フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懺悔???への道・・・
    皆さまには、この長い道のりをお付き合いいただき、
    感謝の言葉もありません。

    今日で、このシリーズも最終回と相成りました。
    もう既に、おっさんと、おばさんの目的地を正解した方もおられましたね。

    坂本竜馬さんとのツーショットを撮影した場所は・・・・・・
    そうです、その通りです!
    太宰府天満宮です。

    この天満宮を通り抜けると・・・・

    「国宝 興福寺創建1300年記念

     阿修羅展
    九州国立博物館へと続く道。

    のらりくらりと赴いたわりには、
    待ち時間「60分」は運がよかった・・・と、思います。

    人の頭しか見えない行列を半ば、朦朧としながら進んでいきますが、
    しかし、やはり流れる水の如くとはいきませんね。
    一歩ずつ、確実に阿修羅さまに近づいていくわたしども。

      おおう~!

       1300年の時を超え、
       貴方さまに出逢えた喜び・・・・

       でも、貴方さまは戦いの神であったという割には、
       とても華奢なお姿・・・、
       153cm・・・わたしの身長よりも低い。
       戦いの日々に懺悔し、苦悶の表情をみせている、
       背後からも拝することが出来ましたが・・・、
       皆さま、手は合わされないのですね。

       それにしても、お釈迦様の如くとはおこがましいことですが、
       母のように抱きしめ、
       「よう頑張ったね。」と、
       阿修羅さまを抱きしめて差し上げたい衝動を必死で堪えました。
       そんな大それたことをしていたなら、
       確実にわたし、お縄を頂だいしておりましたわ。。。∑( ̄▽ ̄; コワッ

       その他にも、四天王立像、八部衆像と十大弟子像を観る事ができました。
       (興福寺では、ガラスケースの中にて展示されておられるそうです)

       実は、わたくし・・・大きな声では言えませんが、
       一番、感銘を受けた像は阿修羅像ではないのです。。。

       十大弟子像のおひとつで、須菩提像(すぼだいぞう)
       あの有名な孫悟空のお師匠様で登場されますね。
       この須菩提さまのお顔を拝謁するだけでも、
       心の固い部分を取り除いていただけるような柔らかさを感じ、
       暫し、見つめておりました。

       仏像や、他の宗教に登場される像には、
       人間の醜さや、怯え、はたまた優しさや寛容さが
       見え隠れし、人間の業を封じ込め、そして包み込んでくださる
       深い愛情を感じます。
       (これはあくまでも、わたしの主観ですので、ご了承くださいますよう、
        お願い申し上げます。)

       *九州国立博物館「阿修羅展」は終了致しましたが、
        詳しい情報をお知りになりたい方は、
        興福寺HPをご覧頂くことをお勧め致します。

        皆さまに福が訪れますようお祈りしながら、
        この旅は終りを遂げたいと思います。
        これまでの、稚拙な文章に目を通していただき、
        誠に、ありがとうございました。

        <おまけ>

               類似品?

                何も口にしていなかった事に気づき、
                急遽、佐〇保バーガーを購入・・・・

                しかし、レタスバーガーと名称を変更したほうがいいのでは・・・
                などと、煩悩(三毒のひとつ貪)から抜け出せない、
                食いしん坊のきゅうぞうであった・・・。落ち込み
       


    

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
おかえりなさ~い
Hana | URL | 2009-09-30-Wed 08:53 [EDIT]
楽しい旅話でした。
阿修羅展に足を運ばれたんですね。
阿修羅も東京・九州と長い旅を終えて、10月半ばくらいから
興福寺でまたまた沢山の方々とお会いするためなにかあるそうです。
阿修羅の眉間のしわがすごくよかったと聞いておりましたし、
後ろ姿はもう見られないと聞き!九州に飛んで行きたかったんですが・・・。残念!いけませんでした。

須菩提像にひとめぼれされたんですね。
きゅうぞうさまに見つめられてテレていたことでしょうねv-392
仏像は本当にひきつけられます。

阿修羅さまを見に奈良興福寺へ行ってこようっと!!
きゅうぞうさまも秋の奈良へいらしてください。

おはようございます。
紅葉 | URL | 2009-09-30-Wed 10:11 [EDIT]
とってもたのしい旅話でしたよ~
阿修羅様や須菩薩像にお会いになったんですね~

仏像は人のこころを引きつける何かをもっていますよね~
癒されるというか穏やかな気持ちになれます。
ただいま~♪
Hanaさん、こんばんは。 | URL | 2009-09-30-Wed 23:06 [EDIT]
ありがとうございます。^^
東京で開催されている時から観てみたかったんですよ、
でも、九州国立博物館へ足を運ばれる方の
人出の多さにおののき(60万人突破)、ギリギリまで思案していたんです。
でも、観に行く事ができて良かったです、
わたしの中で素晴らしいものとなりました。

Hanaさんは興福寺へ行かれるんですね、
仏像がお好きですか?
わたしも心洗われるような心持ちになるので、
とても引きつけられます。
興福寺では、およそ百十年ぶりに現存される国宝の仏像を
安置されるそうです。
お寺で観る像は、博物館で観るよりも趣や
重みが違うように思いますね。
奈良には随分と足を運んでいません、
あ~、行きたい!でも、無理だろうな・・・、
もし行かれたときは感想を聞かせて下さいね。

須菩提像のような穏やかなお顔になりたいです、
わたしはどうしても優しい柔らかさを感じる像に
魅かれるようです。
自分にないものだからでしょうね・・・(笑
Hanaさんは穏やかなお顔をされておられるのだろうな、と
文章などから想像しています。♪

お忙しい中、コメントありがとうございます。
紅葉さん、こんばんは。 | URL | 2009-09-30-Wed 23:23 [EDIT]
楽しんでいただけましたか・・・良かったです、
とても嬉しいです。
仏像の秘めたる想いをヒシヒシと感じ、
感動いたしました。
紅葉さんもお時間がお出来になりましたら、
そちらの神社仏閣に足を運ばれてみられてはいかがですか?
癒やされます、心配事も吹き飛びますよ。^^

娘さん、連日の検査でお疲れでしょう・・・
でも、もう直ぐ、治療方法も決まり、
これからはよくなっていくばかりです。
微力ながら応援させていただきますね。
紅葉さんもお仕事をお休みされるのですね、
ちゃんと息抜きされて下さいね。^^
須菩提像
Hana | URL | 2009-10-01-Thu 09:10 [EDIT]
孫悟空のお師匠様ということがわかり!急に親みをかんじます。

仏像での我が家の話ですが
東大寺 四天王像の広目天が大好きなもので
(するどく・恐い!まなざしがたまりません)
額にいれて階段にかけてあるのです。
掛けた時、子供たちから
「恐~い!」「どんな趣味やねん!」なんて言われてv-12
めちゃくちゃ性格非難されましたが、意思を通してまだ掛けてあります。
広目天様をみると「まじめにやってるか!」って言われているようで
心が引き締まります。

きゅうぞうさま!一度見てください。
須菩提像の優しさにないの表層ですが心は休まります。
押し付けコメントでした。こめんなさい。


お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
Hanaさん、こんばんは。 | URL | 2009-10-02-Fri 17:42 [EDIT]
四天王像の広目天?を思い浮かばず、
PC検索してきました♪(筆と経巻を持っておられる像ですよね?)
わたしは、「恐い」というイメージを抱きませんでした、
寧ろ、強い意志を感じ、
外敵から仏さまを守ってみせるぜ!という勇者のように感じましたよ。
Hanaさんの「意思を通して・・・」に、
広目天像との共通点を見出した気がします。
実際に眼の前にすると感じ方も違うのでしょうね、
(修学旅行で東大寺に赴いた事があるのですが・・・・
 きっとその頃は、東大寺=大仏様としか認識がなかったのでしょうね、
 広目天像は全く記憶にありませんでした。(汗))
何時か、拝見したいと思います。^^




TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。