フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたの行方
     今日も猛暑日だそうですね。
     
     猛暑という事で・・・・
     以前、書いていた短編もどきを載せてみます。
     (少し、書き直しています)

     何時か、こんな日が訪れるかもしれませんね。

   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

      「あなたの行方」       


       僕は、町の大画面テレビで、きょうも猛暑日だということを知った。

       毎日まいにち、茹だるような暑さの矢が僕の身体を刺していく。

       あっという間に、汗がシャツを濡らしていく。

       それを吸収する間もなく、次から次へと汗のシミができていくのだ。
       
       そして、この町の喧騒にかき消されるように、誰かの声が微かに聴こえた。

       汗をぬぐいながら信号待ちをしていた僕は、

       その声が聴こえる方角へと振り向いた。

       しかし、誰もいない。・・・・・・

       僕の背後には、たくさんの足音が行き交っていたはずだ。

       暫らく呆然としていたが、気を取り直して信号が青になるのを待つ。

       道の向こう側には、暑そうに白いハンカチををバサバサと扇ぐ
       20代前半であろう女性が苛立ちを覚えながら佇んでいた。

       その隣には、日傘を差した年配の女性が並んでいる。

       暫らくすると音楽とともに信号が青にかわった。

       その瞬間、・・・・・・・

       20代くらいの女性が足元からドロドロと溶けて、
       アスファルトと化していったのだ。

       それを目撃した僕の頭は混乱し、真っ白になった。

       ホンの一瞬の出来事だったのだ。

       今、起こった出来事が暑さのせいだと信じこもうとして
       横断歩道を駆け足で渡っていく。が・・・・

       横断歩道の真ん中に差し掛かったところで、

       今度は、日傘を差した年配の女性が溶けていく。

       彼女は虚ろな目を僕に向けたものの、助けてと懇願することもなかった。

       恐怖のあまり、周りを見渡した僕は初めて気づいたのだ。

       もう、そこに立っているのは僕だけだった。

       空を見上げた僕は、真っ赤な太陽に向かって叫んでいた。

       「何て酷いことをするんだ。・・・・・」と・・・・

       だが、その太陽はジリジリと照りつけるだけで返答などしてはくれなかった。

       そんな事を声高に叫んでいるうち、何だか僕の身体が燃えるようだ。

       「暑い・・・熱い・・・あつい・・・。」
       
       徐々に身体から気力が奪われていく、
       
       誰かに助けを求めることももうどうでもよくなっていた。

       ここには僕独りしかいないのだから・・・。

       そして、彼女たちと同じように僕の足元が徐々に溶け出していく。

       痛みも何も感じない、どうやら感覚が麻痺しているようだ。

       消え行く足を不思議に思いながら、
  
       「きょうは猛暑だから、精を出す為、夕飯はうなぎにしよう。」と
       
       僕は朦朧とする意識の中で、そんな事を考えていた。
 
                     
                   「完」



   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆


      暑さが尋常でない昨今、
      わたしたちは次世代の子供たちの為に何を成すべきか・・・
      熟考しなければなりませんね。

      稚拙な文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



         夕日に照らされて・・・
          (写真をクリックされますと拡大します)



Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。