フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋
日々のできごと、好きなもの、好きなひと、 そして、病気のことなどを綴っていこうと思っています。。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地震が・・
    地震が発生しています。

    皆さま、大丈夫ですか・・
    お怪我はありませんか・・

    慌てず、大切な品物は身につけられ、
    携帯の充電器や懐中電灯なども忘れずお持ち下さいね。
    貼るカイロなど、少しは役に立ちます。
    頭上にお気をつけ下さい。
    
    皆さまのご無事を祈っています。
    

    
重ねて天日を見る
              梅さんや
                 (写真をクリックされますと少し、見やすくなります)


              わたし、もう直ぐ散ってしまうけど・・

              もうじき、たわわに実がなるの・・・



                さくらんぼ



              あたいは・・・

              これから美しく咲き乱れるのよ、うふふ




                あ~あ~あああああ~♪


                心配しないで・・・

                生きとし生けるものは巡りめぐっていくけれど

                僕はいつも君の傍にいるよ・・・。



              *沈む夕日は、感傷的になるという人がいるけれど、
               わたしは好きだな。。。
               
               
               万が一、絶望的な1日を送ったとしても・・
               たとえ満ち足りた1日を運よく過ごせたとしても・・

               わたしが望めば、必ず、明日はやってくるから・・。
               (その夕日が、そう信じさせてくれます)

               今日は、ありがとう。
               明日も宜しくね・・と、心が軽やかになる。

                        
                  (重見天日 悪い状態から脱却し、再びよいほうに向かうこと
                                        goo辞書より )



揺らぐことのない光

                ゲッゲッ♪

                 天龍(竜)の運びしものは・・・



                ゲゲゲノゲ~♪♪

                 神々しいまでに輝く丸い(白)玉・・・


                
                キタロ~

                 
                 傷を負う・・・
                 あなたの困ぱいした心を覆い
                 穏やかな温かい灯をともす。
                 


足がすくむ想い
    1995年1月17日早朝、テレビをつけた瞬間、
    目に飛び込んで来た光景は今でも忘れられない。
 
    阪神・淡路大震災。

    そして、2005年3月20日・・・

    家がグラグラと揺れ、
    本棚の本たちが我先に逃げようと思ったのか・・・
    わたしに助けを求めるように押し寄せて来た。

    恐怖で足が竦み、身動きが取れず
    頭の中が真っ白・・・

    何が起こったのか暫らく、解らなかった。
    手に汗握るというよりは、
    心臓がバクバクと破裂しそうな勢いだった。

    そして、漸く正気に戻ったわたしは、
    すぐさま母や兄家族に電話をした。

    母は無事だった。
    しかし、兄には連絡が取れない・・・・
    義姉や子供たちは無事なのか・・・

    緊迫した時間が流れた。
    焦りとともに我を忘れそうになる自分を鼓舞していた。

    その時間が余りにも長く感じ、
    まるで時空をさ迷い歩く無体物のような感覚・・・

    無事を祈るしかない無力感に襲われたけれど、
    何とか、兄たちと連絡が付いた時は、
    身体の力たちが一斉に抜けたのを今でも覚えている。

    わたしの住んでいる地域が震源地ではなかったけれど、
    あの時の恐怖は忘れられない。

    福岡県西方沖地震

    今でも寝る時には、水や懐中電灯、
    冬はカイロなどを枕元に置き就寝しています。

    そして今年、NZ地震

    どうかどうか生きていて下さい。
    どうかどうか諦めないで救助を待って下さい。

    ご家族のお気持ちを考えると
    胸が締め付けられる想いです。

    
    祈り

     「明けない夜はない」と、信じたい!!


     *コメント欄は、もう暫らく閉じさせていただきます。
      

    
気づくと・・・2011年を迎えていました。
   向春の候、皆さまいかがお過ごしですか・・・。

   わたしは何かと忙しい毎日を過ごし、
   年末年始も、穏やかとは言い難い日々を送っていました。

   ブログ更新も儘ならず・・・何て・・言い訳ですね。

   ここに久しぶりに足を踏み入れたらば、
   数ヶ月も更新をしていないこのブログに、たくさんの方々の足跡が・・・
   
   嬉しかった・・本当に・・・。
   嬉しかった・・ありがとうございます。

   ご心配いただいた皆さま、
   わたしは元気に日々、過ごしております。
   本当に、ありがとうございました。
   
   多少、顔とお腹が丸くなりましたが・・・
   多少、階段の上り下りがキツクなりましたが・・・

   そして、いつでも坂下り大会(あるのか?)で優勝出来るほど
   コロコロと転がる事が得意になりました(笑)
   

   これからは、ブログを続けていけるよう、
   いろいろ思案しているところです。

   こんなわたしですが、今後とも宜しくお願い致します。
   皆さまのブログへも、少しずつではありますが、
   お邪魔させていただきますね。
   (その時、コメントを残せなかったら申し訳ありません。)



   *追伸 
    勝手ながら、もう少しの間、コメント欄を閉じさせていただきますね、
    ご了承下さいませ。




      秋深し・・・オイッ

       とうにコスモスの季節は過ぎ去りましたが、
       楽しんでいただければ幸いです。(^〇^)







    
Copyright © 2005 フシチョウ・・・・きゅうぞうの部屋. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。