フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎月、我が家にやってくるモノ
    最近、病気に関しての記事を載せていないと、
    今更ながら気づく。

    以前は、毎月の如く病院へ足を運び、
    ゾラデックス注射検体検査(血液検査)、問診を受け、
    日々、不安の中で生きていた。

    それでも、その不安は未だ払拭できていないものの、
    「乳がん」と告知されてから、11月で丸3年をむかえようとしている。

    告知された時、ドラマのように親族が呼ばれ、
    「本人に伝えるべきか、否か。」なんて問われることもなく、

    「風邪ですね。」と、軽く診断を下されるように・・・・・

    事も無げに、「癌です。乳がんです。悪性でした。」と言われた。
    茫然自失のわたしは、その時の記憶を克明に覚えてはいない。
    でも、後から考えるに冷静だったように思う。

    ただ、冷静でない人が診察室に一人いた。

    それは、旦那さまでした。
    オロオロと落ち着きなく不安を口にし、
    帰宅してからは、PCにかじり付き、

    「ガンが消えた」だの、
    「ガンが小さくなった、ビックリです。」だのの、
    怪しい名文句に飛びついて、ひたすら何かを捜し求めていたようでした。

    わたしは、心の何処かで、
    「人は自然に生き、自然に死んでいく」ものだと思っている。
    (*今現在、必死で治療され、頑張っておられる方を      
      決して、否定するものではありませんので、ご了承下さいますようお願い致します。
      あくまでも、わたし個人の考えです。)

    しかし、旦那さまは、あるものを見つけてしまったのです。

    その頃、その食品は世の中に余り知られていなかったように思います。
    しかも、高額ときています。(我が家は裕福ではありません。)

    でも、信じてしまったんですね、旦那さまは・・・。

    直ぐに取り寄せ、
    「それ」を、手術までにずっと飲まされました。
    これは非常に有難いことですし、感謝もしていました。
    わたしを、これ程までに必要としてくれている、
    そう思うと、涙が出るほど嬉しかったのです。

    でも、この当時、食品を飲むのは、
    自分自身の為ではなく、旦那さまの心の平安を願って、
    飲んでいたように思います。

    そして、手術後もセッセと作り、わざわざ水筒に入れ病室に運び、
    きちんと飲むよう言われていました。

    これは、わたしの見解です。(個人差があると思います)
    1、ドレーン(ドレナージ)3日で外れる。2日目でもよいと言われたけれど。
      (同室の同病の方は、1週間経っても外されず、
       不安がっておられました。)
    2、傷口の治りが、非常に早かった。
    3、検査の時より、しこりが小さくなっていた。

    これらは、その食品のお陰なのか、
    正直、今でも解りません。
    ホルモン療法での激しい副作用は続きましたし、
    一概には申し上げることは出来ません。が、

    旦那さまも、一緒に飲み始め、
    毎週の如く、口の中に出没していた口内炎は
    今は、殆ど見かけません。(食事を摂るのも大変でした)
    たまに出来たとしても、直ぐによくなっています。

    もうひとつは、どんなに小さなケガでも、
    膿んで腫れたりしていましたので、消毒は欠かせませんでした。
    それらも、今では傷口は直ぐに塞がり、治癒しています。
    健康な方には効果が直ぐに表れるのでしょうか・・・。
    
    この食品は、その人が本来持っている免疫力を高める効果があるそうです。

    これから、その食品を公開いたしますが、
    癌や、他の病気に必ず効くものではありませんし、
    (わたしは、最近、右胸の痛みを感じています。)
    販売目的でもありません。
    ご興味のある方、そして、自己責任に於いて判断をされる方のみ
    追記をクリックされて下さい。




    

      その食品は「フコイダン」です。
      ご存知の方もおられるでしょう。

      最近では、様々な病院が治療に取り入れていると聞きます。

      わたしは告知されてから術後、暫らくは
      濃い褐色の液状のものを飲んでいましたが、
      あまりの高額に持続できないと判断し、
      今の、このフコイダンを毎月、2コ宅配していただいています。

  
        の、飲みてぇ~

         何度も申し上げますが、効果があるのかは定かではありません。

         それでも興味がある方は、まず、ここを読んで下さい。
         「フコイダン療法研究会

         
          ゲットしやしたで!

           「これだけか?」

           「しょうがない、奥の手を使うしかないな。」


       


      エヘヘヘ

        *けして、よい子は真似をしないでね。( ̄m ̄;)

        *お薦めしているわけではありませんので、
         苦情など、受け付けておりません。
         ご了承下さいますよう、お願い申し上げます。






COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
ナカイ本!!
Hana | URL | 2009-09-08-Tue 20:28 [EDIT]
きゅうぞうさまの言葉が気になり、本屋に行ってみました。
「さっきまであったのに」売れきれでした。次の入荷は未定との事
残念ですv-409

胸の痛みは大丈夫ですか?
夫さまも心配されているでしょうv-390
自分の事より、愛する人や大切な家族のために何かしたいんですよね。
きゅうぞうさまと夫さまのお気持ちすごく解ります。
先日も死生観について、少し勉強したんです。
本当に自分や家族が望む死生を考えようの内容です。

死生を考える時、きゅうぞうさまみたいなブログをみたら
すごく心強いですし、癒されます。
これからも素敵なお話やがツンって一喝ブログしてくださいね。
コメントありがとうございます。
Hanaさん、こんばんは。 | URL | 2009-09-08-Tue 23:36 [EDIT]
な、中居くんの写真集を見るため、
本屋さんに足を運んでくださったのですか。。。
とっても嬉しいです、ありがとうございます。^^
しかも、売り切れ・・・・残念ですが、何だか妙に嬉しいきゅうぞうです。(笑

ご心配いただき、有難うございます。
胸の痛みは相変わらずです。
しかし、一度、乳がんになってしまうと、
痛みに敏感になってしまいますね、情けないなと思ってしまします。

最近、特に、主人と「死生観」(大げさなものではありませんが)を、
話し合う事が多くなりました。
相変わらず、どんな事をしても延命治療をし、
命を永らえるようにする、と言っています。
話は平行線のまま・・・困ったものです。(汗
Hanaさんご夫婦も話し合っておられるのでしょうね。
いつもご一緒に行動され、仲が良い分、
どういう考えをお持ちなのでしょう。
家族の皆が望む、望める死と生、難しい課題ですね。

わたしのブログの内容は、全く一貫性がなく、
恥ずかしい限りです。
でも、そう仰っていただけて心強く、
これからのブログ継続の励みにさせていただきますね、
ありがとうございます。
こんにちは~
紅葉 | URL | 2009-09-09-Wed 17:30 [EDIT]
右胸に痛みを感じておられるようですが・・・
大丈夫ですか~

病気になれてたことは不幸なことですが
夫婦愛というものがヒシヒシと感じ取られて心温まる思いがします。

お体お大事に
大丈夫ですよ。^^
紅葉さん、こんばんは。 | URL | 2009-09-09-Wed 20:07 [EDIT]
ご心配いただき、ありがとうございます。
夫婦愛ですか・・・、
でも、確かに病気をしてからわたし中心に
物事を考えてくれるようにはなりましたね。
最近、わたし、図に乗っております、反省!(笑

季節の変わり目です、
夜は気温も下がってきていますので、
紅葉さんも、ご自愛下さいね。
こんにちは
空飛ぶミケ猫 | URL | 2009-09-09-Wed 20:26 [EDIT]
素敵なお話ですね。
やさしい旦那さま、そしてその気遣いをきちんと受け止めていらっしゃる。
すばらしいです。
私、あるいは妻がもしそうなったら、速攻で買ってみるかもしれません。
ご訪問、コメントいただけて嬉しいです。ありがとうございます。
空飛ぶミケ猫さん、こんばんは。 | URL | 2009-09-09-Wed 23:41 [EDIT]
わたしの病気発覚により、
わたしたち夫婦の心の距離は、
より一層、近くなったように感じています。
空飛ぶミケ猫さんに、そう仰っていただいて、
恥ずかしい反面、とても有難く、感謝しております。

空飛ぶミケ猫さんご夫婦に「その時」が来ない事を、
切に願っています。^^

先日の、空飛ぶミケ猫さんの書かれた記事を読ませていただいて、
主人に美味しい手料理と、
(キレイではありませんが)少しでも、小奇麗にし、
オシャレを心がけなければと反省したところです。
いろいろな事を学ばせていただいています、
これからも宜しくお願い致します。




TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。