フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨさんの玉手箱
    
           先日、わたしの親友が送ってくれた詩集です。


             優しい言葉たち


           柴田トヨさんの(処女)詩集・・・。
           御年99歳(出版された時は98歳でした)
           今も、ひとり暮らしをされておられる笑顔が素敵なトヨさん。

           親友からこの詩集を受け取った時、
           ページをめくるのを正直、ためらった。

           トヨさんの生きてこられた足跡を
           パラパラッと、いともた易く辿っていいものなのかな・・と。

           本にされているのだから、いいのは当たり前。
           わたしには、こんな癖が往々にあり
           自分自身、戸惑ってしまう。

           しかし、こんなわたしも
           ドキドキしながらその玉手箱を開けてみると・・モクモクと・・
           あるわけもなく(笑)
           
           トヨさんが、たおやかな笑顔をこちらに向けられ
           「いらっしゃい、遠慮はいりませんよ。」と、迎え入れて下さいました。

           そして、疲れている刺々しい心は、
           紡ぎだされる言葉のカケラたちにより、
           もみほぐされてゆくのです。

           決して、難しい言葉など使われていない。
           老若男女、誰にでも分かる言葉のひとつひとつ。
           これは案外、至難の業なのですね。

           トヨさんの、閉まっておきたかたったであろう気持ちも
           トヨさんの、幸せな空間も・・・
           トヨさんの心躍るご様子も・・・
           そして、ちょっとオチャメなトヨさんも・・・
            
           わたしは今、そんな時間をホンの少し共有させていただいています。

           「思い出 I」 柴田トヨ


            子どもが
            授かったことを
            告げた時
            あなたは
            「ほんとうか 嬉しい
             俺はこれから
             真面目になって
             働くからな」
            そう 答えてくれた

            肩を並べて
            桜並木の下を
            帰ったあの日
            私の 一番
            幸福だった日

                   著者  柴田トヨ
                   発行者 土井尚道
                   発行所 株式会社 飛鳥新社

           もう直ぐ、桜の季節ですね。
           桜並木の下で、たくさんの方々の笑顔も満開になられるといいな・・。

          *ブログをお休みしている間、
           大切な友たちに、コウノトリさんが尊い命を運んでくれたようです。
           おめでとうございます♪
           幸せの連鎖は、こちらまでホッコリさせてくれますね。

           この詩集を贈ってくれた親友ちゃん、ありがとう!


           
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。