フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
憧れの人ではなかった!
       懐かしさ

    綿帽子に白無垢をまとった女性と、お侍さん風な男性が
    末席にちょこんと並んで座っている。
    
    わたしといへば・・・・・・、
    何故か解らないけれど、上座に知らない男性と鎮座している。
    しかも、これは何時代と思えるほど、皆は着物を着て、
    女性は日本髪、男性は月代(さかやき)?スタイルである。

    わたしは、非常に居心地が悪く、この場から抜け出したい衝動にかられる。が、
    思うようには体が動かず、ただただうつむいているばかり・・・・。

    きっと、これは祝言をあげているのだろう。
    
    「でも、どうして、わたしはこんな場違いなところに居て、
     しかも着物まで着ているんだろう?」と、頭が混乱していた、その最中、

    廊下からドカドカと、荒々しい足音が聞こえてきた。

    そして、襖が飛んでしまうのではないかと思えるほどの力で
    それは開いた。
    出でたるその姿は、皆を圧倒するほど大きかった。

    「遅そうなってしもうた、アザよ、すまない。」(会話は全て、標準語でした)と、
    わたしの隣に座っている男に詫びを入れながら・・・・・

    おもむろにその男は、わたしの傍へとやってきて、
    「お富さま、すまなかったね。
     ちょいと用事があってのぅ。祝言は、もう終わったかい?」と、訊いてきたのだ。

    わたしは、その男に何処かで会った気がした。
    気のせいだろうか?
    しかも、隣に座っているアザと呼ばれた男の顔にも見覚えがあった。

    そんな考えを必死にめぐらしていると、肩をポンポンと叩かれ、

    「お富様、お腹が減ってしもうた。
     お酒も飲みたい、宜しく頼みます。」と、言ったかと思うと、
    その男は、花婿、花嫁さんの処へ行ってしまった。

    暫らく、どうしたものかと思案していると、
    隣から優しい声が聞こえてきたのです。

    「お富、きょうは何もしなくていいからね。
     今日、わたしたちは仲人なのだからね。
     竜馬には、他のものがお酒を振舞うだろうから、座っていなさい。」と、・・

    だんだんと絡んだ糸がほぐれてきた・・・・・。∑( ̄▽ ̄; ほぇ~

    あ、あっ、ああああああああああ~

    しゃ、写真で見た・・・・・、
    実物は、2人とも優男風だわ・・・・。

    わたしは何故か、お富さまと呼ばれていたよね・・・・、富子さん?
    と、いう事は、先ほどからずっとわたしの隣に座っているこのお方は・・・

    「た、武市半平太(瑞山)・・・・・・・・」 jumee☆escape2

    直ぐ傍に、わたしの憧れの竜馬さんがおられる・・・・ai
    しかも、わし、わて、わたし、肩をポンポンと叩かれたよね?にこり。

    ぐふぇ、ぐふふっ、ぐふふふっ・・・・・絵文字名を入力してくださいヘヘヘッ

    「お、お富、どうした?大丈夫か?よだれが垂れてるよ。」と、
    小さな声で武市さんが囁いた。

    ハッとして我にかえったのです、
    間違っていたら大変だが、わたしは意を決して冒険を試みることにした。

    「瑞山さま・・・・・、今は何年何月ですか?」と、わたしは尋ねた。

    怪訝な顔をしながらも、「文久2年、4月だよ。」と、教えて下さった。

    武市さんは、2つの顔を持っているわけで・・・・・・・・
    妻の富子さんと仲睦まじく、そして、優しい人でありながら・・・・・
    常に、彼の周りは血なまぐさい・・・・・
    仕舞いには、あれだけ武市さんの為に全てを捧げたにも関わらず、
    岡田以蔵を裏切り、毒殺しようと画策した人である。

    よくよく考えるに、こ、怖い。
    この人、怖いよ~~~!大泣き

    心の中で、竜馬さんに助けてほしいと懇願するも、
    彼は、陽気にお酒を飲み、皆と会話を楽しんでいた。
    竜馬さんて、やはり気さくな方なのね、と感心しながらも目を瞑り、
    気持ちを落ち着かせることに成功した。

    そうよ、この時代を生きてみよう!
    何事も楽しまなくっちゃ!

    そう決心した途端、目が覚めてしまった。

    いつもの天井が目に飛び込んできた。
    夢だったのね・・・・・・あぁ~・・・・・・

    でも、あの2人はリアルなまでにわたしの目の前で会話をしたのだ。
    そう、臨場感があった・・・・・・・・。
    しかも、わたしは何故に富子さんだったのだろう・・・・、容姿を見ておけばよかったな。
    
    夢から覚めて、武市富子さんという女性が気になってしょうがない。
    写真や詳しい資料など残っているのだろうか?
    ネットで調べてみたけれど、彼女の事はあまり載っていない。
    年を取られた富子さんが、恥ずかしそうに写ってらっしゃった、
    たった1枚の写真のみです。
    芯のしっかりした、凛とされた女性に見受けられる。

    未だに、この夢の意味合いは解明されておらず謎です。
    でも、ホンの少しでもお慕い申し上げているお方にお逢いすることができた奇跡。
    スンバらしい!ブラボー!なのだ~。

    しかし、来年の大河ドラマに富子さんは登場されますよね?
    何だか、こちらの方が楽しみになってきた。jumee☆monkey3

                    *アギ(あご)は、坂本竜馬(龍馬)
                      アザ(痣)は、武市半平太(瑞山)のあだ名だったらしい。



  
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。