フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろ感想をば書きます!(1)
   先日、「龍馬伝」について毒吐きます!などと、
   偉そうなことを書きました。が・・・、

   少し冷静に・・・、
   よくよく考え・・・、
   「龍馬伝」第1部終了まで待つこととしたのです。

   そして、導き出した結論は、
   「作品」というものは、脚本家、演出家のものであるということ。
   
   それらの作品に賛同し、賞賛される視聴者が
   楽しむ「ドラマ」であるということ。

   しかしながら一番肝心なことは、
   岩崎弥太郎の目線で「龍馬」を語っているという点。
   人それぞれの「龍馬像」が心にあり、
   一人の人間には、いろいろな面が混在し、
   わたしにはわたしの、皆さんには皆さんの「龍馬」が存在するのでしょう。

   視聴率も順調に高い数字をたたき出している、
   故に、これからわたしが書き記す内容は、
   単に、おばさんの独り言だと受け止めていただけると有難いのです。

   そして、福山さんのファンの方はスルーされることを望みます。
   (*決して、福山さんを悪く言うものではありません。
     しかし、わたしの稚拙な文章力により、
     誤解を招き、傷つかれるファンの方もおられるかもしれません。)

   さて、わたしの独り言(感想)の幕開けです。
   今回は、坂本龍馬を中心に語っていきたいと思います。

   「龍馬伝」の脚本家の想像力は並大抵のものではなく、
    龍馬と加尾のラブストーリーなんぞは、
    舌を巻くほどでした。

    なぜなら・・・、加尾という女性の文献、資料はそう多く、
    残っているわけでもなく、
    龍馬から加尾へ送られた手紙は1通ぐらいと記憶している。
    しかも、もしやこの2人・・・怪しいぞ!というぐらいのものです。

    それをあそこまで膨らませ、視聴者(特に女性)に
    悲恋を目に焼きつかせたのは、
    やはり、主役が福山雅治さんだからであると、
    わたしは思うのです。

    これが、イケメンでなく個性豊かな俳優が演じた場合、
    ここまで誇張したとは思えず、
    しかも、その貴重な時間は、
    坂本龍馬の子供の頃を事細かに、丁寧に描かれたのではないかと
    そして、「龍馬」「武市半平太」「岡田以蔵」の関係性が
    いかなるものかを、よく理解できたのではないかと思うのです。

    幾ら、台詞の中で、
    「龍馬は子供の頃、寝小便たれで、はなたれ、泣き虫」だと、
    言い放っても、福山龍馬(さん)の姿を見るに、
    素直に頷けず、あまりにも立派すぎて
    親近感が湧かないのですね。

    確かに、龍馬は非凡な才能を持ち、
    人心掌握に長けていたけれど、
    その才能を見抜いていた人間は土佐では少ない。
    剣術を修得する以前は、目立たぬ人物であったと思うのです。

    一方で、常識に捕らわれない(非常識ともいう)大らかさ、
    その大らかさが、土佐の女性からはどうも不評だったと
    記憶しています。
    福山さんが土佐女に足蹴にされる(演出)なんてことは
    きっと無理でしょうね・・・面白かったかも!
    
    
    しかしながら、やはり、福山さんを登場させるにはあまりにも早く、
    子供の頃の「いじめられっこ」の姿を視聴者の
    脳裏に焼きつかせることにより(こんなに立派な人になったのか!)、
    成長するに従い、己の思想を打ち出し、
    大きく羽ばたいていく様を描けたのではないかと、
    その部分が、残念至極であります。

    製作側は、福山さんを起用するにあたって、
    どうしたって視聴率が取れると見込んだのであろうが、
    正直、福山さん自身、肩に重い荷物を背負わされ、
    「龍馬」というヒーローを演じるには、
    脚本家、演出家とのズレはなかったのであろうか?と危惧する。

    なぜならば、福山さんは龍馬関連の文献や本を
    多く読み、挑まれたと聞いている。
    どこか違和感はなかったのであろうか?

    この1年、そのズレ、ブレが少なくなる事を願います。

    いつかまた書きますが、
    龍馬を際立たせるためなのか・・・、
    武市半平太の人物像はあまりにも酷い。

    龍馬の本質をいち早く見抜き、
    広い心で龍馬に接していた人である。
    どうにかならなかったのでしょうか・・・、遺憾です。

    大きな声では言えませんが、
    土佐藩は剣術が皆、下手くそだったのでしょうか?
    竹刀を振り上げる様は・・・ガッカリしました。
    上手く殺陣が出来ないのならば、吹き替えをすべきだったと思います。

    以蔵さん・・・、「人斬り以蔵」と恐れられた人物です、
    殺陣は期待しても宜しいでしょうか?

    そうそう、福山さんを起用し成功した部分は、
    龍馬という人は(手紙など拝見すると)
    稀に見る、思いやりの深い、
    心遣いの出来る男性ということ。
    この一面に於いて、
    その優しさが(福山さんの)笑顔に滲み出ている。

    第2部 期待しとるぜよ!

    我が家のリョウさん・・・

        
         呼んだかぇ


          
          坂本龍馬のことを知りたいが、
          小説はどうも苦手という方にお薦めは・・・



         面白いぜよ

          漫画「お~い!竜馬」です。
          とても面白く、内容も濃い。
          あっ!という間に読み終わりますよ。


         *余談ですが・・・
          板尾 創路さんを見るにつけ、
          一度、勝海舟を演じていただきたい。
          飄々として、雲を掴むようなあの性格・・・、
          愉快な勝先生が誕生すると思います。
          TV局の方、一度考えていただけませんか?(笑)


         ここまでの長文を読んでいただき、
         真に、ありがとうございました。
        (あくまでも、わたし個人の見解ですので、
         誹謗中傷はお断り致します。
         ご了承くださいますようお願い致します。)

   

   

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

サニー | URL | 2010-04-02-Fri 22:18 [EDIT]
こんばんは~☆
おぉ、楽しみにしていたきゅうぞうさんの毒吐きだわ(笑)
私は福山雅治さん目当てで「龍馬伝」を見てる人ですが、
きゅうぞうさんの毒!?を読んでも全然不快に思いませんよ(^_^)
歴史に詳しい職場の上司もきゅうぞうさんと同じような意見で、
私が龍馬伝のコトをいろいろ話してたら、正しい?歴史を教えてくれます^_^;ある程度歴史の知識があると「はぁ?」って思う内容の大河ドラマのようですね・・・。

きゅうぞうさんにめちゃ怒られそうですが、というか書くのも恥ずかしいのですが、正直言いますと、私は坂本龍馬が歴史上どういうことをした人物か知りません(>_<)知ってるのは、高知出身の人で、若い時に暗殺されたということだけ。ほんとおバカでごめんなさい。
岩崎弥太郎、武市半平太、という人物はドラマを見て初めて知りました・・・^_^;

漫画「お~い、竜馬」でお勉強しないとね。。。
あまりに低レベルなコメント失礼しました。きゅうぞうさん、また歴史教えてくださいね(^_^)
おはようございます^^
kimmys | URL | 2010-04-03-Sat 11:05 [EDIT]
私は「龍馬伝」見ていないのですが……。
きゅうぞうさんの感想で、どんな感じのドラマなのか分かりました。
「龍馬伝」は、まず「竜馬がゆく」のイメージとは異なるものを、
と制作されたそうです。
私は司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」くらいしか、龍馬のことを知らないので、
見ていたらきっと違和感を感じてしまったと思います。
きゅうぞうさんの感想を頭に入れてから見てみると、
違和感も少なくてすむかも。
今週分から見てみようかな~。
コメントありがとう~!
サニーさん、こんばんは。 | URL | 2010-04-04-Sun 00:58 [EDIT]
不快ではなかったですか?
良かった~、安心しました。^^
決して、福山さんがどうとかではないんですよね、
期待していた脚本家や演出家だったので、
始まる前は、どうも過大評価してしまっていたようです。
でも、これは「ドラマ」ですし、
実際、わたしが坂本竜馬に会ったわけではないので、
もしかして、福山龍馬さんが正しいのかもしれませんしね。(笑)

>正直言いますと、
 私は坂本龍馬が歴史上どういうことをした人物か知りません。

いや、当然ですよ。
わたしの(時代)の歴史の教科書には、
名前くらいしか載っていない人物で、
殆どの人は(幕末)西郷さんくらいしか知らなかったと思います。
サニーさんの頃もそうなのではないですか?
わたしはたまたま好きだっただけで、
他の時代(特に戦国時代なんて)殆ど知りませんし、
興味の対象が違っただけですよ。
しかも、こんなに竜馬さんが有名になるとは思ってもみなかったことです。(笑)
それに、福山さんのお陰で沢山の女性が竜馬さんを
知ろうとしてくれておられます。
福山さんの功績は大きなものだと思いますよん♪
怒ったりなんてしませんよ、
こうやって興味を抱いてコメントを下さるんだもの、
寧ろ、嬉しいぐらいです、ありがとう。^^

そして、わたしも岩崎さんは、
三菱の創始者ということぐらいしか知りません・・・( ̄▽ ̄;アヘッ

漫画「お~い!竜馬」面白いですよ。
ただ、恋愛面は大河ドラマのようには出てきません、
男クサイ内容です、ガッカリするかな?

これからも「龍馬伝」を一緒に楽しみましょうね☆
コメントありがとう!
kimmysさん、こんばんは。 | URL | 2010-04-04-Sun 01:20 [EDIT]
ある理由で観ていないんですよね?(笑)

「龍馬伝」は、岩崎弥太郎の回顧録なので、
またひと味もふた味違いますね。
視聴者も、坂本龍馬が好きな方は離れていく傾向にあるようです。
でも、あくまでも弥太郎の「龍馬伝」なので(笑)
わたしは寧ろ、弥太郎さんを知りたいと思い
観ているようなものです。
今までは、龍馬さん一人にスポットライトがあたる傾向がありましたが、
実際、そんなことはあるわけはないので、
商社の軍資金を調達するため奔走する弥太郎や、
様々な場面で龍馬を支えた人物を色濃く描いてくれるのでは、と
そちらに期待したいと思います。
今回は製作側の意図でしょうか・・・
ラブ的なものが多いそうです。

観てみます?
kimmysさんは、どんな風に受け止めるのかな・・、
もし観ることがあれば感想を聞かせて下さいね。
あっ、無理はしないでね♪


緋沙子 | URL | 2010-04-05-Mon 11:46 [EDIT]
こんにちわですぅ。
吐いちゃいましたね・・・というほどのものではないですよこの毒・笑。
私は何の知識も無いまま福山さん目当てで観始めました。
最初に思ったのはこれ、きゅうぞうさんはどう見てるかなということでした。
私は岩崎弥太郎目線で始まって違和感をちょっと感じたかな。
加尾という女性とのこともあそこまで描かれてしまうと
りょうさんではなくて加尾とでもよかったんじゃ無かったのかとか
広末さんの力か?・笑
無知だからこそ、そんなこと思った。
いや、これ、かる~いマインドコントロールっちゅうやつでしょうか。

岩崎弥太郎役の俳優さんの迫力か、私ならこんな人と付き合いたくないと思ってしまったり。
岩崎さんの資料を親切に提出した三菱側も思惑が、というところかな。
「NHK、三菱を敵にまわしたな。」とポツリと息子がつぶやいてましたけど。

まだ書きたいけど、とっても長くなってしまいそうなので。
コメント欄の文字数、もうダメだろうか^^;
福山さん主演のドラマの一つと思って観るとまた違うのでしょうね。

また来ます。
コメントありがとですぅ。
緋沙子さん、こんばんは! | URL | 2010-04-06-Tue 00:38 [EDIT]
緋沙子さんも、福山さんがお好きなんですね。
やっぱり、凄い人気ですわっ。(笑)
こういう演出方法(弥太郎目線)は、
龍馬さんのドラマでは非常に珍しい、
いや、初めての試みだったかもしれませんね。
だからこそ、どんな龍馬でも描けるという逃げ道が用意されてる、
人それぞれの龍馬像が確立されてるわけですから、
ある意味、賢い演出ですね。
でも、面白いな!とは思っていますよ。
ただ、恋愛の部分は程ほどにしていただきたいな、とは
正直、思っています。
加尾さんの登場場面が多いと、「ドラマ」とはいへ、
いろいろな面でブレが生じると思うんです
(でも恋愛部分が少ないと、
 最も多く観ておられる女性視聴者がチャンネルを
 変える可能性は大ですね。
 殺伐とした時代ですから・・・)
幕末は、様々な人物が出現し、奔走し、
新しい時代を切り開いた時代です。
1年という枠組みの中で志士たちをどう駆せさせるか、
これから大いに期待しています♪
それにしても民放じゃあるまいに、
視聴率など気にせず、秀作をつくり上げていただきたいですね。

>「NHK、三菱を敵にまわしたな。」とポツリと息子がつぶやいてましたけど

うちのご主人さまも、同じことを言ってましたわ。(笑)
男性はやはり、そういうところに目がいくのでしょうかね。。
わたしもあんな男性とはお付き合いしたくありませんね、
でも、本当の弥太郎さんは一体どんな方だったのかと、
今、(遅まきながら)興味を抱いております。( ̄m ̄)

わたしも、いろいろ書きたいことはあるのですが、
何せ、文章力と知力に問題があるので
緋沙子さんのようには上手く書けません・・オヨヨ(Т^Т)

>福山さん主演のドラマの一つと思って観るとまた違うのでしょうね

 わたしは「福山龍馬」という見方をしています、
 だって、第1部はどこを切り取っても福山さん自身としか
 思えなかった・・(汗)
 でも、第2部は・・・
 坂本龍馬(あくまでもわたしのイメージですが)に近づき、
 活き活きと演じておられた。
 逆に、龍馬に近づけば近づくほど、
 福山さんファンは嘆かれるのではと(汚いし 笑)、少し心配しとります。
 でも、魅力ある男性ですから、回が進むと
 「坂本龍馬」の虜になって下さるのではないかと期待!
 緋沙子さんはいかがですか?


TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。