フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きのうの夜は・・・・
       このところ感情が乱れること多く、

       昨日の夜、床についたものの、眠れず悶々とした時を過ごしていました。

       何の気なしにテレビをつけたら興味深い番組をやっていた。

       「私の1冊 日本の100冊スペシャル」である。

       どうやら本離れ、
       活字離れが多くなっている昨今に一石を投じようと始めた番組。が、

       そんな堅苦しいものではなく、

       「あらためて本の魅力や感心を高めていただく」というのがコンセプトらしい。

       ゲストが登場し、「わたしの1冊」を紹介。

       そのなかで、関川夏央氏が夏目漱石氏の「坊ちゃん」を引っさげて登場。

       随分、むかしに読んで忘れた箇所もある。

       司会者は、この本を痛快小説として認識し読んだ、と言われていた。

       だが、夏川氏は、「この小説は悲しい物語」だと解説されておられた。

       確かに、夏目漱石といえばコミカルな文体や悪をやっけるという清々しさがある。

       でも、「我輩は猫である」も、「それから」「三四郎」も

       人間の心像を描き出していて、ちょいと切ない。

       「坊ちゃん」を、もう一度読んでみようか。。。。。

       この番組のコーナーで、「ベストセラー作家の本棚を拝見」というものがあり、

       角田光代さんの本棚が紹介されていた。

       きちんと整頓され、分野別にわけられていて非常に手に取りやすそう。

       以前、角田さんは町や喫茶店で、

       人の会話など、興味深い話を耳にしてもメモなどはしない。

       忘れ去るものは、結局、面白いものではない、そうである。
       (正しくは忘れてしまいましたが・・・)

       本に興味があるが、なかなか読む暇がない、と言われる方へのお薦めは、

       TBSのHP「情熱大陸+P」に、角田さんの短編が掲載されています。

       とても読みやすく、あっ、という間に読み終わりますよ。

       しかし、他の作家さんの本棚も紹介されていましたが、

       何方も個性的で、本に対する思いが興味深かったな。

       本棚といえば、
       ブックディレクター(本のソムリエ)という職業を創り出した方がおられます。

       それこそ「情熱大陸」で取り上げていましたね。

       幅 允考氏、特定(病院、結婚式場、本屋など・・・・)のテーマに沿って

       本を選び、本棚に並べる仕事だそうです。

       これが実に不思議な並べ方をするけれど、きちんと計算されている。

       人々が、並んでいる本に自然と手が伸びていく手法。

       彼は、ご自身が読んだものしか本棚に置かない主義だそうで、

       月、30冊以上の本を読んでいる。

       仕事とはいへ好きでなければ読めない数である。

       しかしながら、好きなものが職業になるのは羨ましいことでありますな。

       彼が読む本、選ぶ本は幅広く多義にわたっている。

       その中で、わたしが好きな本もでてきた、何だか嬉しい。

       どうでしょう?食欲の秋と申しますが、・・・・・・

       読書の秋も謳歌してみませんか?・・・・・・

       かくゆうわたしも本棚に、
       今かいまかと待ち受けている本がありますが・・・。

       そして、眠れない理由のひとつにも本がある。

       旦那さまの叔父様が詩集を送ってくださるそうで、

       わたしの人見知りやどもりが気になったのか、・・・・・
       ・・・・・ご丁寧にも送ってくださるそうです。

       叔父様のメール抜粋
       
       「私の本棚から1,2冊の本を送ります。
        詩集などあまり読まないかもしれないけど、まあ呼んでみてください。
        本は人の心の中を見せてくれます。
        本を読むのが嫌いでなかったら、
        他の本も少しずつよんでみれば良いとおもいます。
        小説は人の生き様を、作家の頭で組み立てたものです。
        伝記は人の生きた姿そのものです。
        エッセーは人が世の中をどのように観ているのかが判ります。
        よかったら私のところには2000冊ぐらいの本があります。
        色々な生き方を見ていると、どんな人でも受け入れられるようになります。
        そうすれば他人に気を使い過ぎることもなく、また冷たくもなく、
        自然体で生きて行ける様になります。
        つまり自分の心が強くなるのです。
        心が強くなれば、身体も強くなります。落ち着いた気持ちで養生も出来るでしょう。
        私は今でも無宗教だけど、宗教の本も沢山読みました。
        多くの考え方があることは理解しました。」

        前後にもたくさんの文章が散りばめてありまして、
        
        これを頂いた時には胃が痛み出しました。

        叔父様・・・・・本を読んでいても、わたしはこんなものです。落ち込み

        これは、いい方に考えていいんですよね?お説教ではないですよね?ガーン

       
スポンサーサイト
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。