フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は病院へ・・・
   昨日は、3ヶ月に一度の診察の為、
   乳腺外科へと赴きました。
   すると、産休中だった主治医が唐突に復帰され、
   少し複雑な想いを抱いていたわたしは素直に喜べず、
   緊張していました。が・・・

   ご出産祝いの言葉を述べたり、
   子育ては大変でしょうと主治医を労っているうち、
   先生の表情が以前とは違う事に気がついたのですね。
   とても優しい表情、柔らかい物腰・・・・
   誰をも受けつけなかった主治医が「母」となって、
   わたしたち先輩母の事を、尊敬するとまで仰ったのです。
   
   どんな状況下でも変らない人もいるけれど・・・
   主治医は素敵な「母」へと、
   そして、「外科医」へと変貌を遂げたようです。
   
   今回わたしは、血液の検体検査を受けてきました。
   ここ数ヶ月、腫瘍マーカーの数値が上がっており
   不安を抱いていたのです。
   でも、その不安を主治医が優しくくるんで下さいました。
   これも、今までにないことです。
   検体検査の結果は、数日かかるとのこと。
   数値が今よりも更に上昇しているようであれば、
   連絡を下さると約束して下さいました。

  *わたしの腫瘍マーカーが上がっているのは・・・・
   NCC-ST-439です。
   消化器系の腫瘍マーカーですね。
   膵臓癌、胆道癌、大腸癌、乳癌などの多種類の腺癌を表わします。

   しかし、わたしはまだまだ生きていくつもりですので、
   こんな数値は気にしないことにしますわっ。
   何故なら、乳がんと宣告された時、
   腫瘍マーカーは全く微動だにせず、正常だったわけです。
   数値などに惑わされないよう
   楽しく過ごしていきたいと思います。  何か違うだろ!

   そして今までにない事といへば・・・
   胸の触診までして下さった主治医・・・
   患者というものは、ホンの些細なことで安心を得られるものなのです。
   このまま・・・・
   このままの主治医でありますように・・・(笑)

   実は、もう一つの病院へも足を運んでいました。
   義母が入院されたのです。
   以前と同様、心臓のペースメーカー本体を植え込む為の“ポケット”が押しあがり、
   表面に「ボコッ」とペースメーカーが浮き出てきたのです。
   今回で6回目です。

   お医者さまからは「またですか!」と、言われたらしいのです。
   やはり、珍しいことなのでしょうか?
   しかし、思いやりのない、配慮の欠けた医者の言葉・・・
   義母に非が或るわけではないのです。
   もう少し、言葉遣いに気をつけてほしいものですね。
   
   義母のカラダがペースメーカーを異物として捉え、
   拒否反応を示しているのでしょう。

   次回も再び、ペースメーカーが浮き出すようなことになれば、
   左側の胸の部分に埋め込まなければならないとのこと・・・

   この手術は大変、危険な手術だそうです。
   どうかこのまま、カラダにペースメーカーが落ち着き、
   居心地のよい場所だと認識してくれればと、願うばかりです。

   これらの出来事があり、皆さまのブログには
   なかなかお邪魔できませんでした。

   わたしがお邪魔出来ずにおりましたのに、
   当ブログに、ご訪問下さった皆さまに感謝致します。

   皆さまのブログにいつも元気をいただいております。
   お邪魔出来ないのが残念でたまりません。
   しかし、少しずつではありますが、
   又、お邪魔させていただきますね。

   これからも宜しくお願い致します。

  ☆コメント欄はもう暫らく、閉じさせていただきます。



   ふくろうはね 幸せを運んでくれるんだよ
   (わたしの通院している病院にて)


    日本では幸せを運んでくれる象徴の鳥として、
    梟(ふくろう)は知られていますね。

    「福朗」や「不苦労」、その他にも「福老」など、
    様々な当て字があるそうです。

    皆さまの処へ、福が舞い込み、幸せを運んでくれますよう願いを込め、
    フクロウの焼き物ですが載せてみました。




Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。