおられる方も、難局を打破するヒントを得られるかもしれません。

          かくゆうわたしも、勇気をいただいた一人です。

          ガンバレ、日本!!

          ガンバレ、出場されるすべての(他国の)選手の方々!!

          力の限り応援させていただきます!!

         
ご無沙汰してしまいました。
                 飛行機雲
    
       夏から秋へと変わり行くこの季節、・・・・・・・・・

       身体がうまく追いついていけず、寝たり起きたりラジバンダリ・・・・・汗

       それはこの日から始まった。・・・・・・・・

       北京オリンピックで、躍動感あふれる素晴らしい選手たちを観て

       わたしは魔がさしてしまったのだ。・・・・・

       選手の筋肉美に憧れ、腹筋、背筋など自分自身の体力を考えず、

       毎日、運動をしていたのですな。

       それでも、ブヨブヨのお腹は引き締まることを拒み、
       
       だんだんと身体のあちらこちらが痛くなり・・・・・だる~くなってしまった。

       そんな中、珍しく家族で映画を観にいこうという事になり、

       勿論わたしは、・・・・
       ジェット・リーの2作品を観ることができるとほくそ笑んでいたよ。が・・・

       息子曰く、
       「ダークナイト以外だったら、僕行かないよ。」と、のたまった。

       か弱い私たちは、図体だけは大きく脳みそは小さい息子と
       外出する機会などないと思い、「グッ」と己を抑えたのです。大泣き

        チケット2


         この新シリーズ2作目の予告は「ダークナイト」へ

         バットマンって、こんなに人間の深部を描いていたっけ?
         人の心の動きを(憎しみ、愛、信頼、絶望、嘘、移ろいやすい心など)
         見事に描いていたな。
         でも、なんと寂しい、悲しい映画なんだろうな。
         若くして亡くなったヒース・レジャーが極悪非道のジョーカーを
         血肉ある人間へと押し上げた。

         それにしても万全の準備をしていったのにも関わらず、
         「ホットフラッシュ」はわたしを放ってはくれなかった。

         映画を観ている間中、貼るカイロを手放すことが出来ず、
         しかもマフラーで首をグルグル巻きにし・・・・・
         ジョーカーが襲ってきたのではないかと思うぐらい背筋が凍った。
         
         時間が経つと、今度は狂おしいほどの暑さ(熱さ)がわたしを襲う。

         映画の中でもヒロインが燃え盛る炎の中で・・・・・・・・。

         まるでわたしの映画じゃないのか? ずうずうしいわ、自分!!

         そして、バットマンが乗り回しているバイクに乗りたい~、とわたし。

         そこですかさず、現実主義の夢のない2人のオヤジが、

         「あのバイクは実際には走ることはできない。ほにゃらら・・・・。」と、
         説明を始めたのですよ。

         わたしはそんな事を聞きたいわけじゃな~い!!とシラケ気分になり、

         あくる日から、また寝たり寝たり・・・・・ラジバンダリ しつこいわ!!

         少し気分がよくなると、
         オリンピックの競泳の北島くんの逆三角形の身体に憧れ、

         棒高跳び女子の
         エレーナ・イシンバエワ選手の8つに割れた腹筋を拝みたいと想い、

         近代五種って過酷な競技なんだとおののき、
         体操男子の富田選手の美しさにうっとりし、
         ソフトボールでは歓喜の涙を流し、
         その後の、他のチームと心を交わし、国を超えての
         「ソフトボール」の復活を願う姿に感激したものです。

         サッカー女子の勇姿に最初はブーイングしていた中国の方々も
         頭を下げ、感謝している日本選手に向かい立ち上がり、
         惜しみない拍手をおくってくださった。

         これがオリンピックの意義だよな、と大泣きしたのは言うまでもない。

         これすべて、布団のなかで観戦してました。・・・・落ち込みうえっ

         なかなか皆さんのブログへ訪問できず申し訳ありません。

         更新されないわたしのブログに訪れてくださるみなさま、
         ありがとうございます。

         これからボチボチ更新に励み、
         みなさまのところへもお邪魔させていただきます。jumee☆peace1

         これからも宜しくお願い致します。

ブ~タブタブタ




                        08/23 20:56 拍手コメント下さった方へ
                        08/24 17:11
                        08/24 18:16
                             お返事は拍手コメントを見て下さいね。^^




       
あなたはホントに36ちゃい?
                  たぬき

           こんにちは~!!
           僕の名前は、ゴンザレスポンポコです。

           名づけ親は、僕の隣でオリンピックを観て興奮しているおばさんですよ。
           この「ゴンザレス」ってキューバの柔道女子の方の名前です。

           この名前を聴いたおばさんは、
           家族に嫌がられながらも・・・・・・ずっと・・・・・ずっと・・・

           「ゴンザレスったらゴンザレス」を歌いながら連呼し、
           挙句の果ては、踊りだしたものだから、
           おばさんの息子さんが、とうとう怒りまして、
           「黙りなさい。」と注意を促したものの、・・・・・・小さな声で歌ってましたよ。怒

           あっ、きょうはそんな事を話すんじゃなかったんだ。・・・・・・・

           8月18日は、おばさんの大好きな坊主頭
           いや、・・・・素敵な中居正広くんの誕生日だそうで・・・・

                お誕生日おめでとう!!拍手 パチパチ

           ・・・・・・・って、おばさんが言ってました。

           脅威の36歳・・・・・・・・

           頭は別として、若いわかすぎる・・・・・・・

           あんなに可愛くて、おばさん食べちゃうよ・・・と、絵文字名を入力してください
           恐ろしいことを言ってましたので、・・・・・
           中居くん、どうか逃げてください。jumee☆escape2

           そして、おばさんは、聞きたくもないのに、
           延々と中居くんの軌跡を語ってました。
           だけど、あんまり憶えてないんです、でも・・・・・ゴゴ~
                
           今でも誤解を受けやすい(本人にもちょいと責任はあるが・・・・)
           ホントは繊細で心配性で、スマップ大好きで、
           難しい本もたくさん読んでて、気にし~で、
           天邪鬼で、ファンを翻弄し・・・・それでも憎めないお人です。だったかな?

           だけど、可愛がって下さる面々
           (星野監督、山本浩二さん、鶴瓶師匠、タモリさん、他多勢)
           を見ていると、やはり中居くんはいい奴なんだろうな、と想像がつきますな。

            この時代に生まれてくれて嬉しい、ありがとう!!

            中居くんのご両親さまに感謝し、

            殆ど毎日テレビに出演してくれて、ありがとう!!

            オリンピックでは、頭は冷静に心は熱くをモットーに
            キャスターを務め、楽しさ倍増です。ですと。

            もう直ぐ、映画も公開ですし・・・・・・

            どうか、この煩いおばさんを黙らしてやってください。

            あっ、お、おばさん・・・・・・・・・・男子体操の床運動を真似して・・・

            また腰を痛めて悶絶してます。・・・・・ガーンホェ~
            僕の、いや、家族の気持ちをお察しください。・・・・

            四六時中、このおばさんと一緒でした。orz

            でも、僕は幸いなことに、おばさんの実家に住んでいますので、

            たまに迷惑をこうむるだけですけど・・・・・・・

            おばさんの旦那さん、ずっと・・・・・・

            オリンピック期間中、「この筋肉をみよ!!」って、
            ブヨブヨの腕を見せられ、・・・・・

            体操女子の平均台を真似て、短い足を伸ばしてるつもり、
            ブリッジをしてるつもり・・・・・

            全然、しなやかで美しくない演技を見せられても・・・

            それでも旦那さんは、「ニコニコ」笑ってます。嘘だろ!!
            
            息子さんといへば・・・・・・・イライラして、何処かに遊びに行きました。

            気持ちわかるな~~!!


            おまけ・・・・

                 ちょうちょ


                 
                
残暑
      みなさま、残暑なお厳しい折から如何お過ごしでしょうか?晴れ

      このところ、赤とんぼが飛ぶ様子を目にするようになってきましたね。・・・・・

      わたしは?といへばですね。

      やはりお盆は、両家のご先祖さまのお墓参りに行ってきました。

      そして、美味しいものを
      お腹がはち切れるのではないか?と、危惧しながらも、
      断ることを知らないわらしは、わらひぃは・・・・・・・

      


      見事なまでの体型と相成りましたぁぁぁぁああああ~~~orz

      そして、重~くなったお腹を抱えながら、

      旦那さまのご実家の近くの神社へと赴き、お参りしてきましたよ。

      この場所に足を踏み入れた瞬間、・・・・・

      漂う空気が一瞬にして、神聖な雰囲気に満ち溢れ・・・・・

      清涼感あふるる心持ちに変わっていくのですな。

      わたしが最も好きな場所です。

      病気発覚後、入院、手術の時も、ここへ足を運び、・・・・
      無事を願った場所。

      人生の節目ふしめに、ここへ訪れた気がしています。

         もっと凄いよ

          この神社の巨木・・・・300年以上もここに佇んでおられます。


     おう!!ほうぅ~

           逆さ杉や、クスの大木が生い茂っていますよ。

         お参りが終わって

          せせらぎ

            今回も、自分自身と対峙し・・・・・・
            生かされてる意味を考え、祈願してきましたな。・・・・・

            そして・・・・・・

            根本的な三毒のひとつ・・・・・

            特に、この貪(物をほしがる)の煩悩が消え去ることを願ってきました。jumee☆shy1

                 

            そして、ここだけは・・・・・・


       高いってば

         未だに、この長い、天まで届きそうな階段をあがることができません。

         登りきったところには、稲荷神社があるそうですが・・・・

         高所恐怖症のわたしは、どうしても無理なのですな。落ち込みはあ

         いつかは登ってみせます・・・・・

         
         た、たぶん。。。。

         き、きっと。。。。。大泣き うえっ・・・ひっくひっく・・・


         

         そして、旦那さまのご実家にて・・・・・・・

      へへへっ

                おほほっ

                 鈴なりに生って、なすもたわわに実っていましたね。

                 ちゃっかり頂いて帰りましたよ。

                 そして、頂いたといへば・・・・・

                 わたしの実家でも、こんなものを貰ってきましたよ。


                 つづきをクリックしてみて下さい。

                 




      

      
つづきを表示
嬉しい贈り物
           毎日、暑い日が続いてますね。

           そして、・・・・・・・オリンピックも熱い!!

           テレビに向かって、ひとり吼えておりますよ。

           競泳の北島選手(金メダルをとりましたね)の涙に、・・・・

           選手一人ひとりの戦いに感動し、涙しています。

           

           感動したといへば、・・・・4日に荷物が届きました。

           それは、わたしのような者と、長年付き合ってくれている親友からでした。

           荷物を開けてみると・・・・・・

        へへっおいしい?

         左側は、わたしの好きなソフトバンクホークスのグッズと、
         彼女と、彼女のご主人が、
         今現在嵌っているユーホーキャッチャーでとったディズニーグッズ。

         くまのプーさんのピンどめは・・・・・・似合うかしら、ウフッ。蘂 ヒュ~~

         はい、わかってます、家の中だけでつけます。 やっぱ、つけるんかい!!

         そして右側は、彼女の新婚旅行の、グアムでのお土産です。
         
         実をいいますと・・・・・
         
         匂いからして、疑うことなく食べ物だと思った食いしん坊のわたしです。腟究

         よくよく見てみると石鹸でしたよ。

         あっ、親友ちゃん、スッゴク嬉しいからね、ありがとう。

         これで“ゴシゴシ”と磨き、キレイに洗いますからね。

         えっ、これ以上、キレイにならないで!!って・・・・・・・

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハァ~~、言われてみたい。

         次に、これですよ。

      かつぞ~

       このユニホームを着て、ホークスの試合もオリンピックも応援だ~!!(えっ

       そして贈ってもらって、最も嬉しかったのは、これです。

      キラキラ

       わたしの身を案じ、水晶を贈ってくれました。
       しかも、わざわざ塩で清めてくれているそうです。紊ф械 うれちぃ~

       彼女は聡明で綺麗な女性です、おまけにスタイル抜群。

       なんの因果か、・・・・・・
       わたしのような何のとり得もない人間と、長年付き合う破目になっております。

       ありがとう。・・・・・あなたと出逢ったことが、わたしにとっての奇跡です。

       
       そして奇跡といへば・・・・・・・・

       な、なんと・・・・・・・


           

                  
つづきを表示
アルテナさんがやってキタ~
      トラックの音が、我が家に近づいてきた。・・・・ 違うし~

      ピンポ~ンと家のチャイムが鳴りひびく。

      少し“ニヤケ”ながら玄関へと歩いていく。・・・・

      玄関を開けると・・・・・・そこは・・・・・・そこには汗まみれのおにいさんが・・・jumee

      いつも荷物を配達してくださる方なのですが、
      “ボタボタ”と汗をかいてらっしゃるにも関わらず、爽やかなのです。
      
      しかも・・・・・・奥さ~ん、この方、すっごいイケメンですのよ~!!ホ~

      あっ、また脱線してしまったよ。

      そうそう、このおにいさんがわたしのために運んでくださったものとは・・・

      これですよ。

             なにかな?

              うひょひょひょ。。。。。

              包みをあけ、中をみてみると・・・・・

             ゴクッ

              ケーニヒス クローネ
              アルテナというチョコレートケーキです。

              以前、ある方がブログで紹介されておられまして、

              「わっちの誕生日に注文しよう!!」と、心に誓い、

              やっと2ちゃいの誕生日がやってきたというわけです。

              えっ、きゅうぞうは6日が誕生日じゃなかったか?って。。。。。

              実は・・・・注文してから1週間ほどかかるとは思わなかったのですよ。

              わたしは、
              相も変わらず「どんくさい」のですな~。jumee ちょっとは反省しなさいよ。
              
              誕生日には、旦那さまからお祝いをしてもらったものの、
              食卓には、ケーキがなかったというわけです。
              
              悪魔のささやき

               もっと太れ、・・・・・

               もっと丸々になれ!!・・・・

               太ったほうがもてるぞ~~。イヒヒヒヒヒィ~

               今日ばかりは、この声の言うとおりにしま~す!!・・・・ぷぷぷっ

               早速、いただきましたよ。

     よだれが~

      ケーキが不恰好なのは、お店やさんのせいではありません。

      わたしが上手く、お皿に運べなかっただけです。鐔? うううっ

      このケーキは、フレッシュバターとココアをたっぷり使った生地に、
      独自に調理した栗をふんだんにいれて焼き上げた、
      コクのあるチョコレートケーキだそうです。

      しかも、教えてくださった方がアドバイスをしてくださいました。
      このケーキをいただく時は、
      涼し~いお部屋で、たっぷりの紅茶かコーヒーで召し上がってね。って、
      いつも、ありがとう!!

      で、でもね・・・・・・・

      日ごろの行いが悪いせいか、・・・・・

      6日の日に、ヘンテコリンな音をたてて・・・・エアコンがこわれちゃいました。。。

      苦節2年(まだいってるよ)、この猛暑に壊れるなんてありえない~~。

      なので、首にアイスノン、額に冷却シート、扇風機ぜんかいですぅぅぅ。

      汗を“ダラダラ”と流しながら、いただきましたよ。

      モグモグ

       ほら栗さんが・・・・ぐぐっ・・・上品な甘さですぅ。
       
       甘すぎず、濃くのあるチョコレートはわたしをトロケさせます。

       ブログで出逢った方々、
       今まで出逢って、こんなわたしと長く付き合って下さっている方々に感謝し・・・・・・

       そして家族に陳謝しながら・・・・・・(ええっ 

       美味しくいただきましたよ。

       みなさま、いつも本当に「ありがとうございます。」・・・・・・

       

       それにしても暑い・・・・しかも空気?酸素?がすっごく熱い~!!

       仕方がないから、ケーキ2こめいきますか。。。。。 オイッ!!



                        08/09 20:24 拍手コメント下さったSさんへ
                                   お返事は、
                                   拍手コメントを見て下さいね。



               

あの日の空は青かった
      小さい頃、わたしはこの日になるとテレビ画面に向かって尋ねていた。
      「ねえねえ、どうしてみんなお手てを合わせているん?」と。

      母は、丁寧に教えてくれたに違いないが、
      その事柄を理解するには、とても小さ過ぎた。

      そうするうちに、少し大きくなったわたしは、
      「どうして、どうしてわたしはこの日に生まれたん?」
      「この日になると、いつもこの広島の映像から始まる。」と母を困らせた。

      そして小学生になると、ますます自分の誕生日が嫌になっていた。

      その日は、奇しくも「8月6日」広島に原爆が投下された日であった。

      時は流れているとはいへ、・・・・・
      63年前のこの日、大勢の方々が苦しみながら逝ってしまったのである。
      どうやって、自分の生まれた日を祝えるのか・・・・と。

      しかし、絵本や本から戦争の悲惨さを知るにつけ、

      この1945年8月6日のことが頭から離れなくなった。

      普通に学校へ行っただけ、・・・・・・・・・

      いつものように庭で洗濯物を干していただけ・・・・・・

      会社に行く為、自転車をこいでいただけ・・・・・・・

      広島の方々は、いつもの日常を過ごしていただけなのだ。

      そして、8時15分・・・・・・広島の空は真っ赤に染まり、黒い雨を降らせた。

      この出来事はこのHPへ「広島原爆写真館」(08 8月7日)

      今なら、わたしはこの年度は違えど、同日に生を享けたことを誇りに思う。
      わたしが誕生した時間は7時5分・・・・・
     
      あの時、まだこの時間、広島の方々は食卓を囲み、
      きょう一日の予定などを、楽しく語り合っていたのかもしれないな。

      何が正しくて、何が間違っているのかなんて、
      そんな難しいことは、わたしにはわからない。

      でも、戦争をうみだしたのは、人間だ。
      今でも作り続けられている核兵器も、人間がつくっている。
      同じ事を繰り返しても、尚、眼前の欲や憎しみを絶つことができない。

      人の命を犠牲にした上での幸せなど、本物ではない。
      人の命は尊いということを胸に刻んでほしい。

      きょうも「平和の鐘」が、
      人々の鎮魂や核兵器廃絶、そして永久の平和を願い
      世界に向けて鳴り響いた。

      ベルリンにも「平和の鐘」が鳴り響いた。
      その記事は、YAHOO! JAPANニュースより(08 8月7日)

      我が家の電話が鳴った。
      取ってみると、「お誕生日おめでとう!!」と、息子の声がした。

      だが息子は、「原爆で亡くなった方を想うと、
               この日はどうしても心から祝えないね。」と、

      でも、わたしは、「空を仰ぎ見て追悼し、お母さんを見て祝ってね。」と伝えた。

      息子の心にも小さなカケラが刻まれている。
      これからは、若い世代が 「戦争の悲惨さと根絶」を
      伝えていかなければならないだろう。
      (わたしは広島出身ではありません、親戚も住んでいません。が・・・・
       なぜか、ご縁を感じております。)
       

      因みに、きょうは市の「肺がん検診」に行ってきましたよ。
      書類を書いて、レントゲンを撮るだけです。
      ほんの15分ほどで終わりました、どうです?早いでしょう。。。。
      もちろん無料ですよ。
      わたしの乳せん外科の主治医は、無用な時間と手間がかからず、
      検診の費用も考え、勧められました。
      定期的に検診を受けています。

      わたしは乳がん告知と手術をうけてから、2度目の夏を迎えることができました。

      わたしは、まだ2歳・・・さあ、これからです!!


               よっしゃ~



                          08/08 21:15 拍手コメントを下さったTさんへ
                                     拍手コメントを見て下さいね。





      

      
わたしの想うような人だった㊦
    雲のきれま

     降りそうでふらない雨・・・・・・

     わたしの気持ちをあらわしているようだな。

     昨日のお話しの続きです。

                      まずい

                  このイソバイドを詳しく知りたい方は、このHPへ。

                  YAHOO!JAPAN ヘルスケア(08、8月4日)

                  このマズイ薬、・・・・・・・・・

                  ホントに不味かった。鐔?

                  耳鼻科の先生は、「おいしくない」と云う言葉を使わず、
                  なぜ、“マズイ”を連発したのか!!

                  本当に「マズイ~~~~。」からだ! うえっ

                  あまりの不味さに思わず買ってしまいました。jumee

                      おっ


                  まあ、そんな事ばかり言っていても
                  人のお役には立ちませんので、
                  メニエル病を詳しく知りたい方は、ここのHPへどうぞ。

                  「健康の森」 (08、8月4日)もし、こんな症状の方がおられたら、
                  先ず病院へ行って調べてもらいましょう。
                  そして、周りの方も、この病気を理解していただけると
                  非常に有難いです。

                  そして、きょうも診療費がこんなに違います。


        やっぱり高い

         上の請求書が乳せん外科のものですよ。

         下の請求書は、耳鼻咽頭科のものです。

         そして、処方していただいた薬の代金は、6、940円。

         それらを計算すると(耳鼻科のものを計算しなくとも)

         ひと月で、高額になってしまいます。

         以前から申し上げておりますが、・・・・

         やはりこれらは家計を圧迫していきます。

         しかも、乳がんの再発や転移の不安を、一生抱えることとなります。

         こうしている間にも、亡くなられる方がおられます。

         どうか、少しの時間を検診へあてていただけないでしょうか。。。

         もし、検診に行かれたおりに要検査と言われたならば

         怖がらず、病院で精密検査を受けて下さい

         こういう方々が、この日本には多いのだそうです。

         手遅れにならないうちに・・・・どうか、どうか病院へ行かれて下さい。

         初期ならば、殆どの方が完治されているそうです。

         そして、2日に病気とともに人生を歩まれ、
         それを、ものともせず力強く生を全うされました
         赤塚不二夫さんのご冥福をお祈り申しあげます。

         赤塚さんは、あまり世の中に知られておりませんが、
         こんな本を出されております。
         その詳しい内容は、よみっこ(08、8月4日)

         こんな言葉も残されております。
         「作品というものは作者が死んでも生きつづける」
         まさしくその通りですね。

         わたしたちは、何を残せるのでしょうか。。。。

      笑顔で


                シェ~  これでいいのだ




                       08/04 20:30 拍手コメント下さったTさんへ
                                 お返事は拍手コメントを見てくださいね。

               

わたしの想うような人だった㊤
       先週は病院へ、汗を“ダラダラ”とかきながら行ってきました。jumee

       先ずは耳鼻科へ

       このところ、かなりの「ふらふら」と耳の痛みがあったので、

       先生に近況報告をしたらば、・・・・・

       やはり聴力検査を余儀なくされ、・・・・・

       結果はやはり下降線を辿っていたな。絲 寝るな、自分

       (後日、旦那さまにシツコク、
        ズルをしなかったか?と訊かれたのは云うまでもない。
        なぜ、ここまで訊くのか知りたい方は自分自身との闘い?へどうぞ)

       そして、以前から噂の、憧れの薬を処方されることに相成りました。

       先生のお話によりますと・・・・・・・・

       その薬は非常に不味いらしい。・・・・・

       この世のものとは思えないほどマズイ!!と先生は言っておられた。

       

       ・・・・・・・・・ここまでは言ってなかったか。。。。はははっ・・・・jumee

       これ、この薬ですよ。

      うえっ

       イソバイドです。
       眼圧や脳圧を下げたり、メニエール病に用いるそうですな。

       でも確かに不味いけれど、・・・・・・

       この薬の副作用(胃がキリキリするらしい)がない限り、

       マズイからと言って服用は中止しませんからね。と、先生に念を押された。

       わたしの心の声
       「せんせ~、そ、そんなにマズイんすか?

        マズイすか~!! 」と叫び、 ゲゲッ

       その後も、先生は病状の説明ではなく、

       この薬の不味さを延々と語っておられた。 なんでやねん!!

       気を取り直し、乳せん外科へ

       そこでわたしには、一つの大仕事が待っていたのです。 大げさだぞ!!

       ついこの間、わたしの“ホットフラッシュ”の酷さに、

       ある方が、漢方薬「桂枝茯苓丸(けいしぶくりゅうがん)」に効きそうなものがあり、

       しかも病院で処方してもらえれば、保険も利きますよ、と
       親切に教えて下さったのだ。

       これに、わたしは藁にもすがる思いで飛びついたのですよ。

       そして、いつものようにゾラ注射を「ブチッ」と打っていただき、

       いよいよ・・・・・主治医に・・・・・・・尋ねる時がキタ~

       ・・・・・・・ドキドキドキドキドキドキドキドキドッキンゴ~

       もう2年弱ほどのお付き合い、それでも苦手意識が抜けない。

       主治医は優しい方だ、・・・・

       でも、今まで、わたしが調べて尋ねたものは全て「NO」だった。鐔?

       「ほう、そんなものがあるんですか・・・・それが何か?」といった具合で。

       ・・・・・だから緊張してしまうよ。

       それでも、わたしは、勇気を振り絞り・・・・・尋ねた。

       「漢方薬に、ホットフラッシュが緩和される薬があるそうなんです。

        この病院で処方していただければ、保険も利くんだとか・・・・。」

       わたしが、いよいよ漢方薬の名前を口にしようと思った瞬間、

       主治医はやんわりと、しかしためらうことなく、おっしゃった。

       1 あなたのホットフラッシュは、更年期ではない。

         薬の副作用からなる症状です。

         ここを間違ってはいけません。

       2 漢方薬も、必ずしも効くとは証明されていません。

       3、強く希望されるならば、婦人科などで診察を行い、

         それらの症状は更年期からくるものだと証明されなければなりません。

       ここまで説明されれば、これ以上は強くはいえない。

       主治医の言っておられることを否定することは出来ない。

       納得せざるおえない。わたしのことを思ってのことなのだ。

       もう少し、この症状とガンバって向き合っていこう。・・・・・・



       なんの脈絡もありませんが、いつかの夕食。

     やっぱり、もやしが・・・・


       パプリカ・・・・・・・・デカッ


                                              つづく・・・


       
わが地域の乳がん検診
      毎日、暑い日が続いておりますね。jumee☆sweat1Rr

      熱中症には、お気を付けください。

      さて、今日は検診のお話しですが、・・・・・・・

      いろいろな方のブログなどを拝見し、考えの違う方に出会いますと、

      しかも、きちんと調べられた統計や資料などを眼にしますと、

      わたしのような、こんなチッポケなブログが恥ずかしくなり・・・・・・

      幾度となく止めてしまおうか?とも考えましたが、

      つい最近の肺がんで亡くなった友人の姿を忘れることができず、

      そして、わたしのような乳がん患者を増やしたくないという思いに駆られ、

      やはり、細々でも繰り返し「検診」を勧めていくしかないと思ったしだいです。

      そして今日は、わたしの地域の「市の乳がん検診」を取り上げ、・・・・・

      ご自分の市の取り組みはどうなっているのか?を、

      考えていただくきっかけとなればと思います。

      わたしの市では、40歳以上の女性は、問診、マンモグラフィ、視診、触診を行い、

      受診料は1000円です。(地域差があると思います)

      2年に一回です。

      そして、30歳~39歳の女性は、問診、視診、触診

      これは1年中、受診することができます。受診料は700円(これも地域差がある)。

      これを見て、受診料が高いと思われた方もおられるかもしれませんね。

      でも、命を考えられた場合は、お安いのではないでしょうか?

      ちょっとしたお買い物などを、今回は「検診」に使われたらいかがでしょうか?

      安心さへ手に入れられれば、また次の日からは、・・・・・

      いつもの日常がおくれ、

      愛する家族の笑顔や、恋人、ご兄弟、子供たちと楽しく過ごすことができます。

      ただし、市の検診には超音波検査(エコー)はないようです。

      不安のある方、時間とゆとりのある方は、・・・・・

      ご自分に合った病院などを探されるのもいいかもしれません。

      しかし、市の「乳がん検診」は手ごろに利用できるという利便性があります。

      先ずは足を運ばれてみてはいかがでしょうか。。。。。。

      そして、市の検診をパソコンで調べる場合、

      パソコンに慣れておられる方には簡単で便利なものですが、

      検診日や検診場所を調べるときに

      PDFファイル(OSや作成したアプリケーションソフトに依存せず、

      閲覧用のソフトが無償で配布されているなど、 Adobe PDFファイルは

      多くのユーザに利用されている電子文書フォーマット)なるものが

      必要になってきます。

      指示された順番に行えば見ることができます。が、・・・・

      この高齢化社会に於いて、優しい取り組みとは思えません。

      そして、このHPも載せておきます。

      「ここカラダ 」という総合情報サイトです。

      (08年7月7日)

      そして、以前にも載せましたが、・・・・

      月に一度の自己検診をされることを望み、このHPを載せておきます。

      ここをクリックして下さい。よくわかる乳がん」(08年7月7日)

      みなさまの一助となれば幸いです。

      追記があります。つづきをクリックされて下さい。


つづきを表示
ミレイに恋して②
      気持ちがいいね

        美術館や博物館などは、往々にして自然の中に造られる。

        案外、こういう景色が一番、心の栄養になるのかもしれないな。

        そして、時間を少しさかのぼり、・・・・

        わたしたちは、美術館の入り口の前に立っている・・・・・・・・

        ミレイに逢うために扉の中へと赴き、静かに歩を進める。

                  ドキドキ


        館内は人で溢れかえっていたな。

        こういう光景は、旦那さまが最も苦手とするところだ。

        「もう帰ろう。」と旦那さまが言い出すのではないかと、

        わたしは内心”ハラハラ”していたよ。

        それでも、みんなが一列に連なり絵を順番に観ていく。

        「ホーッ」や、「オーッ」という驚嘆の声が、あちらこちらから沸きあがっていたな。

        その作品は、昨日も載せましたが、このHPで観ることができます。

        ここをクリックして下さい。ジョン・エヴァレット・ミレイ

        この中の数点を、直接観ることができました。

        そして観ていくうちに、旦那さまの様子が変わってきたのです。

        食い入るように絵を観ては、

        「この人間の血管が浮き上がっている様子は本物みたいだね。」とか、

        「この光の加減や、洋服の皺の一つひとつが素晴らしい。」・・・などと、

        それは想像すらしていなかったが、絶賛のあらしだった。

        やはり芸術とは、人の心を未知の世界へといざなう魔法のようだね。

        このミレイという人は、他の画家たちよりも裕福であり、

        早くから(殆どの画家は亡くなって後に評価が高くなるものだが)

        絵画の評価は高かった。

        商業的な「子供」の絵を多く残し、それらは高く売れていたらしい。・・・・・が、

        当の本人には、大家族を養わなければならない重責もあったに違いない。

        しかしながら、どの絵にも奥深い愛情が感じられ、目が離せなくなるのだ。

        お土産に買ったメタルブックマーク・・・・

        かわいいね

          「初めての説教」・・・・・・緊張している面持ちが実に愛らしい。

          次にポストカード

       そっとしておこう

         「二度目の説教」・・・・・子供らしくて微笑ましい。この二点は大好きです。

         思わず、抱きしめたくなりますね。

         そしてミレイは晩年、風景画を多く描きました。

        切ないな

          この絵の制作時、身内の不幸が相次いだそうです。

          なぜか物悲しいのは、その気持ちのあらわれでしょうか。。。。

          いろいろな作品を展覧してきたけれど、・・・・・

          最後にわたしが観たものが、一番、感動したものかもしれない。

          それは、ミレイが使っていたというパレットと絵筆。

          小さいパレットの中で色彩豊かに、いろんなものをつむぎ出してきた。

          それは時空を超えて、わたしの心の深部にも色鮮やかに描いてみせた。


       青いな

         この空のように・・・・・。

         そして帰りしな、

         旦那さまが「ここに来てよかった。ありがとう。」と、言ってくれたよ。

         とっても嬉しくて、心がより一層「ホッコリ」したな。

         

         そうして、帰る途中、喜んだわたしは・・・・・・・・



        

        

        

        
つづきを表示
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。