フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌って・・・・・
 小さいころ、わたしは歌が上手いと思ってた。
オモチャのマイクをにぎり、時には
新聞や雑誌をまるめ、楽しく歌ってた。
おとなたちは、きゅうぞうちゃんは、うまいね~。」なんて言われ
鼻高々だった。

それが間違いのもとだった。
大きくなるにつれ、多少はちょっとへんだと感じるように
なってはいた。

小学生になり、その頃はやっていたピンク・レディー(としがバレバレ?
を振りつきで歌ってた。
訪ねてきたひとが、クスクス笑うようになり、
それでも、振り付けがいまいちなんだと練習をした。

しかし、決定的に打ちのめされる出来事が起きた。
学校の遠足、楽しいたのしいバスでの移動。
カラオケタイムがあり、順番がくるのを、いまかいまかと待っていた。
なにせ、歌の上手いきゅうぞうちゃんだから。
練習の成果を披露するときがきた。

わたしは、友達と大声で歌いだした。
ザワザワとまわりがざわつく。
ひとりの男子が、「うわ~、どっちが下手くそなんだよ?」
まさか自分とは思わず、歌いつづけた。
友達が歌うのをやめた瞬間、「おまえか~、ゥワッ八ッハハハハハ
バス全体がわらいで揺れた。ヘッヘへへ オ~ホッホホ カカカカ
わたしはこの時ばかりは、親やもてはやしたおばさん達をうらんだ

そして、歌のうまいきゅうぞうちゃんは、二度とひとまえで歌うことをやめたそうな。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
管理人のみ閲覧できます
| | 2007-12-02-Sun 21:23 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。