フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
慕わしいあなた・・・・
      2010年の大河ドラマ「龍馬伝」に福山雅治さんが決まったらしい。

      わたしは以前から公言していますように、坂本龍馬さんが好きだ。

      いや、大好きだ~!!

      この企画を知ったとき、何方が演じるのだろうか、と胸をワクワクさせ、
      心躍らせた。

      自分なりに想像もしてみた。

      少年時代は泣き虫・はな垂れ・寝小便たれ、
      しかも学問ができない落ちこぼれ・・・・・

      行儀作法も自由奔放、高知という土地柄なのかモノにこだわらない柔軟性。

      大海原のような広い心!

      裕福な家庭に育ったものの母親の縁が薄い。・・・などなど。

      血液型はB型で、天然パーマや風貌など照らし合わせると・・・・・

      どうしたって、
      飄々とした佇まいの大泉洋ちゃんがいいだろう!フムフムと思っていた。

      なぜなら、・・・・
      決して龍馬さんはイケメンではない(洋ちゃんファンの方誤解しないでね)が、

      しかし、女性が龍馬さんをほってはおかない、
      しかも人としての魅力満載なのだ。

      だから洋ちゃんにピッタリだと思ったわけです。(舞台では演じてますか?)

      
      わたしは福山さんが悩みに悩んで引き受けたのだと思います。

      でも、よく考えるにラジオでの軽妙な語り口、
      テレビでは何をも動じない姿勢、・・・・・・・

      これはひょっとしてひょっとするかもしれない。

      あの龍馬さんのカッコいい部分ばかりがクローズアップされがちだが、

      龍馬さんとはいへ、同じ人間なのだ。

      弱い部分や継母との関係
      (この方はあまり資料にも龍馬さんの手紙にも登場していない)

      この殺伐とした時代を、福山さんがどう演じるのだろうか?

      きっと清々しい龍馬さんを演じるのだろう。

      気の弱い幼少時代より乙女姉さんから鍛えられ、
      颯爽と幕末の表舞台に登場し、ぶれる事無く「大政奉還」への道を突き進み、
      疾風の如く去っていった彼を、
      福山雅治と云う方はどう調理してくれるのだろうか。。。。
      今までとは違う龍馬像を描いていただきたい。

      でも、福山さんファンの方々は耐えられますか?

      坂本龍馬の最期を見届けることができますか?

      そして、大河ドラマといへば、長いスパンで描けるわけですよね
      
      しかしながら、龍馬さんを取り囲む人々を何方が演じるのだろうか?

      乙女姉さんは?栄姉さんは?
      幼馴染であり兄貴分の武市半平太さんは?
      この方を亡くしたときの龍馬さんの心情を、どう演じる?
      龍馬さんの師匠である勝海舟さんは、何方が?
      沢村くんは?
      もう小松帯刀さんは登場しないのかな?
      自刃した近藤長次郎さんの顛末は?旧知の桂小五郎さんは?
      西郷、大久保両氏は、篤姫で知られているので難解だろうな。
      あの大酒のみの山内容堂、徳川家茂・慶喜は?
      あまり登場しないが陸奥宗光は?
      肝胆相照らす仲の高杉晋作、後藤象二郎は?
      海援隊は?

      もうね、挙げればきりがないわけですよ。

      そして、お龍さんです。・・・・・・どなた?
      わたしの中では、夏目雅子さんが№1です。

      以前からわたしは、龍馬さんを描くならば
      中岡慎太郎さんも深く掘り下げて描くべきだと思っています。

      今度こそこんどこそ、中岡さん、あなたの出番ですよ!(たぶん)
      
      非常に楽しみである。

      福山さん、これから大変ですね、

      わたしのような龍馬ファンはたくさんいるわけで・・・・

      でも、あなたなりの新しい「坂本龍馬」を演じてください、期待しています!

      そして、・・・・N○Kさん、岡田以蔵こと人斬り以蔵を

      この人物の狂気と悲哀を、中居正広に演じさせてみませんか?

      いい仕事しますっせぇ。

      ああああ~、まだ先ですな、・・・・・・

      でも想像すると・・・・・・・・うひょひょひょ~~、笑いがとまらんぜよ!

                福山さん、たのむぜよ

             「実に面白い。」と、わたしたちを堪能させてくださいね。


      
スポンサーサイト
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。