フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泣きたいときは・・・・
    2年前、わたしは心配している家族に嘘をついた。

    「悪性腫瘍」だと、
    「乳がん」だと告知されたとき、わたしは呆然としながらも
    微笑んでいたような気がする。

    オロオロしている母に、大丈夫だと伝えた。

    義父母には、必要以上に笑顔で接した・・・・・・。

    義母の「近所の〇〇さんは、再発したらしいけど元気よ。」と言う言葉にも、
    わたしは笑っていたような気さへする。

    でも、この八方美人的な態度が、自分自身を苦しめた。

    そして、今でも心のどこかで疼くのだ。

    あの時、あの瞬間、泣いたり喚いたり・・・
    そして、家族に悪態を吐いたりしておけば、と
    今でも後悔しているわたしがいるから・・・・。
    こう云うときこそ、我が儘でいいんだ。
    きっと家族は受け入れてくれただろう・・・・。

    何もかも吐露した時、人は強くなれるのではないかと思う。
    「これから生きていくんだ」と、覚悟ができる。
    これから先の困難にも立ち向かうことができる。

    時々、深く落ち込み、暗い闇にさ迷い、
    うずくまっている自分の姿を俯瞰から見下ろす。・・・・
    それでも作り笑いをしているわたしがいる。

    やはり、人間には泣くことが必要なときもある。
    泣くことによって、不確かな恐怖をも払いのけ、その心を浄化することができる。

    未だに心の整理ができぬ自分に苛立ち、嫌悪する。

    2年前、乳せん外科の主治医に尋ねたことがある。

    「カウンセリングをしていただけませんか?」と・・・・・・・・、

    すると、その主治医は「・・・・そういうものはありません。」と言われたのだ。

    しかし、先日、「ゆうゆうの心地よい暮らし」のゆうゆうさんが
    読売新聞に掲載している、こういう記事を載せて下さっていました。

    「女性外来・・・時間かけ話しを聞きだす」2009、1月31日

    これは、独りで抱え込み、悩んでいる女性に光明を見いだす切欠となるに違いない。

    ただ、全国外来のHPでわたしの住んでいる県を検索したところ・・・・
    わたしの通っている病院と、主治医の名が明記されていた。
    最近、開設されたらしい。が、わたしは知らされていなかった。
    もう既に治療が2年を経過し、わたしには必要のないものと考えてのことだろうか。。。。

    わたしは、マンモグラフィ検査で右乳房に影らしいものがあり、
    これから先、半年に一度の検査をしていかなければならない、
    その検査結果の報告に、わたしはこれからも一喜一憂しなければならないのだ。

    主治医が小まめに検査をするということは、
    その影が怪しいと思っているからだとわたしは理解していた。
    今まで、「こういう検査がありますが、していただけませんか?」と、
    お願いしても全て却下されたからだ。

    この病気は、足元にまとわりつく蛇のように不気味だ。
    他の癌は、5年経過すれば再発の危険性はなくなるそうだ。
    *追記腎臓癌は25年だそうです。
         その他の病気でも、何年も苦しんでおられる方がいらっしゃいます。)    
    しかし、乳がんは10年以上といわれている。

    女性の苦しみは、千差万別。
    じっくりと患者の悩みに向き合い、
    その個人こじんの悩みに対して、前向きに取り組む姿勢を見せていただきたい。

    患者は、話を聞いてもらえるだけで救われることもあるから・・・・。

    でもね、我が主治医は本当に患者に優しく接し、向き合えているのだろうか?
    忙しいときはイライラ度が増し、
    質問すれば、顔に少しの不快が表れる。
    しかも、わたしが悩んでいた胸の影を忘れていた・・・・
    これは大変ショックな出来事であった。

    わたしにとっては、たった一人の主治医であり、命綱。
    だけど、主治医にとっては、
    わたしは数十人いる患者の中のひとりでしかない存在なのだろう・・・・。

    グチになってきたので、そろそろ止めます。。。。

    皆さまは、わたしのようにならぬよう、ご家族や医師、
    そして自分自身と対峙し、不安を解消して下さい。
    病の完治は難しくとも、心をオープンにし、一歩ずつでも前に進んで下さいね。


        日本晴れにしよう

          「ぐち」 相田みつを

        ぐちをこぼしてゆくんだね

        なみだをながしてゆくんだね

        だれにもきがねはいらぬから えんりょしなくていんですよ

        ぐちをこぼしてゆくがいい

        なみだをながしてゆくがいい

                           著者 相田みつを
                               相田みつを作品集③雨の日には・・・・・より

                           発行所 文化出版局

          

    

    
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。