フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「87%」
         昨日、わたしは、女優の夏川結衣さんを、大好きだといいました。

        彼女の出演するドラマは、よく観ています。

        最近、記憶に新しいのは、「結婚できない男」ですが、

        わたしの中で、イチバン記憶に残っているのが、

        2005年の1月に放送された、「87%」と云う、ドラマですな。

        シングルマザーの彼女が、乳がんになってしまうのです。

        いろんな不安を抱えながら、前向きに生きていくというお話しです。

        詳しい内容は、こちらのHPへ

        このドラマを観る前から、多少の不安はありましたが、

        観たキッカケは、やはり夏川さんが出演していたから・・・・、

        この「87%」という数字は、

        乳がんの初期の、5年生存率を現しています。

        最近では、多少、この数字にも変化があるようです。

        このドラマで、はっきりとマンモグラフィーというものを認識し、

        医療費の負担

        術後の抗がん剤や、薬での副作用を知ることとなりましたが、

        わたしも、みなさんと一緒で、「わたしは大丈夫」と、思った一人でした。

        ドラマよりも過酷な現実

        乳がんになってしまうと、一生、再発の不安を抱え、

        生きていかなければならない、精神的苦痛。

        わたしは、幸いにもホルモン療法を受けることができました。

        でも、この薬の副作用は、想像にがたくないほどのものでしたよ。

        以前にも、書きましたが、・・・・・・・・・

        嘔吐、身体の関節や骨の痛み、

        歯ぐきの腫れや、出血。

        頭痛、乳房を失った喪失感・・・・・・・・など、まだあります。

        わたしのようになりたくない方、

        どうかどうか乳がん検診に行ってください。

        「」という文字を見て、心がしめ付けられる思いをしたくないでしょう?

        現在、初期、または0期だと、

        手術をしても、再発率は3%、しかも、殆どの人が完治する。

        どれだけの医療費がかかるか、

        身体の苦しみだけでなく、家計も圧迫してしまう現実。

        少しの勇気と、たった数時間の拘束。

        これで、あなたの命が守られるならば、たいした事ではないでしょう?

        ドラマでは表すことの出来ない、「乳がん患者」の悲痛な声を聞いてください。

        何度もいいます。

        検診へ行ってください。

        日本人は、がん患者2人に1人の時代です、

        乳がんは、最も見つけやすく、本人が意識できれば

        ご自分で「しこり」を発見できる、稀有な癌です。

        数年の歳月を費やして、私たちの身体を蝕んでいきます。

        どうか、大事な家族がいる方

        愛する、わが子や恋人、奥さまがいらっしゃる方々、

        「検診に行こう」と、散歩に誘うぐらいの気持ちで、誘ってみませんか?

        まだまだ、日本人女性は、奥ゆかしく、恥ずかしがりやが多いのです。

        欧米などの検診率は、70、80%です。

        どうか、日本女性が賢婦人であり、素晴らしい認識を持っている事を

        世界に知らしめてみませんか?

        命があってこその、人生です。

        死亡率が減らない現実を、あなたは、どう思われますか?

        「まだ、大丈夫。」なんて、ありえない。

        罹ってしまってからでは、遅いのです。

        これからも、みなさんが笑顔で、生きていってほしい。

        これが、乳がん患者の願いです。

        ここまで読んで下さった方々に感謝いたします。

        「しつこいよ」と、思われた方、

        まだまだ、わたしは「しつこいオババ」です。

        これからも、声を大にして言っていきたいと思います。

        あなたの、その笑顔を失わせたくないから・・・・・・・・・・・・・。

        わたしの術後の姿はこうです。こちらの記事へ


        こんな姿には、なりたくはないですよね?

        このような姿になってからでは、遅いのです。





COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
しつこいだなんて
kimmys | URL | 2008-04-28-Mon 19:03 [EDIT]
とんでもない。有難いです。
私たち人間は、忘れっぽい生き物ですから。
きゅうぞうさんの声を聞くたびに、
そうだった、命を大切にしなきゃって思います。
これからも、何度でも思い出させてくださいね。
こんばんは(^-^)
みっく☆ | URL | 2008-04-28-Mon 19:10 [EDIT]
きゅうぞうさん、ありがとうございますm(_ _)m

乳癌について色々教えていただいてm(_ _)m
私のおばは乳癌でした。私が小学生の高学年の時に手術をして、おばの場合もう転移した後でした。
抗癌剤治療を続けてましたが、高3の秋に亡くなりました。
私はおばが乳癌で亡くなったのに乳癌について何も知りませんでした。

きゅうぞうさんのブログを見て色々学ばせていただきました_(._.)_
すぐ病院に行って検診をするのはまだ怖いです(´`)
ですが、自分で、触ってみたりしてしこりがないか注意します('◇')ゞ
少しでも異変があったら検査受けます('◇')ゞ
長々とすみませんm(_ _)m

やっち | URL | 2008-04-28-Mon 20:33 [EDIT]
こんばんは

私は自分がこんなことに成るなんて思ってもいなかった。
ましてやできて数年の病院に通うことになるとは
絶対にあんな病院にはかかりたくないと思っていた。

最初に自分で見つけた時の恐ろしさは
今でも思い出すとゾッとする。

こんな思いする人が減ってほしいよね。
うちは娘二人でしょ。
自己検診しなさいよって言っているけど
イマイチわかっていないような

ずっと素敵なえがおでみんなにいてほしいよね。
悲しい思いしてほしくないよね。

自己検診して変だなと思ったら
すぐに調べてもらってほしいね。

ほんとだね・・・
かこ。 | URL | 2008-04-28-Mon 23:05 [EDIT]
私もね、病気のこと、知っている友人には、検診を勧めているの。
中には、「検診、行ったよ」と、話してくれた友人もいます。
一番、身近にいる、弟のお嫁さん。
主人の、妹さん。
多分、検診は、受けていないかも・・・。
まだまだ、実感が、わかないのかなぁ。

この病気になってみて、ほんと、早期発見、早期治療の大切さが、わかったの。
そのためには、検診が大事。
みんなが、笑顔で過ごせるよう、検診の大切さ、、、伝えていきたいね。
みなさん、こんばんは。
みなさん、コメントありがとうございます。 | URL | 2008-04-28-Mon 23:24 [EDIT]
kimmysさんへ
そう言ってもらえると、こちらも有難いです。
どうも、ありがとう。^^
kimmysさんが、言ってくださるから、
これからも、「しつこく」言っちゃいますよ~!!(笑
少しでも、目にしてもらえるようにガンバリます。(^^)V

みっく☆さんへ
お辛い別れを経験されているのですね。
若い方は、わたしたち世代よりも、
「ピン」とは、こないものです。
でも、おばさんの為にも、ご自分を大事にされて下さいね。
これからでも、「乳がん」というものを知ることは、
遅くなんてないですよ。
しかも、自己検診をされてるんですよね。
その若さで、とっても素晴らしいことです。
続けて下さいね。
特に、生理が終わって、一週間後ぐらいがいいと思います。
今は、お若い方にも、この病気は広がっています。
ちょっとでも異変を感じたら、ひとりで抱え込まないで
親御さんやご友人に、相談されてくださいね。
もちろん、わたしでも構いませんからね。^^
また、遊びに来てくださいね。(^^)V

やっちさんへ
そうですよね、あの手に触れた感触、
左右、カタチの違い。
もう、こんな辛い思いをされる方がいなくなってほしいですね。
娘さんも、きっと解かってくれます。
優しい、やっちさんの娘さんたちですもの。^^

こんなブログでも、目にしてもらって、
考えてもらいたいです。
これからも、時々、「しつこく」言い続けます。(^^)V
もう少し、暖かくなったら
体力づくりを始めようと思います。
待っててくださいね~。
こんばんは~♪
かこ。さんへ | URL | 2008-04-28-Mon 23:34 [EDIT]
なかなか身近に感じてくれませんよね。
でも、このブログで出会った方が、
検診にいってくれた時は、ホントにうれしかったの。
これからも、微力ながら声を出していきたいと、思ってるの。

兄のお嫁さんにも、何度となく
勧めてるけど、まだまだ笑って誤魔化されてる。(苦笑
みんなが、自分の事として感じてほしいな。
もっと、ガンバラネねば・・・(^〇^)V
こんにちは!
ゆうゆう | URL | 2008-04-29-Tue 11:20 [EDIT]
このページ、しばらくトップにくる様にして、
多くの人の目に触れて欲しいですね。
前にきゅうぞうさんが自分の手術痕の写真を載せてくれたでしょ。
あの記事とこの記事は【カテゴリー】を別に作ってみるのも。良いかも。
この病気の大変さは、きっと今健康な人達には計り知れないんだと思います。
私もそうだったようにね。。。
大事ですよね
まみ | URL | 2008-04-29-Tue 14:32 [EDIT]
私も周りの女性に検診を奨めています。
少しでも多くの人にちゃんと検診を受けて、
見つかっても早期発見であってほしいです。
お乳がなくなるの、やっぱり寂しいです。

山本かおる | URL | 2008-04-29-Tue 15:04 [EDIT]
いつも
すごく内容の濃いブログですね、
とても勉強になります。

ヨカッタラ、こちらの方にも遊びに来てくださいね。
こんにちは~♪
ゆうゆうさんへ | URL | 2008-04-29-Tue 15:11 [EDIT]
ご助言いただき、ありがとうございました。m(_ _)mペコリ

早速、しばらくトップにおいておくように設定しました。
まだまだ、努力がたりません。
また何かありましたら、アドバイスお願いしますね。(^^)V
こんにちは~♪
まみさんへ | URL | 2008-04-29-Tue 15:21 [EDIT]
なかなか、自分の事として捉えてもらうのは、
難しいですよね。
でも、声にだしていかないと、伝わらない。
これからも、少しでも乳房や、命をなくされてしまう方々が
減っていってもらえるよう、微力ながらガンバリます。(^^)V
私たちのような思いは、してほしくないものね。

コメントありがとうございます。
山本かおるさんへ | URL | 2008-04-29-Tue 15:32 [EDIT]
はじめまして、こんにちは。
ご訪問いただき、コメントまでしていただき、
嬉しかったです。ありがとうございます。^^

わたしのブログは、一貫性がなく
恥ずかしいかぎりです。
少しでも、お役にたてていれば、嬉しいです。
これを励みに、ガンバれます。

わたしも、お邪魔させていただきますね。
よかったら、又、遊びにきていただけたら幸いです。
素晴らしいです
マナティ | URL | 2008-04-30-Wed 02:35 [EDIT]
きゅうぞうさん、素晴らしいです!
私たち罹患者が「検診に行って!」と言うのが一番効きますよねぇ。
私も「マンモ痛いんだろうな」って躊躇してた一人です。でも、それで検診行かなくて発見が遅れたら本末転倒ですよねー。
あ!でも、私は検診の精度のバラつきにも不安があります。マンモは片側で2枚は撮ってほしいですよね。(私は1枚きりで、検診のマンモではうまく写ってなかったんですよ~。)

緋沙子 | URL | 2008-04-30-Wed 07:06 [EDIT]
私がきゅうぞうさんという人と出会って間もない頃、
その言葉通り、身をもってこのことを教えてくださいました。
そんなに頑張らなくてもいいよと、優しいコメントを残されてる方がいて、
私もそう思いました。
でも、きゅうぞうさんの思いをきちんと受け止めることが
私がきちんと生きていくという事と思い、手術跡のお写真を見せていただきました。
でもまだ甘いです。
まさか自分はないと思ってしまいます。
自分の身体を守るのは自分の決心次第だということを、
改めて思いました。
ありがとうございました。
こんにちは~♪
マナティさんへ | URL | 2008-04-30-Wed 14:10 [EDIT]
ありがとうございます。
少しでも、役に立てればと思い始めましたが、
どれだけの方に伝わっているのか、疑問です・・・・(^^;
でも、心の片隅にでも、
このオババの言葉を思い出してくれればと思っています。

そうだわ。
そういうマンモのことも書かなくちゃいけませんよね。
気づかせてくださって、ありがとう~!!
次に書く時は、参考にさせてもらいますね。(^^)V
こんにちは~♪
緋沙子さんへ | URL | 2008-04-30-Wed 15:45 [EDIT]
そういって下さるだけでも、有難いです。
そして、こ自信の身体を守っていくのは、
やはり自分だけですよね。
先ず、自己検診から始めてみて下さい。
この一歩を踏み出すだけでも、違います。
この先も、緋沙子さんには、
ステキな小説を書いていただいて、
私たちを喜ばせてくれないといけない任務があるのです~。^^

あっ、そうそう、身体が弱いって言ってましたけど、
京都に桜を観に行かれた記事を読んで、
そうかな・・・って、感じていましたよ。
なにせ、わたしも身体が弱いので・・・・ほんまよ~(笑

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。