フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きょうも猛暑日・・・・
       今日も気象庁では、

       35℃以上の、猛暑日の地域が発表されてましたね。

       このうだるような暑さに、わたしの脳も溶けてしまいそうです!!

       そんな中、ちょっと短編を考えてみました。

       「あなたの行方」

       僕は、町の大画面テレビで、きょうも猛暑日だということを知った。

       毎日まいにち、茹だるような暑さの矢が僕の身体を刺していく。

       あっという間に、汗がシャツを濡らしていく。

       それを吸収する間もなく、次から次へと汗のシミができていくのだ。
       
       そして、この町の喧騒にかき消されるように、誰かの声が微かに聴こえた。

       汗をぬぐいながら信号待ちをしていた僕は、

       その声が聴こえた方角へと振り向いた。

       誰もいない。・・・・・・

       僕の背後には、たくさんの足音が行き交っていたはずだ。

       暫らく呆然としていたが、気を取り直して信号が青になるのを待つ。

       道の向こう側には、綺麗な女性が暑そうに佇んでいた。

       その横には、日傘を差した年配の女性が並んでいる。

       音楽とともに信号が青にかわった。

       その瞬間、・・・・・・・

       綺麗な女性が足元からドロドロと溶けて、アスファルトと化していったのだ。

       僕の頭は混乱し、真っ白になった。

       今、起こった出来事が暑さのせいだと信じこもうとした。が・・・・

       横断歩道を真ん中に差し掛かったところで、

       今度は、日傘を差した年配の女性が溶けていく。

       周りを見渡して、初めて僕は気づいたのだ。

       もう、そこに立っているのは僕だけだった。

       空を見上げた僕は、真っ赤な太陽に向かって叫んでいた。

       「何て酷いことをするんだ。・・・・・」と、・・・・

       だが、その太陽はジリジリと照りつけるだけだった。

       何だか僕の身体が燃えるようだ。

       身体から、すべての水分が蒸発し、

       僕の足元から徐々に溶け出していく。

       消え行く足を見ながら、「きょうの夕飯は、うなぎにしよう。」と考えていた。
 
                     「完」

       ある作家の方がいっておられました。

       つぎの世代の子供たちがまだ生きている半世紀後、

       さらに東京の気温が五℃あがったら、

       熱中症で毎日百人単位の死者がでるかもしれない。

       まさに殺人的な猛暑である。と・・・・


       いま自分に出来ることを、更なる、延々と繋がっていく子孫のために

       動き出さなければと思った次第です。

       でも、この暑さで判断力も鈍っていきますなぁ。



                          *石田衣良 日本経済新聞出版社
                            「傷つきやすくなった世界で」より太字部分抜粋




                   07/26 10:02 拍手コメント下さったTさんへ
                              コメントありがとうございます。
                              いつも弱者が犠牲を強いられます。
                              国の利益や目先のことばかりにとらわれ、
                              地球規模で考えなくてはいけないと、
                              みなが解っているというのに。
                              
                              この稚拙な文章からご理解いただけて、
                              とても嬉しかったです。
                              ありがとうございます。^^



       

       
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。