フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心の置き場所
   このところ、ブログ更新が滞っており、
   ご心配下さる方もおられ、申し訳なく思っております。

   わたしは至って元気にしております。
   ご心配いただいた皆さま、本当に、ありがとうございます。

   実は、義母のことでここ数日、思い悩んでおりました。

   義母(柿の木から落ち、腰と足を骨折し入院)は、
   高齢にも関わらず、随分と早い回復を見せ、
   もう直ぐ、退院の運びとなる筈だったのですが・・・、

   骨折により、免疫力が低下していたのでしょう。
   心臓に埋め込まれているペースメーカー(ウィキペディアより)の回りが、
   炎症を起こしており、最悪の場合、
   全身に炎症が広がっている恐れがあるとのこと。
   
   (以前、心臓の悪化を防ぐ為、ダイエットをした義母は
    程なく痩せられたものの脂肪が減り、
    ペースメーカー本体を植え込む為の“ポケット”が押しあがり、
    表面に「ボコッ」とペースメーカーが浮き出てきたのです。
    そしてその手術の際、
    胸の筋肉にペースメーカーを埋め込んだらしい?のです。)

   その場合、もうそんなに長くは生きられないと告げられました。
   この時点では手術をし、
   開いて見なければ分かりません、とも言われており、
   微かではありますが、希望の光はあったのです。

   しかし、その心臓外科の担当医は、
   年老いた、身体が衰弱している義母本人に、
   優しさの欠片も見せずハッキリと、
   「覚悟しておいて下さい。・・・ご説明は理解出来ましたか?」と、
   機械にでも話しているかのごとく、
   それらを何の躊躇いも配慮もなく、伝えたそうです。
  (わたしはこの時、その場におりませんでした。
   担当医から本人告知をも聞かされておりませんでしたし、
   事前に何の相談もなかったと義父が憤慨しておりました。)

   それからの義母は、益々、食事を摂らなくなり・・・
   身体にも異変を来たすという大変な日々でした。
   義母の落ち込みようは半端なものではなかったのです。

   それも当然です。
   言葉を変えれば、
   「あなたは死ぬかもしれません。」と、告知されたのですから・・・。

   わたしも乳がんだと、面と向かい告知されました。
   でも、わたしの場合、前途に光明を見いだすこともでき、
   これからは癌と戦う(治療)ための準備をする為、
   相手(癌)を知るためには必要なことだったと、
   今では理解しています。

   しかしながら、どうして最近、相手(患者)を熟視せず、
   病気そのものとしか向き合わない医師が少なくないのでしょうか。。。
   例え、告知されたとしても何らかのフォローがあれば、
   まだ、患者の心は救われます。
   切り刻む相手は人間なのだと、
   笑いもすれば泣きもする、
   感情というものをちゃんと持ち合わせている人間なのだと、
   医師の方に今一度、熟慮していただきたいと願うばかりです。

   *しかし、幸いな事に、説明されていた
   「筋肉に埋め込まれているはずのペースメーカー」は、
   その手前に埋め込まれており、
   全身にも炎症など皆無だったとのこと。

   人騒がせにも程が或る!ぷち
   ここ数日の、義母の精神的な不安は取り除かれたものの・・・・

   手術後、心臓外科医は説明にも来なかった!jumee☆mad1

   だが、世の中、捨てる神あれば拾う神ありですね。

   その日、ペースメーカーの埋め変え手術と同時に、
  (先日、左踵粉砕骨折の経皮的骨折合術を受けていたため
   大量出血のため、両踵骨折だと勘違いしておりました。)
   
   踵に埋め込まれていたWesthues釘を抜く作業もしていただきました。
   その整形外科の担当医は、先ず、1本の釘を抜く予定だったが、
   患者さんのこれまでの精神状態を鑑みて、
   入院期間を短くした方がよいと
   2本同時に釘を抜くべきだと判断され、
   それを実行に移して下さいました。

   これがWesthues釘です、4箇所ほどズレテいた骨を元に戻し、
   この釘でその骨を固定していたのですね。

   こ、こんなものが~~
   (見難い画像で申し訳ありません)


   しかも、整形外科医は心臓外科の手術の際、
   一緒に立ち会って下さいました。
   先生曰く、
  「わたしの専門分野ではありませんが、わたしが見たところによると
   筋肉には埋め込んでいるようには見えませんでした。
   大丈夫なようですよ。」と報告して下さいました。

   *前述の診断は、この整形外科医によるものです。

   早速、義母にその事を報告するとパッと顔に赤みが差し、
   嬉しそうでした。
   それと共に、来年早々、退院もできるそうだと伝えたところ・・・

   「え~、来年なの?お正月は?」と不機嫌になりました。
   わたしたちは、てっきり喜んでくれるものと思っていたのです。

   もうダメかもしれない!
   自宅には元気な姿で戻れないかもしれないと、
   数時間前までは悲嘆にくれていたのです。
   ところが、元気な姿で、しかも必ず、自宅に戻れるのです。

   でも、これがいつもの義母の姿であり、
   心も元気になった証拠ですね・・・めでたしめでたし。。

   という事で、ご心配いただいた皆さま、誠にありがとうございました。
   もう、これ以上、何事もなく過ごせることと信じ、
   クリスマスに向けてきゅうぞうめは邁進する所存であります! オイ!

   と、その前に、皆さまのブログに少しずつではありますが、
   訪問させていただき、活力をいただきに参りますので、
   これからも宜しくお願い致します。

   ヤダ~、来ないで~と言われても
   必ず、遊びに行かせていただきま~す!にこり。 うふふ・・うへぇぇぇ~ jumee☆escape2皆さん



   
つづきを表示
スポンサーサイト
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。