フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとかなるさ!
    急激な温度変化に、
    皆さまのお体は悲鳴を上げておられませんか?

    新型インフルエンザも猛威を振い、
    感染が拡大しています。
    基本である、うがい手洗いは勿論のこと、
    お出かけの際には、マスクを使用されますことをお勧め致します。

    そして、我が家の玄関先と、自家用車には
    手指の消毒用アルコールを常備しております。
    予防に勝るものはなし!ですね。

    そして、今回も病院のお話です。
    先日の、わたしの全身検査の検査結果が出ましたので、
    ここに記録として載せておきたいと思います。

    ①検体検査 異常なし

    ②RI(骨シンチ) 異状なし

    ③CT 腹部に炎症があるものの、心配ないとのこと。

    ④マンモグラフィ 以前から怪しい所見があり、
               今回も(わたしの主治医は産休中)
               臨時で診ていただいてる女医さんにも、
               「この石灰化の部分は心配」だと、診断されてしまいました。

               次回のマンモグラフィでは、
               石灰化部分を拡大するスポット撮影検査も必要とのこと。


     最近、デジカメの調子が悪い為、
     旦那さまの携帯電話カメラで撮影したため、
     参考になるかは非常に疑問ですが、ここに映像を載せておきます。


           わかりますか?

            臨時の医師にも、解るかな?と、言われつつ、
            撮影の許可をいただきました。

            こんな解りにくい映像で申し訳ありません。
            (はっきりとした画像が見たい方は、
             ④マンモグラフィを クリックされて下さい。)

            しかし、今現在、診て頂いている医師には、
            
            「不安でしょうけれど、
             ノルバデックス
             (女性ホルモン作用を阻害して乳がんの増殖を抑える作用)
             服用されているので、この石灰化が小さくなるかもしれないし、
             来月にはきれいサッパリ消えている可能性も大いにあります。」と、

            希望的観測を・・・・・、
            そして、こうも続けられました。

            「欧米では、親や姉妹が乳がんに罹患している場合、
             乳がん発症をしていなくても、
             予防として、この阻害剤を服用するんですよ。」と、

            日本では、こういう薬の使用はまだ認められていないんですよね。
            他にもたくさんのドラッグ・ラグ(ウィキペディアより参考)が起こっており、
            助かる命を助けられず、
            予防できるのにも関わらず、
            許可が下りない場合が多々、 見受けられます。
            スピードが命です、行政の方々、迅速な対応をお願い致します。

            そして今回も、検査料・画像診断料を含め、

            29,560円
            ノルバデックスなどの薬を合わせると、

            約40000円ほどの支払いとなりました。jumee☆UltraMan1

            先日、発表されたました、
            乳がん検診の受診率、減少しているそうですね。
            不況で混沌とした現代社会、
            それならば尚更、受診され、
            早期発見、早期治療をされたほうが賢明かと思われます。

            我が家も裕福ではありませんし、
            常にギリギリの生活を余儀なくされています。
            4万ほどあれば、随分と生活は向上します。
            金銭面に於いても、検診をお勧めします。

            ただ、今、わたしは気になっている事柄があります。
            「DCIS」(非浸潤性乳管癌)、
            これに関しての研究結果はあまり知られておりませんよね?
            ピンクリボン運動でも、こうした発表はされておられないそうです、
            それでも、検診は必要且つ、大切なことだと思います。

            わたしも11月20日で丸3年、
            そしてこれから4年目へと突入です。
            不安な日々を送りながらも、ここまでの道のりを
            無事に過ごせたこと、感謝しております。

            ここまでの長文を読んでいただき、ありがとうございました。
            
            皆さまのご健康とご多幸を祈念いたしながら・・・・、

            ごきげんよう・・・。らぶ太ハート ブヒッブタ絵文字名を入力してくださいモノクロブー黒 pig ブヒブヒ  もういいわい!


スポンサーサイト
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。