フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おもしろいな!
    義母を見舞った帰途、
    少し、小腹がへったということで、
    或るお蕎麦屋さんへ立ち寄ったわたしたち。

    そこで見たものとは・・・・じゃじゃじゃじゃ~ん太鼓

    それを目にしたわたしたちは感動したのですっ!

    いや、ただですね、きっと皆さまはこれをご覧になられても、
    「どうしてこれで感動したの?」と、仰るかもしれません。

    しかしこれは、わたしの感性なのでお許しをば・・・・・

    ガッカリしても平気よ、と思われる方、
    どうぞ続きの小部屋へお入り下さいませませ♪

      篤と、ご覧下さい。

      

          ガッカリ?
           (携帯より撮影)

           お分かりになられましたか?
           この中に隠されている魔法の文字を・・・・・







                  あっ、嘘です。すいません。

           でも、この中に書かれている旧字体に思いを馳せ
           わたしは、深くふか~く感動を覚えたのです。

           「様」や「帰」の旧字・・・。

           今では知られることもなく、ひっそり余生を送っていた旧字を、
           (最近は漢検などで復活しているようですが・・・)
           お蕎麦屋さんで目にする事ができるとは・・・・

           因みに、わたしは旧字体など知りません。
           たまに小説で出会う程度の知識です。

           どんな方が書かれたのでしょうか・・・・・(戦前の方ですよね?)
           恥ずかしがりやのわたしは最後まで聞けず仕舞い・・、
           この方は(先人の方々)画数が多くても、
           書かれるのに時間を要しても、
           ずっと愛着を持ち、大事にされておられたのですね。

           旧字って、趣きがありますよね?
           漢字の成り立ちを知るのも面白いものです。

           「新しい」だけが、素晴らしいものではありませんね。
           
           どんなに古くても「よい」ものはたくさん存在するはず・・・、
           忘れ行く歴史を掘り起こしてみるのも粋でござんすよ。


                       *旧字体とは、当用漢字で採用された新しい字体、
                        すなわち、新字体に対して
                        それ以前に慣用されていた字体を指す。
                        (Wikipediaより)

           

           
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。