フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたの行方
     今日も猛暑日だそうですね。
     
     猛暑という事で・・・・
     以前、書いていた短編もどきを載せてみます。
     (少し、書き直しています)

     何時か、こんな日が訪れるかもしれませんね。

   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

      「あなたの行方」       


       僕は、町の大画面テレビで、きょうも猛暑日だということを知った。

       毎日まいにち、茹だるような暑さの矢が僕の身体を刺していく。

       あっという間に、汗がシャツを濡らしていく。

       それを吸収する間もなく、次から次へと汗のシミができていくのだ。
       
       そして、この町の喧騒にかき消されるように、誰かの声が微かに聴こえた。

       汗をぬぐいながら信号待ちをしていた僕は、

       その声が聴こえる方角へと振り向いた。

       しかし、誰もいない。・・・・・・

       僕の背後には、たくさんの足音が行き交っていたはずだ。

       暫らく呆然としていたが、気を取り直して信号が青になるのを待つ。

       道の向こう側には、暑そうに白いハンカチををバサバサと扇ぐ
       20代前半であろう女性が苛立ちを覚えながら佇んでいた。

       その隣には、日傘を差した年配の女性が並んでいる。

       暫らくすると音楽とともに信号が青にかわった。

       その瞬間、・・・・・・・

       20代くらいの女性が足元からドロドロと溶けて、
       アスファルトと化していったのだ。

       それを目撃した僕の頭は混乱し、真っ白になった。

       ホンの一瞬の出来事だったのだ。

       今、起こった出来事が暑さのせいだと信じこもうとして
       横断歩道を駆け足で渡っていく。が・・・・

       横断歩道の真ん中に差し掛かったところで、

       今度は、日傘を差した年配の女性が溶けていく。

       彼女は虚ろな目を僕に向けたものの、助けてと懇願することもなかった。

       恐怖のあまり、周りを見渡した僕は初めて気づいたのだ。

       もう、そこに立っているのは僕だけだった。

       空を見上げた僕は、真っ赤な太陽に向かって叫んでいた。

       「何て酷いことをするんだ。・・・・・」と・・・・

       だが、その太陽はジリジリと照りつけるだけで返答などしてはくれなかった。

       そんな事を声高に叫んでいるうち、何だか僕の身体が燃えるようだ。

       「暑い・・・熱い・・・あつい・・・。」
       
       徐々に身体から気力が奪われていく、
       
       誰かに助けを求めることももうどうでもよくなっていた。

       ここには僕独りしかいないのだから・・・。

       そして、彼女たちと同じように僕の足元が徐々に溶け出していく。

       痛みも何も感じない、どうやら感覚が麻痺しているようだ。

       消え行く足を不思議に思いながら、
  
       「きょうは猛暑だから、精を出す為、夕飯はうなぎにしよう。」と
       
       僕は朦朧とする意識の中で、そんな事を考えていた。
 
                     
                   「完」



   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆


      暑さが尋常でない昨今、
      わたしたちは次世代の子供たちの為に何を成すべきか・・・
      熟考しなければなりませんね。

      稚拙な文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



         夕日に照らされて・・・
          (写真をクリックされますと拡大します)



スポンサーサイト
今週のわたしのお気に入り(5)
   わたしが住んでおります地域は、
   今までのゲリラ豪雨が嘘のように晴れ渡っております。

   もう直ぐ梅雨明けですが、
   自然の驚異とともに、人々を飲み込み過ぎ去ってしまいました。
   こう云う時・・・・
   抗ってもあらがってもどうしようもない力を感じざるをえません。
  
   被害に遭われた皆さまのご冥福と、
   1日も早い復興をお祈り致します。


  ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   

   さて、「今週のわたしのお気に入り」ですが
   昨日、ふいにわたしのところへやって来たのです。

   これは、わたしが愛用しているボールペンです。
   とても気に入っている品です。


    すっきやねん♪

     しかし此のところ、彼はヘソを曲げ、
     中枢部分であるインクを取り換えても
     紙の上でクルクルと踊ってはくれなくなってしまったのです。

     人は、好きなモノを使えなくなると、
     改めて、その大切さを知るのですね。

     しょうがなく(ごめんちゃい)事務用ボールペンを使用。
     でも、わたしの心の空虚感を見抜いたのか、
     旦那さまがこれをわたしに差し出してくれたのです。


    わぉっ
     (見難い時は、写真をクリックされてみて下さいね)


    一体、どんなボールペンなのでしょう・・・









      おい!


          ちゃうちゃう!

          (ベタな展開で、すみません。


          では、今度こそ・・・・










        どうしてここに・・?

         これも、ちゃうちゃう!

         君たち、あの託児所から逃げてきたのね。
         でも早く、戻らないと・・・、
         子供たちが待ってるわっ!
        (子供が小さい頃は一緒に観にいけたのだけど・・・
         ああ~、トイ・ストーリー3観に行きたいな。)


         あっ、また話しが脱線してしまいました、申し訳ありません。

         今度こそ・・・




        女性用でしょ?

         これは、ウォーターマン オーダスボールペンだそうです。


       きれいね 書きやすいわ!
        (写真をクリックされますと拡大します)


       しかし、このボールペン、どう見ても女性用ですよね。
       しかも、コンセプトが・・・

       「「大胆な」と言う意味で名づけられた「オーダス」。
        モチーフとなっているのは、マスカラ。
        トレンドに敏感な女性たちに使っていただきたい、
        ファッショナブルな筆記具です。メーカーより」だそうです。

       でもなぜ、旦那さまがこのボールペンを所持していたのかといいますと・・・

       数年前、旦那さまのお誕生日に同僚の方や部下の方たちが、
       お酒とともに贈って下さった逸品なのです。

       でもやはり女性用ということは・・・
       何時かは、必然的にわたしのところへ訪れる運命だったのね。(笑)

       このボールペン、しっくりと手になじんで実に書きやすく、
       紙面上で優雅にワルツを踊っているかのようです。

       このボールペンも、わたしが愛用していたボールペンも
       大切に使っていきたいと思っています。

       しかし・・・、どうしてこのボールペンだったのか・・・
       
       嫌がらせだったのか(あり得ませんね)・・・
       はたまた、間違えて購入したのか(これが正解のような)・・・
       旦那さまは・・・若しや女?な訳ないですね、ははっ。
       いや、やはりわたしへの贈り物だったのか・・・
       
       謎が謎を呼ぶ・・・

       「ワトソン君、さあ、謎解きの旅へ出発だ!」
       (ジェレミー・ブレット氏が演じるホームズが大好きでしたが、
        ロバート・ダウニー・Jrのホームズはいかがでしょ?)

       では、来週もお楽しみに!??

       楽しみにして下さる方がいらっしゃるのか・・・これも謎だ!!

       
ねじれて~ねじれた~♪
   わたしの住んでいる地域は先ほどまで、
   大粒の雨が路面を叩いていました。
   まるで、日本の将来を憂いているかのような雨脚・・・
   果てさて、一体この国はどうなるのでしょうね。

   話は一気に変りますが・・・
   先週、わたしは電話が鳴るたびドキドキして、
   心臓が口からぴょーんと飛び出すのではないかと思うほど、
   ドギマギした一週間を送っていました。

   何故なら(先日の記事、乳がん)、
   血液の検体検査の結果(腫瘍マーカーの数値)が悪ければ、
   主治医より報告のお電話があるはずだったのですね。

   しかし、何とかクリアしたようで電話連絡はありませんでした!

   ご心配下さり、優しいお言葉をかけて下さった皆さま、
   並びに、そっと見守って下さった皆さま、
   本当に、ありがとうございました。m(_ _)m

   どうやら暫らくは、鬱蒼としたこの世界の隅っこで
   きゅうぞうめは生きていけるようでございます。
   ねじれた心もホグレ、前向きに楽しく過ごしていこうと思っています。
   
   只、思いますのは・・・
   この世知辛い世の中で検診に足を運ばないのも
   痛いほど分かるのですが・・・・
   一度、癌を患うと一生不安を抱え生きていかねばなりません。
   初期ならば治癒する可能性は大です、
   しかし、そうでなければ、長い闘病生活に心も家計も疲弊していくばかりです。
   しかも、日本ではドラッグラグの問題も解決せず、
   認可されていない治療を行えば、何十万もの大金が費やされ、
   高額医療費の補助もありません。
   この国は最も大切である命、
   人間の尊厳を守ろうとする意識が低いのだと痛切に感じます。

   今国会も「ねじれ」、このままでは大切な法案は先送り、
   審議の空転は必至・・・

   選挙が終われば、殊勝だった政治家も政治屋へと戻り、
   政党間の私利私欲、必要のない「プライド」を前面に出し、
   この切迫した日本の現状に目を瞑り、
   進むべき道標がどうやら見えていないらしい人たち。

   薩摩(鹿児島県)と長州(山口県)が手を組んだように(薩長同盟)、
   国民のために討ち死にする覚悟で働く政党はあらわれないものでしょうかね。

   よく政治家は、「坂本龍馬」の名をここぞとばかりに打ち出しますが、
   名ばかりで龍馬の功績を真似する者さへいませんね。


        リョウマ怒る

         うちのリョウさんも怒ってるぜよ!!


   皆さんは、今回の選挙結果をどう思われますか?
   昨今の報道の在り方にも疑問を呈します。

   (今回、有名・著名人というだけで立候補した方はことごとく落選。
    政党の方々、有権者をみくびっちゃあいけませんぜ!)


  ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

   *おまけ

    何とか検査をクリアしたようなので、
    自分自身にご褒美です。



         美味しいのかぇ?
          (ア〇ヒ飲料株式会社がSMAPの活動を盛り上げてきくためSMAPとコラボ!)

           勿体なくて、まだ飲んでいませんけど、
           どんなお味でしょう??

           中居くんの天邪鬼的なお味でもするのかしらん、
           うふふっうへへっぐへぇへぇ。  するわけないだろ!


明日は、選挙ですね。
   もう直ぐ、参議院選挙ですね。

   皆さんは、一票を投じられますよね?

   わたしも勿論、投票します。が・・・・・

   どの政党も信用ならず、
   政党同士、足の引っ張り合いに終始費やし、
   本当に国の将来を思っている政党など皆無ではないかとさへ感じる今日この頃。

   テレビCMでは、過去何十年も続いた政党が、
   今までの、自分たちが行ってきたこと(行っていないとも云う)を棚に上げ、
   「あなたのことを一番に考えます」などと、嘯いている姿を観る度、
   わたしの心が悲鳴を上げ、疲弊していくのを感じます。

   政治屋はいらない!
   国民は政治家を求めているのです!

   高速道路無料化、子供手当てなど国民の顔色を窺う前に、
   この国の財政がどうなっているのかを真剣に模索していただきたいな。
   (日本国の借金は確実に膨らんでいるのです、
    このままでは、どこぞの国のように破綻するのは必至です。
    国民一人当たりの負担額は649万2168円(2010年4月1日時点)だそうです)
   
   消費税増税もいつかは行わなければならないならば、
   先ず手始めに、議員の数を減らすなりなんなりすべきですよね。
   必要のないものは他にも山の様にある筈ですが・・・
   政治家はそれらに目を瞑り、選挙戦のことしか頭にないのです。
   
   しかしながら、選挙には足を運ばねばなりません。
   でも、今回ばかりはどの政党に大切な一票を投じるべきか、
   非常に悩んでいます。
   いつもの顔ぶれが勢揃いしている、
   全く新鮮味がない立候補者、
   人気取りだけに祭り上げられた立候補者たち・・・。
   中には、只ただ、所属する政党名が変っただけの政治家たち。
   
   しかし、この国の将来を憂いてばかりでは何も解決しないですよね。
   
   日本国民の真価が問われる時が来ました(毎回、言ってるような気がするな)。
   果てさて、どうしましょうか・・・

   それこそ「神のみぞ知る」でしょうか・・・。

   いや、懐が深い神様も、いい加減呆れ果て、
   この国にソッポを向かれる準備を整えておられるかもしれませんね。

   見るからに、例え奇抜で突拍子のないプランでも、
   何方か、今の現状を打開する策でも練ってはくれないものでしょうか・・・。


      どなたかおりまへんか?


      作者の意図とはかなり違いますが、
      ここに金子みすゞさんの童謡を載せておきます。


      「二つの草」


      ちいさいたねはなかよしで、
      いつもやくそくしてました。
      「ふたりはきっと一しょだよ、
       ひろい世界へ出るときは。」

      けれどひとりはのぞいても、
      ほかのひとりはかげもなく。
      あとのひとりが出たときは、
      さきのひとりはのびすぎた。

      せいたかのっぽのつばめぐさ、
      秋の風ふきゃさやさやと、
      右に左に、ふりむいて、
      もとの友だちさがしてる。
      ちいさくさいた足もとの、
      おみこし草を知りもせず。

     *同じ目線で見ていたもの(政治家と国民)が、
      いつの間にやら足元を見なくなり、
      国民の気持ちを置き去りにしている政治家たち。。。
      今ひとつ、国民目線に立ち戻っていただきたいな。

      ここまでの稚拙な文章を読んでいただき感謝しております。
     (「今週のわたしのお気に入り」は今週までお休みさせていただきます。
      楽しみにして下さっておられる皆さま<おられます?>、申し訳ありません。)


   
今日は七夕ですね。。。
   先日より、皆さまにご心配いただいております義母ですが・・・
   手術も無事に終り(心臓のペースメーカー)、
   これから徐々に回復かと思いきや、
   2日後には病室を動き回り、
   更に2日後、驚異的な速さで退院の運びと相成りました。
   確か、お医者様からは絶対安静のお達しが出ていた筈なのですが・・・
   やはり不死身の義母ですね。(笑)

   これでペースメーカーも駄々を捏ねず、
   今の場所にゆったりと収まってくれればと、祈るばかりです。

   お気遣いいただいた皆さま、本当にありがとうございました。


   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

   さて、今日の本題ですが・・・・

   今日は七夕ですね。

   織女(しょくじょ)と牽牛(けんぎゅう)が年に一度、
   7月7日の夜、天の川を渡り逢瀬を許される日です。

   働き者の日本人は、ゆったりと夫婦の会話を楽しむことが
   難しい日々を過ごされておられるのではないでしょうか・・・

   この日は子供を早く寝かしつけ、
   二人だけの空間を、星を見上げながら楽しまれるなんていかがでしょうか?

   我が家はもう既に、夫婦二人だけの生活ですが・・・
   普段は野球の話が主で、何の脈絡もない会話ばかり・・・

   そんな他愛もない会話を繰り広げることも幸せなことですが、
   やはり、星空を見上げながら
   頬を染めるようなお話しもしてみたいものです。  旦那さま
   
   まあ、そんな会話はわたしたち夫婦には有り得ないことですので・・・

   下戸のわたしは、ここ数日、ビールを呑めるよう
   少しずつ練習を重ね(何れはワインにも挑戦したいな!!)
   小さいコップ半分は何とかいただけるようになりました。

   短冊には書いていなかったのですが・・・
   夫婦2人でお酒を酌み交わすことがわたしの些細な夢なのです。
   旦那さまも、とっても嬉しそうです。



         にがっ


   でも、最終的にはビールを呑みながら、
   我らがホークスの将来性や、今年はBクラスに転落するのでは・・・などと
   語っているのですけど、ね。(昨年は運がよかっただけですけど)∑( ̄▽ ̄;

   そしてこちら九州は梅雨も一休みのご様子、
   空が晴れ渡り、爽やかな風が頬をなでています。
   星に何を願いましょうか・・・
   平凡ではありますが、このささやかな日々に感謝したいと思いますね。
   
   皆さまも素敵な夜をお過ごし下さいね。


   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


   *関東地方の皆さまは、局地的豪雨が続いておられるとのこと、
    土砂災害など、引き続きお気をつけ下さい。
    そして、被害に遭われた皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
    1日も早い復旧をお祈り致しております。


   
   
昨日は病院へ・・・
   昨日は、3ヶ月に一度の診察の為、
   乳腺外科へと赴きました。
   すると、産休中だった主治医が唐突に復帰され、
   少し複雑な想いを抱いていたわたしは素直に喜べず、
   緊張していました。が・・・

   ご出産祝いの言葉を述べたり、
   子育ては大変でしょうと主治医を労っているうち、
   先生の表情が以前とは違う事に気がついたのですね。
   とても優しい表情、柔らかい物腰・・・・
   誰をも受けつけなかった主治医が「母」となって、
   わたしたち先輩母の事を、尊敬するとまで仰ったのです。
   
   どんな状況下でも変らない人もいるけれど・・・
   主治医は素敵な「母」へと、
   そして、「外科医」へと変貌を遂げたようです。
   
   今回わたしは、血液の検体検査を受けてきました。
   ここ数ヶ月、腫瘍マーカーの数値が上がっており
   不安を抱いていたのです。
   でも、その不安を主治医が優しくくるんで下さいました。
   これも、今までにないことです。
   検体検査の結果は、数日かかるとのこと。
   数値が今よりも更に上昇しているようであれば、
   連絡を下さると約束して下さいました。

  *わたしの腫瘍マーカーが上がっているのは・・・・
   NCC-ST-439です。
   消化器系の腫瘍マーカーですね。
   膵臓癌、胆道癌、大腸癌、乳癌などの多種類の腺癌を表わします。

   しかし、わたしはまだまだ生きていくつもりですので、
   こんな数値は気にしないことにしますわっ。
   何故なら、乳がんと宣告された時、
   腫瘍マーカーは全く微動だにせず、正常だったわけです。
   数値などに惑わされないよう
   楽しく過ごしていきたいと思います。  何か違うだろ!

   そして今までにない事といへば・・・
   胸の触診までして下さった主治医・・・
   患者というものは、ホンの些細なことで安心を得られるものなのです。
   このまま・・・・
   このままの主治医でありますように・・・(笑)

   実は、もう一つの病院へも足を運んでいました。
   義母が入院されたのです。
   以前と同様、心臓のペースメーカー本体を植え込む為の“ポケット”が押しあがり、
   表面に「ボコッ」とペースメーカーが浮き出てきたのです。
   今回で6回目です。

   お医者さまからは「またですか!」と、言われたらしいのです。
   やはり、珍しいことなのでしょうか?
   しかし、思いやりのない、配慮の欠けた医者の言葉・・・
   義母に非が或るわけではないのです。
   もう少し、言葉遣いに気をつけてほしいものですね。
   
   義母のカラダがペースメーカーを異物として捉え、
   拒否反応を示しているのでしょう。

   次回も再び、ペースメーカーが浮き出すようなことになれば、
   左側の胸の部分に埋め込まなければならないとのこと・・・

   この手術は大変、危険な手術だそうです。
   どうかこのまま、カラダにペースメーカーが落ち着き、
   居心地のよい場所だと認識してくれればと、願うばかりです。

   これらの出来事があり、皆さまのブログには
   なかなかお邪魔できませんでした。

   わたしがお邪魔出来ずにおりましたのに、
   当ブログに、ご訪問下さった皆さまに感謝致します。

   皆さまのブログにいつも元気をいただいております。
   お邪魔出来ないのが残念でたまりません。
   しかし、少しずつではありますが、
   又、お邪魔させていただきますね。

   これからも宜しくお願い致します。

  ☆コメント欄はもう暫らく、閉じさせていただきます。



   ふくろうはね 幸せを運んでくれるんだよ
   (わたしの通院している病院にて)


    日本では幸せを運んでくれる象徴の鳥として、
    梟(ふくろう)は知られていますね。

    「福朗」や「不苦労」、その他にも「福老」など、
    様々な当て字があるそうです。

    皆さまの処へ、福が舞い込み、幸せを運んでくれますよう願いを込め、
    フクロウの焼き物ですが載せてみました。




Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。