フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
兄と妹
          昔むかし、ある小さな町に

          少し色の浅黒い少年と、鼻水をたらした可愛い女の子が住んでいました。号泣

          その女の子は、どこに行くにも

          少年の後をついてまわっていました。

          でも、少年は嫌がるふうでもなく、

          時には、手を繋ぎ、一緒に歩いていました。手をつなぐ

          時が経ち、少年も大きくなり、友だちも増え

          いつの間にか、その女の子とは歩かなくなってしまいました。

    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

          わたしは、兄が大好きでしたよ。

          小さい頃、わたしがお腹が痛いと言えば、jumee☆Feel Depressed4

          どんなに遅い時間でも、負ぶって病院まで連れて行き、

          病院が閉まっていれば、「ドンドン」と、門扉を叩き、

          お医者さまが出てくるまで、その行為をやめる事はなかったな。

          兄は若干、小学4、5年生だったと思う。

          わたしの記憶の中で、親同然だったよ。

          兄の存在がなければ、

          わたしは、「どうなっていたのだろう」。と、常に考えるのだな。jumee☆whyR

          兄は、わたしのように怒られたことはない。

          いつも優等生で、冷静で、わたしの尊敬する人なのだな。

          親よりも、わたしの事を心配し、

          親よりも、わたしの世話をやいてくれたよ。

          「火垂るの墓」の、あの兄弟みたいなものだったな。

          わたしは、周りの人に、「逆だったらよかったのにね。」と、よく言われていたよ。

          兄は、料理も洗濯も、そして、裁縫もできる。jumee☆luvcookL3

          その兄が狼狽する出来事が起こった。

          それが、わたしの「乳がん」告知だったよ。

          誰よりも心配し、手術の日は忙しいにも関わらず、

          会社を休んで、付き添ってくれたな。

          そんな兄が選んだ、お嫁さん。

          どうしても好きになれず、

          兄弟ゲンカなど殆どせず、仲良く過ごしてきたわたしと兄。

          「どうして、・・・あんな人と結婚したの?」

          そんな日々が続いたよ。

          なぜ、わたしがここまで嫌うか?

          母が入院した時も、電話の一本もしてこなかったよ。

          自分の母親ではないから、と言われればしょうがないことだけどね。

          父が倒れた時、「施設に入れればいい。」と、

          冷たく言い放った彼女の顔は忘れられない。

          その他にも、いろいろあるのだな。

          でも、兄が添い遂げたいと思った女性なので、

          わたしは、十何年もの間、

          台風や地震があれば心配し、電話をいれる(彼女からは、ない)。jumee☆telephone1e

          「ブスッ」として、笑顔も見せない彼女に話しかけ(わたしは無口)、

          泣いた日々も数知れず、・・・・・・

          でも、兄がわたしにしてくれた数々の思い出が蘇り、

          どうにかして、彼女に寄り添いたいと思ったのだな。

          だけど、やはり通じるものなのだな、と最近つくづく思う。

          2、3年前から、彼女との間が好転したのだ。

          わたしの病気からではないよ。

          その前から、少しずつ変わっていく兆しはあった。

          特別なきっかけなどなく、

          会えば、よく喋り、よく笑う人になった。

          そんな私たちを見て、兄が嬉しそうに笑う。

          やっぱり、兄には敵わないな。

          これも、自分自身の未熟さを知る、いい機会だったのかもしれない。

          何事も、人のせいにしてはいけないな。

          わたしの心が、彼女には見えていたのかもしれない。

          日々是精進ですな。

          「嫌だな。」と思う人間に出逢ったときが、

          自分自身が学べるチャンスなのかもしれないな。


        >拍手コメントの方へ
         どうも、ありがとうございます。
         嬉しかったです。
          



          

          

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
こんにちは♪
kimmys | URL | 2008-04-23-Wed 17:21 [EDIT]
素敵なお兄様ですね。
お嫁さんとの関係が良くなって、よかったですね。
お兄様ときゅうぞうさんの優しさが、通じたのでしょうね。
長く悩んで、苦しんだ分だけ、これからも仲良く出来ますように。

血がつながっていても、分かりあえなかったり、
人間関係はとても難しいですね。
実は私も、家族のことで悩んでいたことがあったんです。
この一年くらいで好転しはじめました。
それから随分前向きになれたと思います。
ブログを始めてみる気になって、きゅうぞうさん達に出会えました。
こんなご縁を頂けて、幸せです。
これからもよろしくお願い致しますm(__)m
コメントありがとうございます。
kimmys さんへ | URL | 2008-04-23-Wed 19:05 [EDIT]
こんばんは。
ホント、長い歳月でしたが、
いろいろな事が学べた、歳月でもありましたね。
どうも、ありがとう!!
これからも、きっと努力しなければいけないとは
思いますが、これも又、人生ですよね。^^

出会いって、不思議なものですね。
kimmys さんも、いろいろあるとは思いますが、
止まない雨はないし、
明けない夜はないですね。
お互い、前に進みましょう。

こちらこそ、よろしくお願いします。(^^)V


鏡ですねー
マナティ | URL | 2008-04-23-Wed 22:30 [EDIT]
自分の思いって、鏡のようにはねかえってくるのかもしれませんね。
そうは言っても、なかなか好き嫌いをなくせない私です(ーー;)
お兄さん、素敵な方なんですね!
私にも兄はいますが、未だにとっくみあいのケンカします...
コメントありがとうございます。
マナティ さんへ | URL | 2008-04-24-Thu 09:23 [EDIT]
おはようございま~す♪
そうなんですよね、
自分自身に、はね返ってくるのかもしれませんね。
でも、気持ちの優しい人だったら
こんなに時間はかからなかったかもしれません。(^^;

おぉ~、トックミあいのケンカですか?
そんな関係も、いいですね。^^
見てみたいわぁ~!!
風邪は治りましたか?
レオママ | URL | 2008-04-24-Thu 11:31 [EDIT]
あの鼻水の様子では、きっと辛かったでしょうね・・・とてもわかりやすかった~・・・う~ん・・お義姉さんはそんな感じの人だったのですね~・・・ほんとにですね、嫌な人にあった時は、自分の嫌な事も再確認出来る時ですね~。でも良かったね~きっときゅうぞうさんの人柄も通じたのですね~お兄さんを中心に、良い話し相手になるといいね。
コメントありがとうございます。
レオママ さんへ | URL | 2008-04-24-Thu 14:16 [EDIT]
心配をおかけしましたが、
もう復活しました。ありがとう。^^

まだまだ、努力を続けけていきます。
彼女にも、わたしの事を理解してほしいし、
いつかは、心の底から語り合える間柄になれればと
思っています。(^^)V
私も風邪です^^;
まみ | URL | 2008-04-24-Thu 16:37 [EDIT]
きゅうぞうさん、こんにちは。
私も風邪で、結構ひどくて10日くらいゲホゲホ言っています><
今の風邪き治りにくいですよね。

素敵なお兄様なのに、選ばれた奥様はどうして愛想のない方だったんでしょうね。
でも今は心を開かれて、仲良くなられてよかったです。
人は変わってくれるものなんですね。

あ、下の折り紙素敵でした。
あじさい、いろとりどりで可愛くて、きゅうぞうさんみたいです^-^

よつば | URL | 2008-04-24-Thu 18:26 [EDIT]
とてもよいお話を拝読させていただき感謝です。

そう、人の態度は自分をうつす鏡と言われます。
しかし、わかっていてもなかなか難しい。

よかったですね。仲良くなれたのは、きゅうぞうさんの優しさだと
思いますよ。
素敵だな!
ずっと心配してましたよ~。
まみさんへ | URL | 2008-04-24-Thu 18:29 [EDIT]
こんばんは。
長引く風邪ですね。
鼻水がとまったと思ったら、
せきがでてきましたよ。
私たちは、せきが出ると「ドキッ」と、しちゃいますものね。
病院へ行きましたか?
栄養は摂れてますか?
ムリしないで、ゆっくり身体を休めて下さいね。

彼女の事を書いてるうちに思い出しました。
結婚する時に、兄が、
「友だちが、あまりいないから、
 きゅうぞうなら上手く付き合っていけるよね。」って、
言われていたのです。
まだまだ努力が必要ですが、
楽しく付き合っていけたらな、と思っています。(^^)V

わたしはカワイクないですよ~。(^^;
まみさん、早く目を覚ましてちょうだ~い!!(笑
コメントありがとうございます。
よつばさんへ | URL | 2008-04-24-Thu 18:39 [EDIT]
よつばさんのような方に、
そんな事をいわれると恥ずかしいです。
どんな方とも、すぐに打ち解けて
お友だちになられるよつばさんを、
常日頃から尊敬し、羨ましく思っています。^^

これからも、きっと努力が必要ですが、
縁(よつばさんのブログのお話しのように)あって、
出会ったのですもの、大切にしていきたいと思っています。(^^)V

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。