フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
励まされているのは、わたしだった!
      皆さま、お元気ですか?

      わたしは、ここ最近、体との対話を怠ったせいか、
      とうとう、彼らがすねてしまいました。

      久しぶりの嘔吐や体の痛みが発生し、
      しかも、気分も落ち込んで嫌な夢ばかりみていました。

      そんな中、ある方々のブログに度々お邪魔させていただき、
      元気をいただいています。

      わたしはゲンキンな人間で、
      この方々のブログにめぐり合ったその時、
      どうコメントを残し励ませるか、などとおこがましい事を考えていたものです。

      お一人は、末期という荒波を
      もがきながらも、必死で泳いでおられます。
      主治医からも、「会いたい人がいれば会っておくように・・・。」と、告げられ
      通常であれば、酷く落ち込むであろう出来事を、彼女はそれを糧にし、
      動くのも辛いであろう筈の体で、・・・・・・・・

      なんと、海外旅行に行かれたのです。
      
      もうお一方は、再発に加え、部分切除の病理結果はリンパ管侵襲だったそうです。

      3人目の方は、肺転移かと思われたものが胸膜への転移だった・・・・。
      お母さまに、このことを告げるのを苦慮されておられました。

      みなさん、若年性乳がんの方々です。

      しかし、何れの方々も前向きで「今」を、
      肩意地はらず歩いておられます。

      苦しくて泣いてしまう夜もあるでしょう・・・・・・・。
      心細くて、誰かにすがりたい時もあるでしょう・・・・・・。
      ワッと大声で叫びたいことも多々あるでしょう・・・・。

      しかしながら、皆さんの文章から受ける印象は全て明るいものです。

      訪問する度、わたしは力や勇気をこの方々からいただいていたのです、
      
      わたしって、何て傲慢で恥ずかしい人間だと思い知らされた瞬間でもありました。

      未だにわたしはコメントを残すことができません、
      万が一、その方々がここに訪れ、
      わたしの拙い文章を読んでいただけることがあるならば、

      「ありがとうございます。」と伝えたい。

      そして、相田みつを氏の「ぐち」をおくらせていただきたい。

      「ぐちをこぼしたって 
       いいがな

       弱音を吐いたって
       いいがな

       人間だもの

       たまには涙を
       みせたって
       いいがな

       生きてるんだもの」             発行所 文化出版社

                               著者 相田みつを

                               「相田みつを作品集より」


       命は美しい。

       そして、人間とは何て強いのだろう。

       せんだん

         この木にも、メジロは飛んで来てくれるかな・・・・・。


                                *拍手コメント下さった方へ
                                  コメントありがとうございます、
                                  お返事は拍手コメントを見て下さいね。




        
スポンサーサイト
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。