フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黙祷を捧げます
   37歳、野球一筋の人生でした。

   木村拓也選手!(敢えて選手と呼ばせて下さい)
   <巨人軍コーチ くも膜下出血のため死去。>

   ご家族の皆さま、
   突然のご不幸で、さぞお力落としのことと存じます。
   心よりご冥福をお祈り申し上げます。

   奥様が気がかりでなりません、
   時が経つにつれ、
   ご自分をお責めにならぬよう、願っております。

   大きなおおきな腕が、木村選手を抱え、
   上空へと旅立ってしまいました。。。

   それにしても・・・、

   納得できぬ死、
   理不尽な死、
   人の命は儚いものだと、今のわたしは口に出したくはない。
   (今現在も、病気と闘っておられる多くの人々がおられます)

   ただ云えることは・・・、
   どんな状況下でも精一杯生きてこその人生だと、
   木村選手に教わった気がします。

   しかし、この訃報を耳にした時は、
   自分でも驚くほど、うろたえていました。

   今でも、未だ、それらを折りたたみ、
   「よく頑張られましたね。」とは、言えない自分がいるのも事実です。

   木村選手を語るとき、
   直ぐに頭に浮かぶのは、
   決して、順風満帆の野球人生をおくったわけではなく、
   苦労人であり、努力の人でありました。

   投手以外は、どこでも守れる(ユーティリティープレイヤー)であり、
   スイッチヒッターでもありました。
   ですが、器用な選手だったとは思いません。

   やはり、努力の人であり、野球への情熱を燃やし、
   決して探究心を忘れない、
   自分を進化し続けた人だったと尊敬しています。

   そして、原監督や他の人々の(悲しみの)涙を見るにつけ、
   木村選手の人としての素晴らしさを表わしていると、
   そしてまた、「どうして・・・」という
   無意味な問いを、彼ら(神仏)に問い続けるのです。

   これからは、木村選手が繋げていこうとしたものを、
   残された選手がきっちりと受け止め、
   継承してもらいたい。。。

   たわわ

    この梅のように毎年、たわわに実らせ、
    育んでいってほしいと切に願っています

    だけど、あのはにかんだ笑顔が忘れられません。
    黒バラ(中居くん大丈夫だろうか・・・)では、
    野球モノマネを、イキイキと楽しそうに披露されておられましたね。

    その姿を見るたびに、
    「ああぁ~、この人はホンとに野球が好きなんだな。」と、
    感じ入るひと時でした。

    木村選手の夢は「監督になる」ことだったそうですね。
    志半ばでついえた夢は、
    あの世界で叶うと信じています。

    わたくしきゅうぞうめは、哀悼の意を表して、
    木村選手の野球モノマネで送り出したいと思います。

    えっ?似てない?
    何時か、わたしがそちらに逝ったとき、
    手ほどきを宜しくお願い致します。

    では、また逢う日まで・・・さようなら。。


    *追記
     今年の巨人は、益々、強くなることでしょう。
     木村コーチを胴上げするために・・・。

     広島カープも、日ハム(わたしはホークスファンでありますが)も
     どうか奮起して下さい。


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
おはようございます!
ゆうゆう | URL | 2010-04-10-Sat 06:54 [EDIT]
野球の事詳しくない私も、キムタクと同じ名前の木村さんの名前は知ってました。
テレビで流れた映像はショックでしたね。
本当に突然あのようになってしまうのかと、、、
いつ誰にも起こる事なのかと、自分だったらと、
いろいろ考えてしまいました。
昨日のニュースで脳ドックの予約が増えたとか、、、

引退の時のインタビューではにかんでいる顔が思い出されます。
家族にありがとうと、お父さん頑張ったよという言葉が
悲しすぎました。
突然の別れにさようならも言えなかったご家族の事を考えると
本当に辛い気持になります。

ご冥福をお祈りしたいと思います。
こんばんは~
紅葉 | URL | 2010-04-10-Sat 20:55 [EDIT]
木村選手は広島カープで開花しました。
19年の野球人生の中広島カープには11年在籍しておられました。
キムタクさんにとって広島は第二の故郷です。

ご自宅は我が家と小学校を挟んで向かい合わせってところ
孫と学校も同じ1級下の5年生・3年生・3歳のお子さんがいらっしゃいます。

お子さんも奥様もきっとお父さん(木村拓也)に守られて
明るく生きて行かれることを祈ることしかできません。

早すぎる旅立ちでした。
そんなに急いでいかなくてもいいのにと・・・

とっても気さくな方でホームセンターなどであってサインを頼むと
わざわざボールを買ってサインをしてくださるようなかたでした。

木村拓也さんは私たちの心の中でこれからも生き続けていかれるころでしよう。

ご冥福をお祈りしたいとおもいます。





仲良し夫婦 | URL | 2010-04-11-Sun 06:17 [EDIT]
なんで、どうしてと聞きたくなる様な気持ちでした・・・。
本当に早すぎますよね。
くも膜下出血、私の母もそうでした。
突然の事で本当にご家族の方々が心配です。
ご冥福をお祈りしたいと思います。
コメントありがとです♪
ゆうゆうさん、こんにちは。 | URL | 2010-04-11-Sun 16:28 [EDIT]
そうですね、キムタク(中居くんも)と同学年でもあり、
名前も一緒ですものね。
同じ時代に生まれ、同じように(分野は違えど)活躍されていたのは、
凄いことですね。

倒れたときの映像を観ていても、
最初は何故だか自分自身、拒否反応(信じられない)を示していて、
本当の出来事とは思えず、
暫らく、呆然としていました。
いつも明るく朗らかで、元気なイメージがあったので・・・、
それにしても、いつ何時、病が降りかかってくるか解らない、
年齢なんて関係ないですね・・
ただ、木村さんは前日、酷い頭痛の為、
2時間ほどしか眠れなかったそうです。
吐き気もあったのではないでしょうか・・・、
コーチとしての責任感が先に来たのでしょう。
病院に行ってほしかったです・・
本人はよもや命を落とすなんて思っていなかったでしょうけれど・・
返す返すも残念です。
それにしても、こんな選ばれ方は乳がんだけで充分です、
お互い、検診に行きましょうね。

そして、本当に、ご家族のお気持ちを考えると、
胸が苦しいです。
3才のお子さんがパパの棺に向かって、
「パパはいつ目を覚ますの?」と、言っていたそうで、
もうたまりませんね。
でも、皆が、決して木村さんのことを忘れないでしょう。
大きな功績を残していった人ですもの。

コメントありがとうございます。
紅葉さん、こんにちは。 | URL | 2010-04-11-Sun 17:30 [EDIT]
木村さんは宮崎ご出身で、
わたしと同じ九州人です、特に親近感を抱いていました。
本当に、残念でなりません・・・。
小さなお子さん方も(通夜、お葬式)気丈に振舞っていたそうですね。
木村さんの信念や性格を受け継いで、
立派に育ってくれることを祈るのみです。

話は変りますが、お孫さん、小学校入学、
そして、娘さんの退院、おめでとうございます♪
病友は心強いものです、
これからも支えあっていけたらいいですね。
紅葉さんも少し、お疲れが出られたようですね、
ご自愛ください。^^


コメントありがとうございます。
仲良し夫婦さん、こんにちは。 | URL | 2010-04-11-Sun 18:27 [EDIT]
何の心構えもなく、
ご家族は大切な人を失ってしまう・・・憤りを感じます。
ご本人も、自分が命を失ったと理解しているといいのですが・・
身内でもないわたしたちが茫然自失なのに、
ご家族が納得するまでには、
多くの時間が必要なのではないかと思います。
突然とは、悲しいことですね。
お子さんがお葬式では気丈だったとか・・・
落ち着いたときが心配です。

仲良し夫婦さんも、お辛いご経験をされておられます。
もう「どうして・・・」と言うしかありません。
こういう想いをされる方が少なくなることを願っています。

こんばんは~
紅葉 | URL | 2010-04-11-Sun 18:55 [EDIT]
お祝いの言葉ありがとうございます。
はい私の方がダウンしてしましました。

微熱があり今日は1日中寝ておりましたが
なんとか復活できました(^_-)-☆
大丈夫ですか?
紅葉さん、こんばんは。 | URL | 2010-04-12-Mon 00:37 [EDIT]
これからは、良いことがたくさんとあることを
願っていますね。^^

微熱を侮ってはいけませんよ、
どうかゆっくり休まれて下さいね。

緋沙子 | URL | 2010-04-12-Mon 10:28 [EDIT]
おはようございます。
速報で木村さんが倒れたというニュースを見て、
野球に疎い私でも、お名前はしっていましたから、驚きました。
なんといってもまだお若いし、
仕事もプライベートもまだまだこれからじゃないですか。

亡くなられた事を受けての原監督のインタビューの時の涙、
私も堪えきれないものがありました。
選手からコーチになったというプレッシャーもあったんでしょうか。

巨人は今年の終わり、もう胴上げしかないでしょう。
原監督とともに、木村コーチもいっしょに。
こんにちは
kimmys | URL | 2010-04-12-Mon 13:46 [EDIT]
木村拓也選手の死去に大変ショックでした。
倒れられたのが広島ということで、
不思議な因縁と人生の残酷さを感じました。

広島で長くプレーされて、チャンスにもピンチにも
頼もしい選手でした。
巨人に移られてからは「打たないで~」「なんで捕っちゃうの!」
とキリキリさせられました。
これから長く指導者としての姿を見せてくれると
当然思っていたのに……。

木村選手にいい試合を見てもらえるように、
選手たちには頑張ってもらいたいですね。

ご冥福をお祈りいたします。
コメントありがとです。
緋沙子さん、こんばんは。 | URL | 2010-04-12-Mon 23:53 [EDIT]
ホンと、ショックでしたね。
野球人の中でも、大好きな選手だったので、
今でも、信じられない思いです。

木村さんは責任感の強い方だったのですが、
(昨日の激しい頭痛にも関わらず、選手の為に
 球場に足を運び、ノックをされたようです。)
その責任感故に、ご自分の命を縮めたてしまったのかもしれませんね。
残念としかいいようがないです。

今年の巨人は特に強いです。
もう既に、10勝に名乗りを上げ、
他を引き離し単独首位です。
木村さんも喜んでおられるでしょうね。
コメントありがとう。
kimmysさん、こんばんは。 | URL | 2010-04-13-Tue 00:26 [EDIT]
わたしもショックで、
木村さんのVTRが流れるたびに、「生きてる・・よかった」なんて
錯覚を起こしてしまうくらい、
今でも自分自身を納得させることが難しいです。

木村さんのように何処のポジションでも守れる選手を、
わたしは他に知りません。
(こういう選手が野球を面白くしてくれるんですよね)
日ハムでの下済み、
広島カープでは、起用される選手になるため、
非常な努力をされておられましたね。
その広島で(家族の傍で)見守られ逝かれたのは、
せめてもの救いです。
ただ、もう運ばれた時は意識は無かったのですよね、
家族に最期のお別れも出来ないままなんて、
残されたご家族のお気持ちはいかばかりかと、
察するに余りあります。

そして、わたしと同じ九州人ですので、
いつかこちらで監督をして欲しいな、なんて
夢見ていました。
木村さんと関わった選手達が、
皆、魂を引き継いで活躍してほしいと思います。



TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。