フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市の検診 part2
   先日に引き続き、市が実施している健康診査について
   ここに載せておきたいと思います。

   *あくまでも、わたしが住んでいる地域の健康診査を記しています。
    殆どが、市内在住の40歳以上を対象としています。
    (地域差があると思いますので、
     ご自身の市の健康診査をお調べになり、ご利用下さい。
     財源が豊富な地域は、この比ではないと思われます。)

   ①特定健診(無料
   ②若者健診(市内に住む18歳以上の方 1,000円)
   ③肝炎ウイルス検査(無料
   ④胃がん検診(35歳~39歳の方、1,000円、 40歳以上の方、900円)
   ⑤子宮頚部がん検診(1,000円)
   ⑥大腸がん検診(500円)
   ⑦結核・肺がん検診(無料
   ⑧喀痰細胞診(900円)
   ⑨前立腺がん検診(50歳以上の方 1,000円)
   ⑩歯周疾患検診(1,000円)
   ⑪介護予防健診(無料
   ⑫骨粗しょう症検診(市内在住の18歳以上の方 1,000円)

    わたしは今回、この検診も受けてきました。
    ホルモン療法にて、骨密度が減少している可能性があるからです。
    検査結果は、その場で直ぐに告げられます。

    判定結果は、「正常」の範囲内でしたが、
    もう少しのところで、「要指導」範囲に入るところでした。
    転ばぬように、バランスの良い食事、適度な運動を
    心がけるようアドバイスをいただきました。

    ⑬乳がん検診(40歳以上の女性 1,000円)
      問診、マンモグラフィ(乳房X線撮影)、視診、触診
      (但し、30~39歳の女性は、問診、視診、触診のみで700円)

      市の乳がん検診はお安い受診料で診ていただけます。

      しかし、わたしのように「しこり」を発見し、受診した場合、
      問診、マンモグラフィ(乳房X線撮影)、エコー検査、視診、触診で、
      7,000~8,000円の診療費
      そして、初診療費が加わりますと、1万円は優に越えました。
      
      しかも、「しこり」が悪性の可能性があった為、
      細胞診検査もプラス。
      そうしますと、総受診療費は、2万円ほどになります。
      *病院によって費用は異なります。

      何れか、気になる検診などございましたか?

      大切なお命は、お金にはかえられるものではありません。が、
      早期発見、早期治療では費用も不安も軽減されることと思います。
      
      市の検診を上手くご利用になられることをお勧めします。
      しかし、心配な箇所や、わたしのように「しこり」を発見したならば、
      迷うことなく、即座に病院の門を叩いていただければと願って止みません。
      *稀にではありますが、男性も乳がんに罹ることがありますので、
       奥さまや恋人、ご家族とともに自己検診をお勧め致します。

      そして、検診の記事を昨年も書いたと申しましたが、
      この拙いわたしの文章を読んで下さり、
      即、乳がん検診を受けて下さった方がおられました。

      その方は、kimmysさんと仰る、とても聡明な女性です。
      今年も、乳がん検診へと赴いて下さり、
      その様子や、不安だった出来事をブログに載せて下さっておられます。

      そのブログは、「 Kimmys Feeling」です。
      彼女は、乳がん罹患者ではありませんので、
      わたしとは違った目線で解りやすく説明して下さっています。
      検診に行ってみたいけれど、不安で怖いわ!と、悩んでおられる方は、
      このKimmysさんのブログを、是非、読んでいただければ幸いに存じます。
      Kimmysさん、わたしの思いを繋げていただき嬉しく思っています。
      本当に、ありがとうございました。
      
      検診については、様々なお考えがあるようですね。
      でも、命はひとつしかありません。
      ご自身の命を守り育んでいくのは、他でもない、 あなた自身だと思います。
      
      辛苦した体験を持ってしまったわたしのように、
      皆さまが決して後悔をされませんよう、
      そして、皆さまの笑顔が消えることなく、
      日々を楽しく過ごしていただきたく祈りながら今日はこのへんで・・・。jumee☆shy2

        この植物はなに?

         ここまでの、稚拙な長文に目を通していただき、
         誠に、ありがとうございました。

         今回の記事が、皆さまの一助となれば幸いです。



      
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。